« スイスの地形図-ウェブ版 I | トップページ | フルカ山岳蒸気鉄道 I-前身の時代 »

2014年2月26日 (水)

スイスの地形図-ウェブ版 II

1838年、ジュネーヴ Genève でスイスの全国地形図の製作を任務とする部局が産声を上げた。現在の連邦地形測量所スイストポ Bundesamt für Landestopografie swisstopo だ。2013年は設立から175年に当ることから、記念のウェブサイトが開設された。その中に、この間作成された膨大な量の地形図、いわゆる旧版地形図を包括的に見られるという、地図ファンにとっては夢のようなコンテンツが含まれていた。

「時間旅行」というしゃれたタイトルを持つこの記念サイトの機能は、その後既存の「連邦ジオポータル」に統合され、現在もほぼ変わりなく提供されている。地図の拡大縮小や地点の特定など、連邦ジオポータルの基本機能については、本ブログ「スイスの地形図-ウェブ版 I」を参照していただくとして、ここでは「地図による時間旅行」の機能に限定して紹介したい。
(記述は2016年4月現在の仕様に基づく)。

「時間旅行」 Zeitreise / Journey through time
http://map.swisstopo.admin.ch/

Blog_swiss_map_hp4
初期画面

以下の説明は英語版を前提にしているので、まず画面右上隅の使用言語(上図①)で "EN" を選択していただきたい。

「時間旅行」オプションを選択するには、左メニューの Map displayed > Journey through time - Maps を選択(クリック)する(上図②)。画面例では、その右側に赤の数字があるが、これは地図の年代を表している。今はデフォルトのままでいい。

もし、Maps displayed のサブメニューが表示されないときは、1段上の swisstopo のサブメニューから、Journeys through time > Journeys through time - Maps と選択する。

Blog_swiss_map_hp5
時間旅行バーの表示

次に、時代を指定できる「時間旅行バー」を表示させよう。次に、右端の時計デザインのボタンをクリックする(上図①、ただしデフォルトは黒色)。ボタンが赤色に変わり、画面上部に「時間旅行バー」が現れる。

バーには1840年代から現在までの目盛が振られている。ポインター(上図②)に記されている数字が、画面に表示される地図の改訂年次(下注)、と言いたいところだが、そう単純ではない。地図というものは毎年改訂されてはおらず、スイスの場合、現在6年に一度だ。言い換えれば、毎年国土の1/6を更新し、6年かけて全土を一巡している。かつてはもっと不規則だった。したがって、画面上の地図は、ポインターが示す年の時点で最も新しい改訂年次のもの、というのが正確な表現だ。

*注 ここでいう改訂年次 Data status は、地図が表している状態が何年時点のものであるか、という意味。

表示地図の年次を変更するには、2通りの方法がある。

・ポインターをスライド
 →ポインターをバーの上で左右にスライドさせる。動かす都度、地図が入れ替わる。

・ポインターの年次を手入力
 →年次の個所をダブルクリックで選択して、任意の年次を手入力する。

注意すべきこととして、その時点で未作成だった縮尺図は表示できないので、画面が空白になる。場所によって異なるが大雑把にいえば、1860年代までは1:100,000(デュフール図)しか存在しない。1870年から20世紀前半にかけて、この1:100,000とともに、国土の北半(ジュラ Jura とミッテルラント Mittelland)では1:25 000、南半のアルプス地域 Alpen では1:50,000が現れる(これをジークフリート図という)。すべての地域で3種の縮尺が揃うのは、1970年代からだ。

*注 旧版地形図の詳細は本ブログ「スイスの地形図略史 I-デュフール図」「スイスの地形図略史 II-ジークフリート図」「スイスの地形図略史 III-ランデスカルテ」参照

Blog_swiss_map_hp6
地図のデータを表示

表示地図の改訂年次などを知るには、図上でクリックする。シリーズ名称(National Maps of Switzerland 1:100'000など)とともに Sheet number(図番)、Sheet name(図名)、Data status(改訂年次)、Bibliographical informations(書誌情報へのリンク)が表示される(上図①)。

Blog_swiss_map_hp7
時代順に地図を自動切替え

さらに興味深いのは、時代順に地図が自動で切替わる機能だ。これは、時間旅行バーの右端にあるプレイボタン(上図①)をクリックすればスタートする。

都市部なら市街地が拡大していくようす、郊外なら交通網の発達や水路の変遷、アルプスなら氷河が後退していくようすなど、スイスの国土の変遷が手に取るようにわかる。当然ながらその時点で未作成だった縮尺図は表示されない(または最新図で代用される)ので、最も早くから整備された1:100,000で見るのがお薦めだ。拡大縮小ボタンを操作して、画面左下の縮尺表示が「1000m」のときに、1:100,000図が表示されている。

Blog_swiss_map_hp8
異なる年次の地図を重ねて表示

もう一つの機能は、異なる年次の地図を表示するというものだ。

複数の地図を重ねて表示
 手順は上図①~④のとおりで、
 ① Maps displayed > Journey through time - Maps の歯車マークをクリックして、付加機能を表示させる。
 ② 付加機能のシートマークをクリックして、レイヤーを追加する。
 ③ 各レイヤーに、比較したい年次を入力する。
 ④ 透明度バーで、レイヤーの透明度を調整する。

2枚の地図を並べて表示
 上記①~③を実行してから、左メニューの Advanced tools > Compare を選択

アニメーションはおもしろい反面、いささか慌しいので、細部を比較するならこの固定方式がいいだろう。その他詳しい使い方は画面右上の Help にある。175年の時を超える「地図による時間旅行」、日本でも実現してほしいサービスだ。
(2016年4月3日改稿)

使用した地形図の著作権表示 (c) 2016 Data: swisstopo.

★本ブログ内の関連記事
 スイスの地形図-ウェブ版 I

 スイスの地形図-概要
 スイスの1:25,000地形図
 スイスの新しい1:25,000地形図
 スイスの1:50,000地形図
 スイスの1:100,000地形図
 スイスの1:200,000地形図ほか

« スイスの地形図-ウェブ版 I | トップページ | フルカ山岳蒸気鉄道 I-前身の時代 »

地形図」カテゴリの記事

西ヨーロッパの地図」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スイスの地形図-ウェブ版 I | トップページ | フルカ山岳蒸気鉄道 I-前身の時代 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

BLOG PARTS


無料ブログはココログ