« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月29日 (日)

スイスの鉄道地図 I-キュマリー+フライ社

スイスは誰もが認める鉄道王国だ。路線網の骨格を形成するのは、国鉄に当たるスイス連邦鉄道 Schweizerische Bundesbahnen (SBB)だが、それ以外にもおびただしい数の鉄道会社が観光輸送、地域輸送、ときには幹線輸送をも担っていて、その個性の豊かさが大きな魅力となっている。

単位面積当たりの路線密度が世界一と言われる国なので、当然、鉄道地図の存在価値も高い。筆者の知る限り、2013年現在で入手できる印刷物のスイス鉄道地図には、A2判(A4判の4倍)程度に収まるコンパクト版、用紙が横1mを越える大判図、数十面の地図を綴った地図帳の3種がある。このうち今回は、スイス鉄道のファンに長く親しまれてきた大判図を紹介しよう。

名称は「スイス公共交通地図 Schweizer Karte des Öffentlichen Verkehrs(英語名はMap of Swiss Public Transport)」で、同国の大手地図会社であるキュマリー・ウント・フライ(キュメルリ+フライ)社 Kümmerly+Frey(以下、K+Fと記す)が刊行元だ。地図は横138×縦99cmほどもある大判用紙に印刷され、表紙と別添の小冊子がついた折図として販売されている。内容は充実しており、スイスの公共交通機関のルートはこの1冊ですべてわかるといっていい。

Blog_swiss_railmap1
スイス公共交通地図2013年版 (左)表面(右)裏面
Blog_swiss_railmap2
ベルン付近 (裏表紙の一部を拡大)

まず大判地図のほうだが、ここには鉄道路線はもとより、ケーブルカー、ロープウェー、チェアリフト、バス、航路と、市内交通を除く公共交通路線が網羅されている。このうち鉄道や索道を表すのは、緑色の線だ。標準軌線を太く、狭軌線を細く描き分け、駅もユーロシティ(EC)、インターシティ(IC)、インターレギオ(IR)といった優等列車の停車駅は箱の中を赤で塗って、識別を容易にしている。ラック式鉄道や索道系は、線の形状を変えている。

バス路線はオレンジの実線だ。鉄道のない谷間や丘陵地もくまなくカバーして、きめ細かな公共交通網を形成している。停留所のある集落名が逐一示され、時刻表番号も添えられているので、公式時刻表の索引図としても万全だ。地図裏面の地名索引を併用すれば、同国内でおよそ行きたい場所と交通手段はすべて特定できるだろう。

方角がデフォルメされたわが国の時刻表地図とは違って、縮尺が1:275,000と明示されているので、区間距離や周辺路線との位置関係を正確に把握できる。薄いぼかし(陰影)で地勢が描かれ、眺めているだけでも旅行気分に浸れる。

一方、大判地図で省略された市内交通については、別添の小冊子に情報がある。ここには12都市の交通局が作成したスキマティックマップ(位相図)形式の路線図と、主要駅の周辺図が集められている。路線図は各交通局のウェブでも提供されているものとはいえ、一覧化されたことでバラエティに富んだデザインが目を引く。ただ、見開き23×21.5cm程度の紙面のため、注記文字はかなり小さくなる。とりわけエリアが広いチューリッヒ Zürich の場合、拡大鏡なしでは判読できないのが難点だ。

後述するデザイン上の問題はあるが、豊富な情報量と携帯性を考えれば、価格(19.80スイスフラン)はリーズナブルで、スイスの交通機関に関心がある方や、詳しい旅行計画をお考えの方に必須アイテムであるのは間違いない。

Blog_swiss_railmap3
2007年版表紙 (左注)

ところで、「スイス公共交通地図」はSBBの公式地図だったはずだが、と思われた方もおられるだろう。上の記述は現行の2013年版に拠っているが、この地図は数年に一度、改訂版が刊行されてきた。一つ前の版は2007年の刊行だ。表紙に「スイス公共交通公式地図 Offizielle Karte des Öffentlichen Verkehrs Schweiz」と記され、SBBのロゴが付されている。ここまでは確かにSBBが関与していたのだ。

