« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月19日 (月)

ラ・ミュール鉄道、2020年に一部再開

グルノーブル Grenoble の南、マテジーヌ高原 Matheysine Plateau へ、電気機関車に牽かれて観光列車が上っていく。高原で採掘される石炭を運び出していたラ・ミュール鉄道 Chemin de fer de la Mure は、本来の役割を終えて、1997年に観光鉄道に転換された。

*注 ラ・ミュール鉄道のプロフィールについては本ブログ「フランス ラ・ミュール鉄道を地図で追う」参照。

Blog_lamure21
被災前のラ・ミュール鉄道
Photo by Alain Gavillet at wikimedia. License: CC BY 2.0

しかし、年間最大7万人が訪れていたというプティ・トラン petit train(小列車の意)の旅は、2010年10月26日に突然終了する。この日発生した山崩れで、約3,000立方メートルという大量の岩や土砂が、トンネルの入口とモンテナール湖 Lac de Monteynard を見下ろす高架橋の上に落下し、線路が完全に埋まってしまったのだ。

現場は2本のトンネルの間の短い明かり区間で、目もくらむ 高さ250m(下注)の断崖に石積みの高架橋が架かっている。土砂の除去作業をしようにも現場に近づく道路はなく、不安定になった岩肌からは小さな崩落が続いていた。復旧の見通しが立たないことから、運行を受託していたヴェオリア・トランスポール Veolia Transport は、要員を解雇し、事業から完全に手を引いた。それ以来、ラ・ミュール鉄道は全線が不通のままだ。

*注 1962年に完成したモンテナール=アヴィニョネ ダム Barrage de Monteynard-Avignonet により湛水する前は、川底から400mもの高さがある荒れた急斜面だった。なお、湖の名も正式にはモンテナール=アヴィニョネ湖 Lac de Monteynard-Avignonet。

Blog_lamure22
崩壊現場を対岸より撮影
Photo by Guillaume BOSSANT at fr.wikipedia. License: CC BY-SA 1.0

鉄道が通るイゼール県 département de l'Isère は、事業再開を目指して、2012年に委託業務の最初の入札を行った。しかし、提示の条件を満たす事業者は現れなかった。その後も再入札や個別の交渉が繰り返されたが、いずれも途中で暗礁に乗り上げた。この間、線路施設は放置され、2013年11月には架線の一部が盗まれる被害も発生した。

ところが、運行中止から7年が経とうという2017年6月になって、新たな報道があった。フランスのマスコミサイト Franceinfo から、6月29日付記事を引用させていただく(フランス語原文を和訳)。

イゼール県のラ・ミュール小列車が新しい運行事業者を見つけて2020年に再開予定
Le petit train de la Mure en Isère a trouvé un nouvel exploitant et va redémarrer en 2020

それはイゼール県きっての観光地の一つである。2010年の山崩れの後中止されたラ・ミュール小列車の運行が再開されることになった。県議会は今朝、新しい事業者の名を発表した。2020年の再開に向けて2,600万ユーロの投資が必要となる。

良いニュースは何年も前から期待されていたが、イゼール県のラ・ミュール小列車が再び走ることになった。2010年10月、巨大な地すべりが列車の走るレールを遮断していた。この木曜日、2017年6月29日、イゼール県議会は小列車を運営する代表者の名を発表した。大規模で費用のかかる作業が必要になる。最初の観光客を迎えるのは2020年の見込みである。

複雑なインフラの管理を専門とする民間管理事業者エデス Edeis は、新しい「ラ・ミュール小列車」を運営するために選ばれた。イゼール県議会議長ジャン=ピエール・バルビエ Jean-Pierre Barbier が、今朝ラ・ミュールでの記者会見の席でその名を明らかにした。

「小列車」は2020年7月に再開される予定である。ラ・ミュールとモンテナールの展望台の間15kmの路線を走ることになる。最終的には、運行中止前の年間訪問者70,000人に対して120,000人に達することが目標である。

