« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

スイスのスーパースライダーを地図で追う

Blog_swiss_rodelbahn1
ピラトゥス山中腹にあるスーパースライダー

ボブスレー、リュージュあるいはスケルトンというウィンタースポーツをご存知だろう。いずれも曲がりくねった樋(とい)状のコースを、専用の橇(そり)に乗って猛スピードで滑り降りる競技だ。見るからにスリリングで、素人にはとても真似できそうにないが、それを一般向けにして、かつ夏でも楽しめるようにした遊具がある。スーパースライダーと呼ばれ(下注)、遊園地のほか、スキー場などでオフシーズンのアトラクションとしても導入されているものだ。

*注 これはいわゆる和製英語。英語ではtoboggan run(トボガン・ラン)、alpine slide(アルパイン・スライド)など。ドイツ語ではローデルバーン Rodelbahn、特に夏用のものはゾンマーローデルバーン Sommerrodelbahn という。また、後述するレール製はmountain coaster(マウンテン・コースター)、alpine coaster(アルパイン・コースター)などと呼ばれる。

コースは自然の斜面を利用して、コンクリートやアルミニウムあるいはステンレス鋼で造られ、小さな車輪のついた1~2人乗りのカートで滑る。カートにはブレーキレバーがついていて、通常これを手前に引けばブレーキがかかり、押すとブレーキが緩んで加速する。乗り手が自分に合った速度にコントロールできるというのが、ジェットコースターなどとの最大の違いだ。

本場はもちろん欧米で、はるかに本格的なコースが多数存在する。日本では長さがせいぜい数百mといったところだが、彼の地では1kmを超えるものも多い。現在、世界最長を誇るのは、オーストリアのイムスト Imst にある「アルパイン・コースター・イムスト Alpine Coaster Imst」で、全長3535m、高度差500m、ふつうに滑ると9分かかるという。どんなコースなのかは、下記YouTubeの実走動画をご覧いただきたい。

■参考サイト
YouTube - Long Alpine Coaster (Imst) - no brakes!
https://www.youtube.com/watch?v=MUVFiNVRvEU

お気づきのように、イムストのそれは従来の平滑な凹面コースではなく、ジェットコースターと同じようにレールの上を走行するタイプだ。ドイツのヴィーガント Wiegand 社が代表的メーカーで(下注)、欧米だけでなく中国やベトナムにも設置の実績がある。このタイプの特徴は、走行車輪とは別にレールを下から押し付ける浮上防止車輪があることで、高速でカーブに入ってもコースを逸脱する恐れがない。さらに車輪の回転数を制御する遠心ブレーキも装備されている。動画の投稿主がブレーキをかけずに5分で完走したと豪語できるのも、こうした安全装置があるからだ。

*注 ヴィーガント社は、日本にも導入されているステンレス鋼製コース(ゾンマーローデルバーンはもともと同社の商品名)のメーカーだが、1997年にこのレール式コース(商品名アルパイン・コースター)を発表した。

スイスのピラトゥス山 Pilatus の中腹、フレークミュントエック Fräkmüntegg にもスーパースライダーがある。1996年に開設されたもので、全長1070m(下注)。ヴィーガント社のステンレス製コースを使用したものではスイス最長だ。

*注 以下、ヴィーガント社製の路線延長は同社サイトhttp://www.wiegandslide.com/ に拠っているので、施設の公式サイトの記載とは数値が異なる場合がある。

Blog_swiss_rodelbahn_map1
フレークミュントエック付近の1:25,000地形図

たまたまこれに乗る機会があった。ピラトゥス鉄道で山頂に上った折りのことだ。何気なく駅の案内モニターを眺めていたら、このコースの走行シーンが映った。日本ではあまり見かけない遊具で(筆者が知らないだけだったが)、連れていた小学生の息子が俄然興味を示し、ここへ行きたいと言い出した。

山頂からルツェルン方面へ降りていく長いロープウェーの乗継駅(下注)が、そのフレークミュントエックだ。標高1415m、冬はスキー場に変わるのだろう、急傾斜の草原が眼下に広がっている。草原の際を5分ほど上ったところに、スーパースライダーの乗場があった。

*注 厳密にいうと、大型キャビンで運行されるロープウェー Luftseilbahn はフレークミュントエックが終点。ここから先、ルツェルン方面へは4人乗りのゴンドラ Panorama-Gondelbahn に乗換えになる。