*注 2007年版の現物が手元にないため、右写真はamazon.co.jpの画像を引用した。低解像度ご容赦。

この版は縮尺が1:301,000で、地図の図式も現行版と全く異なる。下図は上で引用したのと同じエリア(ただし1985年初版図を使用)だが、鉄道は黒で、バスはベースマップの道路記号の上に黄色を塗って表している。公共交通網の基幹を成す鉄道路線が強調され、優等列車停車駅を示す赤色も効果的で、現行図に比べてはるかにメリハリのあるデザインだ。

Blog_swiss_railmap4
ベルン付近 1985年版

下記サイトによれば、K+F社製交通地図の歴史は古く、1940年頃に「スイス交通・鉄道地図 Schweiz Verkehrs- und Eisenbahnkarte」として刊行されたのが最初のようだ。地図の縮尺は1:300,000だった。これは第二次大戦後の1954年に第2版が作られ、数年間隔で改訂版の刊行が続けられたものの、1967年版が最終となった。

■参考サイト
www.bahn-bus-ch.de > Bibliographie Schweiz
http://www.bahn-bus-ch.de/bahnen/biblio-l.html

一方、1963年に、「スイス交通企業地図 Karte der Schweizerischen Transportunternehmungen」が刊行されている。SBBが資料提供し、連邦地形測量所 Eidgenössische Landestopographie(原語は当時の名称)、すなわちスイスの国土地理院が刊行した官製の主題図だ。縮尺は1:333,333で、図上3cmが実長10kmに相当する。記号の形状や配色は異なるものの、地勢を表すベースマップの上に鉄道、バス、索道等の路線が描かれるスタイルはK+F社版と似ている。これは1975年に次の版が出た。

Blog_swiss_railmap5
スイス交通企業地図 1975年版の一部

Blog_swiss_railmap6
スイス鉄道地図
1985年版

年代や図式等から見て、これらの流れを受け継いで創刊されたのが、今に続くK+F社版「スイス公共交通地図」と考えてよさそうだ。筆者の手元に、初版である1985年刊行の「スイス鉄道地図 Bahnkarte Schweiz」があるが、副題の「スイス連邦鉄道公式地図 Offizielle Karte der Schweizerischen Bundesbahnen」が、SBBの肝煎りであることを示している。地図の縮尺は端数なしの1:300,000ながら、明らかに2007年まで続いた公式地図と同一の図版だ。連邦地形測量所の許可で複製したと注記があるので、図版の製作元は地形測量所なのだろう。

次の1988年版で、縮尺が1:301,000と初めて奇妙な端数がつく。この地図にとどまらず、K+F社刊行の他のスイス全図も同じ1:301,000だった。製版の過程で0.33%図版が縮んだのかどうかは知らないが、この程度の誤差なら実用的に問題が生じるレベルではない。

Blog_swiss_railmap7
公共交通地図
1994年版

第3版に当たる1994年版では「公共交通地図」(背表紙にその文言が刷られている)、2000年版で「公共交通公式地図」と名乗るようになる。地図にはもともと私鉄やバスの路線も描かれていたので、より的確な名称に改めたということかもしれない。それでもSBBのロゴはついたままで、2003年、2007年と版が重ねられた。

こうして系譜をたどってくると、冒頭紹介した2013年版が、1985年の初版刊行以来の大規模な変化であることが納得していただけるだろう。縮尺を含めて図式ががらりと変わり、ベースマップも色を重ねないグレー1色のものに差替えられた。そして何よりSBBのロゴが消え、鉄道会社監修の看板が下ろされたのが大きい。公式地図のポジションは、次回紹介する「トラフィマージュ」に取って代わられたからだ。

新図式では、どの公共交通も対等に扱おうというのか、鉄道路線だけを目立たせることはしていない。しかし、バス路線を鉄道網と連絡し、それを補完するものと考えるなら、配色にはもう一段の工夫があってもいいのではないだろうか。