しかし、再開の前に大規模で費用のかかる作業がある。起工式は年末までに行われる予定である。必要となる投資総額は2,600万ユーロと見積もられ、うち600万ユーロは委託先のエデスが負担することになっている。県はそれに最大1,500万ユーロを投入する。ジャン=ピエール・バルビエにとって有用な投資であり、「そうすれば、経済的観点からうまくいくと信じているのです」。

イゼール県の観光の真の花冠「ラ・ミュール小列車」は、2010年10月の山崩れ以来、運行されていない。2本のトンネルの間の線路上に数千立方メートルの岩が崩れ落ちた。被害状況を地元の制作会社が撮影している。

記事にあるモンテナールの展望台というのは、グラン・バルコン Grand balcon(大バルコニーの意)付近に新たに設置するもので、レストランが併設されるという。そこは崩落個所より800mほどラ・ミュール寄りの高架橋上で、湖の眺望がすばらしく、以前から観光列車がフォトストップのサービスをしていた。列車はそこで折り返すことになるようだ。また、途中のラ・モット・ダヴェイヤン La Motte-d'Aveillans にある鉱山イメージ博物館 Musée de la mine image の前に新たに停留所を設けるともされている。

別の記事(Transportrail 2017年9月10日付)では、さらに具体的に「2020年夏のシーズン(4~10月)にこの区間で1日当たり9往復を運行させる計画」と書かれており、その日に向けて着々と準備が進められているのは間違いない(下注)。

*注 エデス社のサイトによれば、委託契約期間は30年で、初めの3年で整備工事を行い、その後27年間、インフラを維持管理するという。
https://www.edeis.com/train-de-mure-projet-emblematique-activites-dingenierie-dexploitation-dedeis/

Blog_lamure_map21
2020年の運行再開区間(赤線)。図中の LANDSLIDE が崩壊地点

ただ残念なのは、これが全線復活ではないことだ。計画では、上流側のラ・ミュール~グラン・バルコン間約15kmの運行が再開されるが、その一方で、本来の起点で、SNCFアルプス線 Ligne des Alpes との接続駅であるサン・ジョルジュ・ド・コミエ St-Georges-de-Commiers までの下流区間約15kmについては、少なくとも当面は放棄される。そのため、車両保守のための施設や留置線は、ラ・ミュールに集約されるという。

確かに、崩落現場にはまったく手が付けられておらず、土砂の撤去は、足場確保の困難さ、膨大な作業量、二次災害の危険性などから見ておそらく不可能だ。列車を通すには、現場の前後にある2本のトンネルをつなげる形で、当区間を迂回するトンネルを新たに掘るしかないだろう。しかし、巨額の費用を投じて全線再開を実現できたとしても、それがさらなる利用者増に結び付くかというと、そこは疑問だ。

ヨーロッパのどの観光鉄道もそうだが、客の大半は自家用車か観光バスで来る。SNCF線への接続が復活してもその傾向が変わることはないだろう。それに、沿線はおおむね木が茂り、見通しが利く区間は意外に少ない。展望台があり、丘陵を折り返しながら峠を越えていく上部区間に比べて、乗客を喜ばせる仕掛けに欠けている。さらに、エデス社にとってみれば、全線を往来する客は時間を惜しんで、せっかく整備したグラン・バルコンのレストランを素通りしてしまう恐れがある。

案の定、Franceinfo の続報によれば、サン・ジョルジュ・ド・コミエの町長が、計画はわが町のことを忘れている、と県に対して異議を申し立てたそうだ(2017年10月24日付記事)。駅前に駐車する観光バスが消え、列車運行に関する仕事がすべてなくなり、サン・ジョルジュ・ド・コミエは片道10本のSNCF気動車が停車するだけの静かな無人駅に零落してしまった。その状況がこの先いつまで続くのかは、誰にもわからない。