銀色に光るコースが、蛇行しながらはるか下まで続いている(冒頭の写真参照)。その中を橇が相当なスピードで滑り降りていくが、見たところ、子どもも一人で乗っているし(ただし8歳以上)、ヘルメットすら被っていないので、危険はないのだろう。しかし、操作法や注意点が書かれた看板が、乗場の前に立っていた。絵入り、かつ日本語も併記されているのでよくわかる。「重要:ソリには制動距離があり、すぐには止まりません。運転中は体を運転方向、つまりカーブ側に倒してください、カーブと反対側に体を倒さないようにしてください。事故の危険があります。」……

荷物をロッカーに預け、大人8フラン、小人6フランを払って別々に乗り込んだ。先行者とは25mの間隔を空ける必要があり、青信号が出ればスタートできる。滑り降りていく先には、山と湖の美しい景色が広がり、シチュエーションは最高だ。途中の計測表示によれば、時速30~40kmほども出ているのだが、カーブの手前で「ブレーキかけろ!」の標識が現れるので、案ずることもなく速度の加減は判断できた。風を切ってスラロームしていくと、あっという間に終点に着いてしまった。

その後がおもしろい。そりは一定速度で回っているスキーリフトに綱でつながれて(操作は係員がやってくれる)、後ろ向きに引き上げられる。その間、利用者はただ乗っていればよく、汗もかかずに初めの乗場に戻れる。

Blog_swiss_rodelbahn2
(左)乗場 (右)6か国語で書かれた注意書き
Blog_swiss_rodelbahn3
(左)猛スピードでトンネルを抜ける (右)39km/hの速度表示
Blog_swiss_rodelbahn4
帰りはリフトにつないだ綱で引き上げられる

■参考サイト
公式サイト http://www.pilatus.ch/de/pilatus-aktiv/sommer/fun-action/sommer-rodelbahn/
地形図 http://s.geo.admin.ch/2b9cf340d
動画 https://www.youtube.com/watch?v=iKe7-RGOuD4

このコースが1:25,000地形図にも描かれていることは、そのときから気づいていた。細い実線が使われ、Rodelbahn という注記もある。小型車なら通れる4級車道(幅1.8m以上)の地図記号に似ているが、線状の構築物なのでそれで代用しているのだろうと思った。ところが、後で凡例(地図記号一覧)を調べると、キャンプ場やグラウンドのそれに混じってローデルバーン Rodelbahn / Summer toboggan-run という記号が示されているではないか。細線の両端を短線で止めるというのがその仕様だ。他国の地形図まで調べてはいないが、少なくともこの国では、独立した記号が設けられるくらい、この遊具は一般的なものらしい。

Blog_swiss_rodelbahn5
スイス官製地形図の凡例の一部
円で囲んだ記号がRodelbahn

実際に1:25,000官製地形図で、スーパースライダーはどのように描かれているのだろうか。スイス政府観光局の特集サイト(下記)を手掛かりにいくつか探してみた。ルートを地形図上に薄い赤でマーキングするとともに、YouTubeに投稿された実走動画へのリンクも掲げておいたので参考にしていただきたい。

■参考サイト
My Switzerland.com - Rodelbahnen http://www.myswitzerland.com/de/rodelbahnen.html

クールヴァルデン Churwalden
同国最長のコースは、東部グラウビュンデン州の州都クール Chur から約8kmのクールヴァルデンにある。開設は1999年。ヴィーガント社のレール式(アルパイン・コースター)を使い、延長3060m、高度差 480m、所要時間7~10分という大規模なコースだ。起点へはチェアリフトで上り、際限なく続くかに思える蛇行ルートで斜面を降りていく。ラビューザ川 Rabiusa を渡った後は、リフトに沿った長い直線路になる。

■参考サイト
公式サイト http://www.pradaschier.ch/
地形図 http://s.geo.admin.ch/b538d7ddc
実走動画 https://www.youtube.com/watch?v=3giAttqIhZs

Blog_swiss_rodelbahn_map2

フルムザーベルク Flumserberg
2番目に長いコースは、チューリッヒからクールに向かう途中の、フルムス Flums の山手にある。これもレール式で、延長2060m、高度差250m。3か所のスパイラルループや2か所のトンネルを介した変化に富むコースだ。起点へはチェアリフトで上る。開設は2010年と新しい。