この地図は、日本のアマゾンや紀伊國屋といったショッピングサイトでも扱っている。

(2006年10月12日付「スイスの鉄道地図 I」を全面改稿)

■参考サイト
Swisstravelcenter.ch  http://www.swisstravelcenter.ch/
 上部メニューのKümmerly+Frey > Thematische Karten > Schweiz Karte des Öffentlichen Verkehrs

★本ブログ内の関連記事
 スイスの鉄道地図 II-トラフィマージュ
 スイスの鉄道地図 III-シュヴェーアス+ヴァル社
 スイスの鉄道地図 IV-ウェブ版

 スイスの鉄道時刻表

 K+F社のその他の鉄道地図は、下記で紹介している。
 ドイツの鉄道地図 V-キュマリー+フライ社
 ヨーロッパの鉄道地図 IV-キュマリー+フライ社

2013年9月 1日 (日)

ヨーロッパの鉄道地図 VI-シュヴェーアス+ヴァル社

ドイツを皮切りに国別の鉄道地図帳をこれまで4種刊行してきたシュヴェーアス・ウント・ヴァル社 Verlag Schweers+Wall。次はどの国が対象になるのかと心待ちにしていたところ、2013年5月の新刊は、予想を裏切って欧州連合(EU)諸国すべてがテーマだった。タイトルは「EU鉄道地図帳 Eisenbahnatlas EU」、判型23.5×27.5 cm、152ページの頑丈な上製本だ。

Blog_europeanrailatlas5
EU鉄道地図帳 (左)表紙 (右)裏表紙

対象となるエリアは国でいうと、フィンランド、バルト三国からルーマニア、ブルガリアに至る南北のラインより西側になる。この範囲にはEU非加盟のノルウェー、スイス、バルカン諸国も含まれるが、これらは分け隔てなく描かれている。

EU鉄道地図帳の構成は大きく5部に分けられる。第1部はEU諸国の鉄道をテーマごとに説明文と主題図で概観する19ページ。第2部はメインのEU鉄道地図で、縮尺が1:2,000,000(200万分の1)に統一され、50ページある。第3部は主要都市の拡大図(縮尺非表示)で22ページ。第4部は高速線やトラム・地下鉄の導入都市の分布など、メインの鉄道地図を補足する主題図を集めた8ページ。第5部は地名(駅名)索引、用語集、各国の鉄道事業者一覧など文字資料が中心だ。

鉄道地図帳というと、路線網や駅を描く地図を綴った冊子だと理解している人も多いのではないだろうか。しかし、今回の地図帳はそれだけの機能にとどまらない。路線図をメインに据えながらも、むしろEUの鉄道に関する各種データを可能な限り地図上に表現した、いわば社会科地図帳のような資料集になっている。その特色を端的に示すのが第1部で、鉄道のさまざまな側面を捉えた主題図が目白押しだ。

初めに、線路の通行方向を示した図がある。おおむねベルギー、フランス、スイス、イタリアから西が左側通行だが、スウェーデンは右側陣営に囲まれた左側(道路も1967年まで左側だった)、スペインは左側陣営ながら東南部は右側など、地図ならではその区分が一目瞭然だ。また、各国の線路軌間を示した図では、その国の標準的な軌間で塗り分けるだけでなく、点在する狭軌線をドットの色分けで示していて、分布状況がよくわかる。

ほかにも電化方式、列車保安方式などの図が並んでいるが、これらは基本情報というべきものだろう。独自色が強く出ているのは、鉄道に関するEUの重点政策を示した地図群だ。

示されるテーマの一つは、この間加盟各国で導入されてきたオープンアクセスだ。これは、列車運行事業への参入自由化のことで、従来一体的に運営されてきた線路等のインフラ管理と列車運行を分離する、いわゆる上下分離とセットで実施される改革だ。地図では、貨物輸送における参入業者(ドイツ語でEVU=鉄道輸送企業)の数や、旧国鉄である鉄道企業による他国の鉄道輸送事業への進出状況、各国の上下分離の方式などが図示され、EU諸国における鉄道改革の概要が把握できる。なお、インフラ管理企業の名称や形態、所管する線路延長、あるいは列車運行企業の名称などについては、巻末の文字資料に詳細データがある。