★本ブログ内の関連記事
 フランス ラ・ミュール鉄道を地図で追う
 ラ・ミュール鉄道、幻の延伸区間

2018年3月12日 (月)

アラスカの地図

ヨーロッパへ初めて出かけた1980年代、極東から北回りルートで飛ぶ航空機は、途中給油のためにアラスカ州のアンカレッジ空港 Anchorage Airport に寄港していた。乗客も全員降ろされ、出発準備が整うまで空港で待つことになる。展望デッキに上がると、冷え冷えとした曇り空の下、地を這う針葉樹林の黒い帯と、その先にアンカレッジ市街の高いビル群がいとも小さく見えた。

北米大陸最北部にあるアラスカは、人の想像力を揺さぶる土地だ。面積は172万平方km、本土で面積ベスト3のテキサス、カリフォルニア、モンタナ各州をすべて収めてもなお余りがある。アラスカ湾岸パンハンドル Panhandle の温帯雨林から、北緯70度ノース・スロープ North Slope の北極ツンドラまで(下注)、気候の変化に伴って動植物相も多彩だ。

*注 パンハンドルは、回廊状の領土をフライパンの柄に見立てたもので、南東部の沿岸地帯をアラスカ・パンハンドルと呼ぶ。またノース・スロープは、ブルックス山脈 Brooks Range の北斜面に広がる永久凍土地帯。

Blog_usa_alaskamap0
ワンダー湖 Wonder Lake に映る北米最高峰のデナリ(マッキンリー)山 Mount Denali (McKinley)
Photo from wikimedia. License: CC BY-SA 3.0

あのとき筆者が目にしたアラスカはそのごく一角に過ぎず、全体を見渡そうとすれば、地図に頼るほか手段はない。数年前、アンカレッジから発信されている野外活動情報サイトのグッズショップ(末尾の参考サイト参照)で、そのような地図を数点購入したことがある。アラスカを知る手がかりとして、今回はそれを紹介したい。

アイマス・ジオグラフィクス Imus Geographics

Blog_usa_alaskamap1
アイマス・ジオグラフィクス
「アラスカ」表紙

アラスカ州全域の詳細地形を描いた1枚ものの地図では、アイマス・ジオグラフィクスが2004年に発表したものがお奨めだ。大判用紙の折図で、縮尺は1:3,000,000(300万分の1)。

「この56.25×28.5インチ(横143×縦72cm)の旅行地図は、今までにないアラスカを見せてくれるだろう。賞を獲得したデザインで、そこにあるものが見られるだけでなく、あなたが見たいと思うアラスカが見られるのだ。(中略)ぼかしによる詳細な地勢表現の実例と豊富な情報を一つのシートに融合させたアラスカの地図は、他にはない。」

気負ったようなショップの紹介文だが、あながち誇張でもない。確かに、地形の起伏を表現するぼかし(陰影)と、植生や裸地など地表の状況を描写するベージュやアップルグリーンなどの彩色が、図面上でうまく調和している。小縮尺図というのに、眺めたときに深い満足感がある。さらに、おびただしい数の居住地名や自然地名が注記され、余白に加えた地名索引によって、レファレンスとしても十分使える。アメリカ測量地図会議 American Congress on Surveying and Mapping が催す地図デザインの年次コンペで「ベスト・レファレンス・マップ」を受賞したのも頷ける話だ。

Blog_usa_alaskamap1_sample
サンプル図。表紙の一部を拡大
© 2018 Imus Geographics

アラスカをテーマにした同社の地図には、ほかに縮尺1:100,000の「チュガッチ州立公園 Chugach State park」がある。アンカレッジ東郊の雄大な自然公園域を描く中縮尺図で、濃い目のぼかしによる地勢表現で立体感が強調され、こちらもたいへん美しい。