■参考サイト
公式サイト http://www.flumserberg.ch/Sommer/Rodeln
地形図 http://s.geo.admin.ch/62d5ce1841
実走動画 https://www.youtube.com/watch?v=Jo756Q_fY8U

Blog_swiss_rodelbahn_map3

ヤーコプスバート Jakobsbad, Gonten
アッペンツェル Appenzell の西8kmに位置するレール式コース。アッペンツェル鉄道 Appenzeller Bahnen のヤーコプスバート Jakobsbad 駅前にあるので、足の便はすこぶる良い。開設は1998年。上記2件と違って乗場は山麓にあり、リフトに引っ張られて最上部に達した後、重力で落下するループコースになっている。ヴィーガント社のサイトでは延長845mだが、地図上で見積もるともう少し長そうだ。公式サイトでは上り450m、下り1000mとされている。

■参考サイト
公式サイト http://www.kronberg.ch/ > Sommer
地形図 http://s.geo.admin.ch/f8e8ec938
実走動画 https://www.youtube.com/watch?v=FxNgZxC22a8

Blog_swiss_rodelbahn_map4

ザース・フェー Saas-Fee
スイス南部の山岳リゾート、ザース・フェーにもレール式コースがある。正式名はフェーブリッツ・ローデルボブバーン Feeblitz Rodelbobbahn で、2000年の開設。ヤーコプスバートと同じくループコースで、延長は660m。途中にスパイラルループが1か所あり、地形図にも律儀に描かれている。

■参考サイト
公式サイト http://www.feeblitz.ch/
地形図 http://s.geo.admin.ch/8081ed1b6
実走動画 https://www.youtube.com/watch?v=zQZcyKlGhWg

Blog_swiss_rodelbahn_map5

レ・ディアブルレ Les Diablerets
最後に世界で最も高い所を走るコースに触れておこう。場所は、ヴォー(ヴァリス)州レ・ディアブルレ Les Diablerets の東の峠コル・デュ・ピヨン Col du Pillon からロープウェーを乗り継いで上った山上だ。セクス・ルージュ山 Scex Rouge(赤い岩の意)から眼下の氷河に向けて滑り降りるレール式コースで、延長935m。開設は2006年。起点のロープウェー山上駅は標高2940mもあり、営業期間は5~10月だが、雨や雪、強風の場合は休止することがあると注意書きされている。なお、地形図には上りのルートが描かれていないので、空中写真を参考にマーカーを引いておいた。

■参考サイト
公式サイト http://www.glacier3000.ch/
地形図 http://s.geo.admin.ch/62fadee250
実走動画 https://www.youtube.com/watch?v=YcmwD8gix94

Blog_swiss_rodelbahn_map6

ちなみに、ヴィーガント社のサイトを見る限り、日本ではステンレス鋼製が38か所(下注)とかなり設置されているものの、レール式はまだ導入されていないようだ。子ども向けの遊具と見なされているのかもしれないが、スイスでは大のおとなが乗場に列を作っていた。簡単な架設物で取り外しが容易ということもあって、野外での集客装置にはもってこいだと思うのだが。

*注 日本における最長コースは、宮崎県都城市の観音池公園の765m。

★本ブログ内の関連記事
 スイスの地形図-ウェブ版 I
 スイスのハイキング地図-スイストポ

2015年2月 7日 (土)

スイスのハイキング地図-スイストポ

Blog_swiss_map_wander1
グリンデルヴァルトの村を見下ろしながら
メンリッヘンからクライネ・シャイデックに
下りるハイキングトレール

なだらかな丘陵地から険しい山岳地帯まで、スイスの山野を縦横に巡るハイキングトレールは、62,000km以上の長さがあるそうだ。スイスハイキング連盟 Schweizer Wanderwege, SAW は、ハイキングトレール Wanderwege / Hiking trails(下注)を難易度によって3種に区分し、現地に立てた標識でも識別できるようにしている。

*注 ドイツ語のヴァンデルング Wanderung、英語のハイキング Hiking は、交通用具を使わない徒歩旅行一般を指すことば。ヴェーク Weg/トレール Trail も、一般車両が通れない徒歩用の道。適当な和訳を思いつかないので、以下、トレールの種別は英語の読みのままとした。

