« 地形図を見るサイト-デンマーク | トップページ | お知らせ »

2020年5月24日 (日)

地形図を見るサイト-スウェーデン

2008年に紙地図の印刷方式を、オフセットから少量多品種の生産に適したデジタル方式に切り替えたスウェーデンだが、2018年6月限りでついに紙地図の刊行自体を止めてしまった。これに代える形で、国の測量機関であるラントメーテリエト Lantmäteriet(以下「国土測量庁」と訳す)が、専用サイトで閲覧・ダウンロードのサービスを提供している(下注)。まずはそれを見ていこう。

*注 スウェーデンの地形図の概要については、本ブログ「スウェーデンの地形図」参照。

(以下の記述は2020年5月現在の仕様に基づく)

Blog_sweden_map_hp1
ゴットランド島 ヴィスビュー Visby, Gotland
のデジタル地形図(高度陰影図)
 

国土測量庁の地形図サイトは複数ある(下注)が、どれも似たり寄ったりの基本機能で、表示される地図も同じものだ。本稿では「私の地図 Min karta」と呼ばれるサイトの使い方を説明する。

*注 現行地形図データが見られるものでは、「私の地図」のほかに、
 ・1世代前の「地図検索と地名 Kartsök och ortnamn
 ・地図印刷に特化した「地図印刷 Kartutskrift
 ・地図のエラーを投稿する「地図改良 Förbättra kartan
 の各サイトが存在する。

 

「私の地図 Min karta」
https://minkarta.lantmateriet.se/

Blog_sweden_map_hp2
「私の地図」初期画面
 

初期画面にはスカンジナビアの小縮尺図が表示され、使用言語はもちろんスウェーデン語だ。下部には、クッキー使用に関するメッセージが出ている。右下のチェックボックスで答を返せば、メッセージは消える。ヘビーユーザーでない限り、設定を保存する必要性は低いので、「同意しない」で問題はない。

使用言語に関しては、トップメニューに切り替えボタンがある。画面左に並ぶボタンの中の「トップメニューを表示/非表示」をクリックすると、最上部にメニューが現れる。ここで英語(English)を選択する。このメニューは、「トップメニューを表示/非表示」を再度クリックすれば消える。

Blog_sweden_map_hp3
言語の切り替え
 

画面左のボタンメニューの意味は、下の画像に示したとおりだ。また、「ボタンの説明を表示/非表示」をクリックすれば、英語の説明が表示される。

Blog_sweden_map_hp4
ボタンメニュー
 

デフォルト表示されている地図は「地形図」だが、これを拡大していくと、黒い線がぎっしり詰まった異様な図になるだろう。これは地籍界と地籍(住居)番号を描いたレイヤーが、重ね表示されている状態だ。レイヤーを消すには、左の「背景図を選択」ボタンをクリックして、サブウィンドウにある「Show property boundaries」のチェックをはずす必要がある。

Blog_sweden_map_hp5
(左)デフォルトでは、地籍界レイヤーを重ね表示
(中)地籍界レイヤーを非表示に
(右)空中写真や高度陰影図への切り替えができる
 

また、このサブウィンドウでは、表示地図の切り替えができる。表示可能な地図・空中写真は以下のとおり。

Map:地形図
Aerial photo:最新の空中写真(オルソフォト=正射写真)
Elevation map:高度陰影図
Aerial photo ca. 1960:1960年ごろの空中写真
Aerial photo ca. 1975:1975年ごろの空中写真

それぞれに、先述の地籍界 property boundaries レイヤーを重ねることができる。これは紙地図の「土地区画図 Fastighetskartan」に相当する機能だ。

Blog_sweden_map_hp6
表示される地図・空中写真の例
 

また、ノルウェーと国境を接する山岳地帯では、紙地図「山岳地図 Fjällkartan」の仕様で表示される。夏場と冬場のトレッキングルートをはじめ、キャンプサイト、避難小屋など野外活動に関する情報が盛り込まれている。

Blog_sweden_map_hp7
山岳地図の表示仕様
 

地図を拡大縮小するには、左上隅の+-ボタンを使うほか、画面をダブルクリックしても一段階ずつ拡大する。また、マウスホイールを使うと、連続的に拡大縮小できる。

地名で検索するには、左の検索ボタンを使う。経緯度やUTM座標値による検索ができない代わりに、地名検索は精密で、地番(住居番号)単位まで可能だ。ところが、Stockholm(ストックホルム)といった都市名などで検索しようとすると、市内にある小地名がすべて候補として表示されてしまい、使い勝手がよくない。

Blog_sweden_map_hp8
地名検索
 

任意の地点の位置情報を知りたいときは、画面上でクリックすると、住所(地番)、UTM座標値、標高値が表示される。

Blog_sweden_map_hp9
任意の地点の位置情報を表示
 

地図をプリントするには、まずPDFファイルを作成してPCにダウンロードし、それを印刷するという手順を踏む。

左メニューにあるPDFへの書き出しボタンをクリックすると、サブウィンドウが表示されるので、フォーマット(用紙大と縦長/横長)を選択する。地図画面でハイライトされているエリアが、印刷範囲になる。これは、画面をドラッグすることで移動させることができる。印刷範囲がこれでよければ、サブウィンドウの「Export to PDF」をクリックする。これでPC上にダウンロードのメッセージが表示されるだろう。