■参考サイト
Imus Geographics  http://www.imusgeographics.com/

ナショナル・ジオグラフィック「アラスカ・アドベンチャーマップ」

Blog_usa_alaskamap2
アラスカ・アドベンチャーマップ 表紙

一方、旅行地図業界の第一人者たるナショナル・ジオグラフィック National Geographic も、アラスカをテーマにした1枚ものの地図を何点か製作している。そのうち、アラスカ全域を図郭に入れたものが図番3117「アラスカ・アドベンチャーマップ Alaska Adventure Map」だ。アドベンチャーマップは比較的広域の旅行適地を対象にしたシリーズで、等高線とぼかしで描いたメインの地図と、その周囲に、人気観光地の案内がカラー写真とともに配置してある。

アラスカ図葉は縮尺1:2,250,000(225万分の1)で、片面に北部(実際はメインランド)、もう片面に南部(パンハンドル、アラスカ半島、アリューシャン列島)が配されている。アイマスの製作方針が地図表現に集中しているのに対して、こちらはベースマップの精度が高いとは言えず、特に川や湖沼など水部の表現はどうかと思うほど大雑把だ。盛り込まれた地名の数もアイマスとはかなり差がある。

代わりに旅行案内は充実しており、シリーズの他図葉と同じく、公園や保護区の境界が明確に色分けされ、野外活動適地が目を引くピクトグラムで示される。余白に地名索引もあるので、検索も可能だ。必要な情報がすぐに引き出せるのは、定評あるシリーズの強みだろう。もちろん実際に現地で使うには縮尺が粗すぎるので、より大縮尺のトレール・イラストレーティッド Trail Illustrated シリーズ(下注)と併用するとよい。

*注 本シリーズについては「アメリカ合衆国のハイキング地図-ナショナル・ジオグラフィック」で詳述。

■参考サイト
National Geographic Maps - Trails Illustrated Maps
http://www.natgeomaps.com/trail-maps/trails-illustrated-maps

地図帳形式の刊行物はどうだろうか。米国本土でもライバル関係にある2社が、州別地図帳シリーズでアラスカ州を取り上げている。

デローム「アラスカ アトラス・アンド・ガゼッティアー」

まず、デローム DeLorme の「アラスカ アトラス・アンド・ガゼッティアー Alaska Atlas & Gazetteer」だが、中綴じ体裁が基本のシリーズ(全48巻、下注)で、これはカリフォルニア州版とともに平綴じにされている。実際、他の州はせいぜい100ページ前後なのに対して、アラスカは156ページ(索引含む)と1.5倍のボリュームがある。平綴じはノドの部分がしっかり開かないため、見開きの地図には向いていないのだが、そうせざるを得ないほどのページ数が必要なのだ。

*注 本シリーズについては「アメリカ合衆国の州別地図帳-デローム社」で詳述。

Blog_usa_alaskaatlas1
アラスカ アトラス・アンド・ガゼッティアー 表紙

異例なのは綴じ方だけでなく、地図の図式も他州版と異なる。地勢表現はぼかしをかけず、等高線のみ。道路区分も色分けしておらず、線幅による簡易仕様だ。ベースにしている地図はUSGS(米国地質調査所)の1:250,000地形図データだが、等高線、氷河、植生などの表現はほぼそのまま使われている。道路区分はデロームの旧来図式(下注)である赤の実線等に変換され、居住地名はフォントや配置が見直されているものの、両者を見比べても違いは目立たない。

*注 近年の本土各州版は、道路に二重線(くくりのある)記号を使っている。

縮尺は、集落が一程度分布する南東部が1:300,000で、もとの地形図を凝縮したイメージだ。生の地形図をこれだけ買い揃えるのは不可能に近いので、大変お徳用だ。一方、残りの地域は1:1,400,000(140万分の1)と、非常に小さい縮尺にとどまる。それも、元データを拡大したらしい大雑把な造りで、前者との精度上の落差は極めて大きい。