まず、ハイキングトレール Wanderwege / Hiking trails は、最も危険度が低いトレールで、特別な装備や知識がなくても利用できる。険しい区間では階段が作られ、落下の恐れがある個所には手すりが設けられている。標識(サインポスト、矢印、マーキング等)は黄色1色だ。

Blog_swiss_map_wander2
ミューレンの村で
見かけた標識

マウンテンハイキングトレール Bergwanderwege / Mountain hiking trails は、中クラスの危険度で、概して険しく道幅も狭く、特に危険な個所ではザイルやチェーンが張られている。防水服と登山靴の着用が必須とされる。標識は同じ黄色だが、先端部や矢印などは白・赤・白に塗られる。

アルパインハイキングトレール Alpinwanderwege / Alpine hiking trail は、危険を伴うトレールで、一部に礫原や岩屑斜面、あるいは雪原、雪渓を越える個所があり、短いながら岩登りも含まれる。危険防止のための設備は期待できないので、登山用の装備に加えて、高度計、コンパス、ザイルやピッケルが必須とされる。標識は青地で、先端部や矢印などは白・青・白に塗られている。

■参考サイト
Wikimedia - ハイキングトレール標識の実例
http://commons.wikimedia.org/wiki/File:BergAlpinWegweiser.jpg

Blog_swiss_map_wander50k
1:50,000
ハイキング地図表紙
ミシャベル Mischabel
2004年版

このようなトレールのルートを詳しく描き、利用者の必携品とされているのが「ハイキング地図 Wanderkarte / Hiking map」だ。連邦地形測量所スイストポ Bundesamt für Landestopographie Swisstopo は、SAWの協力のもとで、官製地形図(ランデスカルテ Landeskarte、下注)をベースにしたこの種の地図を多数揃えている。

*注 ランデスカルテは、スイスの現行地形図の名称。詳しくは本ブログ「スイスの地形図-概要」参照。

最もポピュラーなのは、縮尺1:50,000のハイキング地図(区分図)だろう。一部の例外を除き、1:50,000ランデスカルテと同一図郭で、現在58面が刊行され、全土をカバーしている。図番は数字3桁(集成図は4桁)の後にTがつく(例:213 T, 5001 T)。

Blog_swiss_map_wander50k_index
1:50,000ハイキング地図索引図
黄色が既刊の区分図、橙色は集成図。国境付近は隣接図に取り込まれ、単独図としては刊行されていない。

Blog_swiss_map_wander50k_sample
1:50,000ハイキング地図サンプル
(266T Valle Leventinaの一部
BLT地図カタログ1995/96年版より)

内容は、ランデスカルテの上に、ハイキングに必要な情報を赤色で加刷するという伝統的なスタイルだ。上記3種のトレールは、線の形状で描き分けられている。すなわち、ハイキングトレールは実線、マウンテンハイキングトレールは破線、アルパインハイキングトレールは点線だ。中でも、スイスモビリティ計画(下注)の一翼を担う「スイスのハイキング Wanderland Schweiz / Hiking in Switzerland」の主要ルートについては、線を太くし、かつ特徴的なルート番号のロゴが添えられているので、よく目につく。

*注 スイスモビリティ SchweizMobil / SwitzerlandMobility は、主として休暇や観光のための、自動車に依存しない交通網を整備する計画。これに基づき、ハイキングトレールをはじめ、自転車、マウンテンバイク、スケート、カヌー、バリアフリーのルートが整備されている。

トレール以外の表示もある。山小屋はランデスカルテにも記載があるので、その位置を円で囲んで目立たせるという手法を採る。道路はランデスカルテで種別を表していた塗り色を省き、その代りにバスの運行ルートを黄色で強調している。また、バス停の位置には赤丸が打たれ(停留所名はない)、公共交通網とトレールの接点が容易に見つけられるようにしている。

従来、スイストポのハイキング地図は、この1:50,000区分図のほかに、1:50,000集成図9面、1:25,000集成図8面という品揃えだった。ところが2013年に、縮尺1:33,333のハイキング地図が新たに刊行されるというニュースが発表されたのには、正直驚いた。スイス地形図史上、前例のない縮尺であり、今さら既存の縮尺の中間を狙ったところで本当に需要が見込めるのかと、製作の意図を疑ったからだ。