Blog_sweden_map_hp10
PDFへの書き出しフォーマット指定
 

旧版地図はどうだろうか。ウェブサイトで見られるものとしては、1:100,000「参謀本部地図 Generalstabskartan」(北部内陸では1:200,000)の地形図のほか、1:20,000~1:50,000「郡経済地図 Häradsekonomiska kartan」、1:10,000~1:20,000「経済地図 Ekonomiska kartan」などに限られる。戦後の「4色地図」や色名ブランドのシリーズ(グリーンマップなど)は一切含まれておらず、提供体制も現行データに比べれば貧弱だ。

公式サイトではないが、刊行停止直前の地形図ラスタデータを公開している奇特なサイトがあった。1:50,000のデータは紙地図の図郭単位に切り出されていて、使いやすい。GPSアプリで使うことが想定されているようだが、適宜プリントすれば、紙地図の代用にもなる。なお、本稿末尾に記載するとおり、これらのデータはすでにオープン化され、著作権も放棄されているため、二次利用に制限はない。

Svenska kartor för nedladdning(スウェーデン地図のダウンロード)
http://bengt.nolang.se/kartor/

Blog_sweden_map_hp11
初期画面
 

国土測量庁には、「歴史地図 Historiskakartor」という名の旧版地図サイトがある(以下、英語版で説明)。しかし、シームレスな地図画像が用意されているわけではなく、スキャンされた刊行図葉の画像を個々に表示する方式だ。そのため、まず検索対象の絞り込みが必要になる。

「歴史地図 Historiskakartor」
https://historiskakartor.lantmateriet.se/

Blog_sweden_map_hp12
「歴史地図」初期画面 英語版
 

初期画面で提示されているのは、地図上でエリアを選択する方法だが、これは相当ピンポイントまで指定しないと、「選択した範囲が広すぎる(=ヒット件数が多すぎる)」というメッセージが出て、先へ進めない。そのため、効率的に検索するには、「Advanced search(高度な検索)」を利用するとよい。

高度な検索では、アーカイブを選択しなければならない。4つ挙げられているうち、「参謀本部地図」は3番目の「Geographical Survey Archive(総合地図製作所 Rikets allmänna kartverk アーカイブ)」に含まれる。

Blog_sweden_map_hp13
アーカイブの選択
 

後は、Map Series(地図シリーズ)、County(県 Län)をドロップダウンリストで選ぶと、Page(図葉)のリストに、候補となる図番・図葉名が表示されている(下図上)。この中から選んで、「Search」ボタンをクリックすると、適合する地図ファイルへのリンクが現れる(下図下)。

Blog_sweden_map_hp14
(上)その他の項目を選択
(下)検索結果の表示
 

画像圧縮方式は、DjVu方式とPNG方式が選べるが、画面で見るだけなら DjVu がよいだろう。PNGはダウンロードできるが、解像度が低く、細部は読み取れない。なお、精細印刷に用いる高解像度のTIFFファイルや印刷サービスは有償になっている。

Blog_sweden_map_hp15
DjVu方式で表示
 

同様の地図コレクションサイトを、ストックホルム大学も開設している。こちらは画面表示される画像はなく、TIFF形式のZIP圧縮ファイルを直接ダウンロードする形だ。図番や図郭(収録範囲)は、同じページで公開されている索引図で調べることができる。しかし、このZIPファイルはサイズが300MB前後あり、ダウンロードには相当の時間を覚悟しなければならない。

ストックホルム大学-地図の部屋 Stockholms universitet - Kartrummet
https://kartavdelningen.sub.su.se/kartrummet/

Blog_sweden_map_hp16
「地図の部屋」初期画面
Blog_sweden_map_hp17
図番を選んでTIFFダウンロード
 

参謀本部地図だけなら、イェヴレ Gävle にある鉄道博物館 Järnvägsmuseet のコレクションの中にも見つかる。こちらは10MBまでのJPEGファイルで表示されるが、150dpi程度の解像度があり、細部を読み取ることも難しくない。ただし、オリジナル図に加刷や書き込みが入っている。

鉄道博物館コレクション Järnvägsmuseets Samlingar - Samlingsportalen
http://www.samlingsportalen.se/all/digitala_biblioteket_vag_generalstaben.html

Blog_sweden_map_hp18
鉄道博物館コレクション
参謀本部地図一覧
図名の後の数字は同じ図葉が複数あることを表す

スウェーデン国土測量庁が作成した地図のうち、1:50,000とそれより小縮尺のものは無償開放されており、商用/非商用を問わず自由に使用できる。閲覧サイトでは、画面に表示される縮尺の値が「200m以上」のものがこれに該当する。2017年9月1日からは、これらに CC0ライセンスが適用された。これはパブリックドメインに配置されるとともに、著作権が放棄されたことを意味する。二次利用の場合、出典の明示は推奨されているが、義務ではない。

それ以外の大縮尺図は著作権で保護されており、二次利用には国土測量庁の許可を要する。

Contains data from Lantmäteriet, Sweden

■参考サイト
国土測量庁 Lantmäteriet http://www.lantmateriet.se/

★本ブログ内の関連記事
 スウェーデンの地形図
 スウェーデンの山岳地図
 スウェーデンの道路・旅行地図と地形図地図帳

 地形図を見るサイト-デンマーク
 地形図を見るサイト-ノルウェー

« 地形図を見るサイト-デンマーク | トップページ | お知らせ »

北ヨーロッパの地図」カテゴリの記事

地形図」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地形図を見るサイト-デンマーク | トップページ | お知らせ »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BLOG PARTS

無料ブログはココログ