Blog_usa_alaskaatlas1_sample
サンプル図。表紙の一部を拡大
© 2018 DeLorme

ベンチマーク・マップス「アラスカ ロード・アンド・レクリエーション・アトラス」

もう1社、ベンチマーク・マップス Benchmark Maps の「アラスカ ロード・アンド・レクリエーション・アトラス Alaska Road & Recreation Atlas」は2016年の刊行で、同社の州別地図帳シリーズ(下注)では最も新しい。

*注 本シリーズについては「アメリカ合衆国の州別地図帳-ベンチマーク・マップス社」で詳述。

Blog_usa_alaskaatlas2
アラスカ ロード・アンド・レクリエーション・アトラス 表紙

小縮尺図から順に縮尺を拡大して、スムーズに詳細区分図まで誘導する内容構成が、ベンチマーク地図帳の特徴だ。アラスカ州版の場合、まず「アラスカへの道 Roads to Alaska」で、本土からカナダ領を経由してアラスカに至るハイウェールートが示される。これで本土の読者に距離感と方向性を理解させた後、次ページの1:7,920,000のアラスカ全図に移る。

しかし、3番目のリクリエーション・マップス Recreation Maps は、全域を数面の区分図で示す従来方式とは趣向が違う。アンカレッジ、フェアバンクス、ジュノーといった主要都市周辺と、インサイド・パッセージ Inside Passage やドルトン・ハイウェー Dalton Highway(下注)のルートが特集されているのだ。アラスカの旅行適地は限られるので、メイン図で描き切れない細部を説明する役割に切り替えたようだ。

*注 インサイド・パッセージは、外洋を避けてアレキサンダー諸島 Alexander Archipelago のフィヨルドを抜ける南東岸の航路。ドルトン・ハイウェーは、内陸のフェアバンクス Fairbanks から北極海岸を目指すハイウェー。

メインの区分図は、デロームと同様、エリアによって縮尺が変わっており、南東部が1:316,800(5マイル1インチ)、それ以外が1:1,267,200(20マイル1インチ)から1:2,534,400(40マイル1インチ)になっている。デロームより縮尺がやや小さいが、地勢描写は縮尺に応じた詳細さを保っていて、どの図も見応えがある。

デロームの等高線図に対して、ベンチマークは繊細なぼかしと彩色を駆使して、地勢を視覚的に実感させる。1995年以来、同社が実績を積んできた描法だ(冒頭のアイマス・ジオグラフィクスも、これに学んだのは間違いない)。驚いたことに、さらにアラスカ版では1000フィート(305m)間隔の粗い等高線が加えられている。これはむしろデローム図式を真似た形だが、傾斜角の変化が小さい氷河や、緩やかな起伏の周氷河地形では、高度情報を補うために有用と判断したのだろう。

Blog_usa_alaskaatlas2_sample
サンプル図。表紙の一部を拡大
© 2018 Benchmark Maps

■参考サイト
Benchmark Maps http://www.benchmarkmaps.com/

両者とも地図表現だけでなく、文字による旅行情報の充実にも力が注がれている。とりわけ釣り場の情報が抜きんでて多く、デロームは淡水魚、海水魚を合わせて約400か所、それぞれ獲れる魚の種類や利用可能な施設のマトリクス表が付される。ベンチマークも負けておらず、500か所近くのリストアップがある。しかし、これでさえ釣り場とされているのは主要道周辺の湖沼などに限られ、奥地の自然はまったくの手つかずだ。想像を超えたアラスカの広さを地図はよく伝えている。

今回紹介した地図のうち、1枚ものは、筆者も利用したオンラインショップ Alaska Outdoors Supersite Store https://alaskaoutdoorssupersite.com/alaska-store/ で取り扱っている。地図帳は日本のアマゾンや紀伊國屋などのショッピングサイトにある。