Blog_swiss_map_wander33k
1:33,333
ハイキング地図表紙
ティトリス Titlis
2013年版

さっそく現物を取り寄せたところ、その正体は、1:50,000ハイキング地図の内容を単純拡大した、いわゆる「でか字」バージョンだった。1:50,000では実地の1kmが図上2cmになるが、1:33,333なら1.5倍の図上3cmに表せる。前者では注記文字や地形描写が細か過ぎると感じるシニアの方でも、後者なら比較的楽に読取りができるだろう。

改良点はそれだけではない。用紙は、野外での使用に配慮して、耐水性をもつ合成紙に変えられた。副次効果でインクの発色がよくなり、精細なグラフィックが一段と鮮明になった。また、用紙寸法も従来ものに比べて一回り小さい。折れば11×17.5cmと、7インチタブレット程度のポケットサイズで、携帯に便利だ。

縮尺が大きい分、収載範囲が狭くなるというハンディに対しては、両面印刷にすることである程度手当ができている。図郭の面積は1:50,000より減るが、それでも片面で実地15km四方は表せるから、日帰り程度の徒歩旅行で使うには十分だ。むしろ、1:50,000は範囲が広過ぎるきらいがあったし、1:25,000集成図は折り畳むと分厚くなり、戸外では扱いにくかった。

新企画の意図するところについて、スイストポの担当者は、ある掲示板で次のように回答している。「従来のハイキング地図は、区分図は1点当り22.50フラン、集成図は32.50フランと非常に高価だ。外国で販売する場合、為替相場のフラン高に現地の付加価値税が加わり、スイス国内よりもさらに高くなる。このため、従来のハイキング地図は販売実績が落ち込んでいる。」

「1:33,333ハイキング地図は、1:50,000の内容を何ら変えずに、縮尺を拡大して読み易くした。表面と裏面に図が分割されてしまうが、わずかな欠点に過ぎない。また、焼却しても無害な用紙を使用しており、環境に負荷をかけない。」

「他のハイキング地図との競合が予想されるが、新図は4色刷(プロセスカラー)、原版の再利用など製作過程を効率化することでコストを抑え、11.80フランとリーズナブルな価格に設定できた。外国での販売促進も期待される。」

Blog_swiss_map_wander33k_index
1:33,333ハイキング地図索引図(2015年1月現在)

現在、1:33,333はアルプスとジュラ山地で計20面が刊行済だが、ユングフラウ地域を含め、未刊のハイキング適地は多数残っており、新刊の通知は今後もしばらく続くのだろう。それ自体は楽しみだが、一方でこれがユーザーの支持を得れば得るほど、競合する従来図が売れなくなるのは目に見えている。そこは他人事ながら心配だ。

情報更新はデータベース上で定期的に行われており、すでにインターネットを介しても提供されている。あとは、印刷物をどの範囲まで維持するのかという問題になる。1:33,333は図郭が表面と裏面で千鳥状になっているものも多く、全土をくまなくカバーすることは初めから想定されていないようだ。そこにまだ1:50,000の存在意義が残されているのだが、需要の多い地域でライバルの1:33,333が揃っていけば、もはやニーズは限りなく減少するに違いない。スイストポの正式見解は知らないが、将来的に印刷物としてのハイキング地図は1:33,333に集約され、その他の従来図は更新停止となって市場から姿を消していくのではないだろうか。

ハイキング地図は、連邦地形測量所スイストポのオンラインショップ(英語版なら Maps > Leisure Maps)はもとより、日本のアマゾン等のショッピングサイトでも扱っている。"Swisstopo" "Wanderkarte"等で検索するとよい。

■参考サイト
連邦地形測量所スイストポ http://www.swisstopo.admin.ch/
スイスハイキング連盟 http://www.wandern.ch/
スイスモビリティ-スイスのハイキング SwitzerlandMobility – Hiking in Switzerland(英語版)
http://www.wanderland.ch/en/wanderland.html
同 インタラクティブ地図 http://map.wanderland.ch/

★本ブログ内の関連記事
 スイスの地形図-概要
 スイスの1:50,000地形図
 リヒテンシュタインのハイキング地図

 オーストリアの旅行地図-アルペン協会
 ドイツの旅行地図-ライン渓谷を例に
 フランスの山岳地図-ランド・エディシオン
 イタリアの旅行地図-タバッコ出版社
 

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

BLOG PARTS


無料ブログはココログ