★本ブログ内の関連記事
 アメリカ合衆国のハイキング地図-ナショナル・ジオグラフィック
 アメリカ合衆国のハイキング地図-ヨセミテ国立公園を例に
 アメリカ合衆国の州別地図帳-デローム社
 アメリカ合衆国の州別地図帳-ベンチマーク・マップス社

2018年3月 3日 (土)

アメリカ合衆国のハイキング地図-ヨセミテ国立公園を例に

巨大な鑿で気の向くままにそいだような花崗岩の断崖が、幾重にも折り重なる谷間の風景は、19世紀半ばに注目されて以来、常に人々の心を惹きつけてきた。ユネスコ世界遺産にも登録されたヨセミテ国立公園 Yosemite National Park は、西海岸カリフォルニア州の中央部にある代表的観光地だ。全体の広さは3000平方kmを越える(東京都の1.4倍)が、多くの人がかの絶景を一目見ようと、中心部で回廊状に延びるヨセミテ渓谷 Yosemite Valley に集まってくる。

自然が産み出した巧みな造形美をさまざまな方向から眺められるように、一帯には整備されたハイキングトレールが張り巡らされていて、その案内役となるべき地図も多数作られてきた。今回は、筆者の手元にある範囲で、ヨセミテを地図の上から俯瞰してみたい。

Blog_usa_touristmap4
ディスカヴァリー・ビュー Discovery View(別名トンネル・ビュー Tunnel View)からのヨセミテ渓谷の眺望
左の断崖がエル・キャピタン El Capitan、右の滝はブライダルヴェール滝 Bridalveil Falls、最奥部にハーフ・ドーム Half Dome の頂部が覗く
Photo by Joe Parks at wikimedia. License: CC BY 2.0

USGS(米国地質調査所)

連邦の公的測量機関である USGS はかつて、「国立公園地図 National Park map」シリーズを作成していた。通常の地形図をベースにして、対象となる公園区域を1面に収録したいわゆる集成図で、エリアの広さに応じて、縮尺も用紙サイズもさまざまだった。その中に、「ヨセミテ国立公園および周辺 Yosemite National Park and Vicinity」図葉がある。

大判用紙に印刷された縮尺1:125,000の地図で、手元にあるのは1958年版だ。地勢表現は、200フィート(約61m)間隔の等高線にぼかし(陰影)を加えている。ぼかしのタッチがやや精彩さを欠き、低地の緑と重なると色が濁るという難はあるものの、広大な公園の地形の概略がこれによって手に取るようにわかる。

Blog_usa_touristmap4_sample
1:125,000「ヨセミテ国立公園および周辺」の一部

Blog_usa_touristmap5
「ヨセミテ渓谷」
(通常版)表紙

それとは別に、ヨセミテ渓谷に焦点を絞った縮尺1:24,000の「ヨセミテ渓谷 Yosemite Valley」図葉もあった。1958年が初版で、1970年に部分修正が加えられた。こちらは横長の用紙を用いて、東西に15kmほど続く渓谷をカバーしている。等高線間隔は40フィート(約12m)で、日本の1:25,000(10m間隔)と同じような感覚で眺めることができる。

この図葉には、等高線のみの通常版と、ぼかしと連続的な段彩を入れた「ぼかし版 shaded relief edition」の2種が存在する。もちろん後者のほうが見栄えは格段によく、丹念に描かれた濃いぼかしで、険しいU字谷の情景を見事に再現している。段彩は単純な高度別ではなく、平坦な谷底面がアップルグリーン、谷壁が薄いベージュ、浸食を免れた高位面が卵色と、地形の特性に従った色分けにされているところが興味深い。

両図とも、特徴的な岩山や滝などの名称注記があり、主要トレールも細い破線で記されている。しかし、主目的はあくまで地形描写で、そのことは地図の裏面全面を使って溪谷の地形学的な成立過程が詳しく解説されていることでもわかる。このため、旅行地図としては情報不足で、民間会社の地図製品の代替になるものではない。

Blog_usa_touristmap5_sample
1:24,000「ヨセミテ渓谷」(ぼかし版)の一部
冒頭の写真は、図左端にある Discovery View から右(東)方向を見ている

ナショナル・ジオグラフィック・マップス National Geographic Maps

前回紹介したナショナル・ジオグラフィックのトレール・イラストレーティッド・マップス Trail Illustrated Maps で公園全域を収録するのは、図番206「ヨセミテ国立公園 Yosemite National Park」(縮尺1:80,000、部分図は1:40,000)だ。さらに、縮尺を1:40,000に拡大した4面シリーズ(図番306~309)もあり、図番306「ヨセミテ南西部-ヨセミテ渓谷およびワウォーナ Yosemite SW: Yosemite Valley & Wawona」にヨセミテ渓谷が収まる。

Blog_usa_touristmap6
トレール・イラストレーティッド・マップス表紙
(左)図番206「ヨセミテ国立公園」 (右)図番306「ヨセミテ南西部」

USGS地図由来の等高線の上に、緑とベージュで森林と裸地を描き分け、コントラストの強いぼかしをかけるスタイルは共通だ。ただ、肝心の渓谷中心部が、宿泊キャンプ禁止のエリアを示す藤色で覆われ、せっかくの地勢表現が目立たないのは惜しい。その点、トレールについては黒色の太い破線なので、ベースが何色であろうと識別性に対する影響は小さい。

ただ、USGSの1:24,000図を見た後では、1:40,000という縮尺は小さく感じられる。渓谷に焦点を絞った拡大図がついていれば言うことはないのだが。

■参考サイト
National Geographic Maps - Trails Illustrated Maps
http://www.natgeomaps.com/trail-maps/trails-illustrated-maps

トム・ハリソン・マップス Tom Harrison maps

地元カリフォルニアのサン・ラフェル San Rafael に本拠を置くトム・ハリソン社も、州内各地のハイキング地図を多数刊行している。土地鑑をもつ強みで、ヨセミテ国立公園が図郭に入るものだけでも実に8面を数える。国立公園全域を収めるのは、縮尺1:125,000の「ヨセミテ国立公園 Yosemite National Park」だ。ほかに、人気の高い南部高地を拡大した1:63,360「ヨセミテ・ハイカントリー Yosemite High Country」、ヨセミテ渓谷に絞った1:24,000「ヨセミテ渓谷 Yosemite Valley」、ハーフ・ドームを中心に渓谷の上流部を収めた1:31,680「ハーフ・ドーム Half Dome」などがある。

Blog_usa_touristmap7
トム・ハリソン・マップス表紙
(左)「ヨセミテ国立公園」 (中)「ヨセミテ・ハイカントリー」 (右)「ヨセミテ渓谷」

ベースはUSGS地図で、それにぼかしを加えたものだ。トレールはドイツの官製旅行地図のように赤の破線で示され、地点間距離も入っている。さらに、幹線格であるジョン・ミューア・トレール John Muir Trail などは縁取りで強調され、ルートを追いかけるのが容易だ。

■参考サイト
Tom Harrison Maps  https://tomharrisonmaps.com/

ウィルダーネス・プレス Wilderness Press

Blog_usa_touristmap8
「ヨセミテ:
渓谷および周辺高地」
表紙

同じカリフォルニア州のバークレー Berkeley にある出版社ウィルダーネス・プレスの目録にも、地形図を使ったハイキング地図がある。公園全域をカバーする縮尺1:125,000の「ヨセミテ国立公園及び周辺 Yosemite National Park & Vicinity」と、対象エリアを絞って縮尺を拡大した1:62,500の「ヨセミテ:渓谷および周辺高地 Yosemite: The Valley & Surrounding Uplands」だ。

地勢表現は等高線のみで、第一印象はUSGSの地形図そのものだ。ただし、地方道を表す赤の旗竿が黒に変えられており、鉄道記号のように見える。代わりにトレールが赤の線で描かれるが、地点間距離は記されていない。上記2社の製品に比べると、ぼかしが施されていないこともあって、地図としての面白みに欠けるのは事実だ。しかし地名索引が付き、裏面には規制事項、気候、ルート案内、体験可能な野外活動などヨセミテの旅行案内がぎっしり記されており、文字情報の量で旅行書出版社の面目を保っている。

■参考サイト
Wilderness Press   https://www.wildernesspress.com/

ルーフス・ガイド Rufus Guides の絵地図

Blog_usa_touristmap9
「ヨセミテ渓谷への地図と案内」表紙

絵になる景色に囲まれたヨセミテが、絵心を誘うのは当然のことだ。ルーフス・ガイドは、カリフォルニアとその周辺にある名だたる観光地の鳥瞰絵図をいくつか作っているが、その一つに「ヨセミテ渓谷への地図と案内 Map & Guide to Yosemite Valley」がある。

横長用紙の片面全面を使って、渓谷の絵図が刷られている。比較的淡い色調の水彩スケッチだが、谷間や高原を覆う森の木々の細かさと、輪郭をなぞるにとどめることで強調された岩山のボリュームが好対照をなし、風景の特徴がよく捉えられている。もう一方の面はルーフスならではの公園ガイドで、渓谷と周辺のビューポイントをカラー写真つきで解説し、地形の成因、公園の歴史、動植物相、野外活動のあらましがコンパクトにまとめてある。蛇腹折りでかさばらないし、お土産にするのもよさそうだ。

Blog_usa_touristmap9_sample
「ヨセミテ渓谷への地図と案内」表紙の一部を拡大
© 2018 Rufus Graphics

■参考サイト
Rufus Guides  http://www.rufusguides.com/

カルト・アトリエ Carto Atelier の絵地図

Blog_usa_touristmap10
ヨセミテバレー・
ツーリストマップ表紙

最後に紹介するのも絵地図だ。「ヨセミテバレー・ツーリストマップ Yosemite Valley Tourist Map」と表紙に日本語が併記されているが、日本製ではなく、スイスで刊行されたものだ。収載図には1997~98年のコピーライト表示がある。

同じ絵地図のジャンルでもルーフスとは趣がまるで違う。こちらは、巨匠H・C・ベラン H.C.Berann のそれを連想させる美しい鳥瞰絵図で、アルネ・ローヴェーダー Arne Rohweder 氏の筆になるものだ。渓谷の西(下流)側から東を見た図だが、幻想的かつスケール感のあるイメージ(下図参照)は、もはや写真を超越している。絵図の隣には、ぼかしで地勢を描き、植生をパターンで表現した国立公園の1:350,000全体図がある。裏面はUSGSの1:24,000地形図で、他社図と同じようにトレールが橙色で強調され、観光情報のピクトグラムが配されている。地勢のぼかしも入り、これだけでも十分なハイキング地図だ。

発行所のカルト・アトリエは、現在、ゲコマップス Geckomaps(Geckoはドイツ語でヤモリの意)の名で引き継がれ、ローヴェーダー氏やその協力者によるヒマラヤその他、世界の観光地のイラストマップを多数扱っている。このヨセミテの絵地図は筆者のお気に入りの一冊なのだが、悲しいことに同社の現行カタログには見当たらない。

Blog_usa_touristmap10_sample
ヨセミテバレー・ツーリストマップ表紙の一部を拡大
© 2018 Arne Rohweder

■参考サイト
Geckomaps  http://www.geckomaps.com/

★本ブログ内の関連記事
 アメリカ合衆国のハイキング地図-ナショナル・ジオグラフィック
 アメリカ合衆国の地形図-新シリーズ「USトポ」

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

BLOG PARTS


無料ブログはココログ