もう一つのテーマは、同じくEUのアクションプランである欧州広域輸送網だ。30の優先軸(指定路線)をもつTEN-V (英語ではTEN-T、Trans-European Transport Networks) の路線図のほか、汎ヨーロッパ回廊 Pan-European Corridors (PAN-Corridors) の10路線や貨物輸送回廊などについても言及がある。関連して、アルプスを横断する各ルートの改良計画を含めた平面図や断面図も用意されている。ざっと目を通すだけでも、進境著しい欧州鉄道の今を知ることができるだろう。

Blog_europeanrailatlas5_detail
ベルギー東部~ドイツ中央部 (裏表紙の一部を拡大)

さて、第1部だけに紙幅を費やすわけにはいかない。メインの鉄道地図の出来栄えはどうなのか(上写真はそのサンプル)。よく似た範囲を収録したマイク・G・ボール Mike G. Ball 氏の鉄道地図帳と比較しながら見ていこう。

*注 ボール地図帳の詳細については、本ブログ「ヨーロッパの鉄道地図 I-ボール鉄道地図帳」参照

EU地図帳の1:2,000,000(200万分の1)という縮尺は、ボール地図帳(国によって縮尺が異なるが、ドイツ1:1,000,000、フランス1:1 800,000程度)に比べて小さい。ドイツ、フランス、スペインといった大国でも見開き2枚分、計4ページにおおむね収まってしまう。これは広域を見渡すには好都合だが、細部の表現には限界がある。そのため、鉄道路線網は特に都市域では省略が見受けられるし、駅の表示も2つ以上の路線の接続駅が中心だ。この点ではBall地図帳のほうに分がある。

単線・複線や軌間の違いは線の形状で、電化方式は線の色で区分される。加えて操車場、貨物駅、車両工場、軌間変更などの位置は、添えられた記号でわかる。これは両地図帳とも同じような方式だ。ただBall地図帳の記号デザインが少々難解なのに対して、EU地図帳は同社の従来の国別地図帳とほぼ揃えてあるので、愛読者にはとっつきやすいだろう。

もちろんEU地図帳には、ボール地図帳にない特色もある。たとえば、先述したヨーロッパ広域輸送網に該当するルートには、TEN1、PAN V(Vは5の意)などのラベルが添えてある。いくつかの国では路線番号(時刻表番号ではない)が振られている。第3部にまとめられた主要都市の拡大図もたいへん有益だ。縮尺の関係があってか、トラムや地下鉄まで記載した例はわずかだが、都市に集まってくる幹線鉄道群を確かめていくだけでも興味深いし、土地勘を養う助けにもなるに違いない。

この地図帳の記述は、地図の凡例が独仏伊英の4か国語になっているほかは、すべてドイツ語だ。そのために筆者などは辞書を引きながらの読書を強いられるのだが、言葉に通じていなくても、メインの鉄道地図は十分役に立つ。ここに次の高速新線が計画されているのか、ロシア広軌はここまで西へ延びているのかなどと、新たな発見がいくつもあるからだ。目下のところ、これはEU諸国を概観する鉄道地図帳としての決定版と言えるのではないだろうか。

この地図帳は、アマゾン、紀伊國屋といった日本のオンライン書店でも取り扱っている。

■参考サイト
シュヴェーアス・ウント・ヴァル社 http://www.schweers-wall.de/

Blog_europeanrailatlas6

【追記 2015.9.5】
2015年3月に、イギリスのイアン・アラン出版社 Ian Allan Publishing から、上記EU鉄道地図帳の英語版「ヨーロッパ鉄道地図帳 Rail Atlas Europe」が出版された。

図版やページ建ては原書と同じだが、ドイツ語テキストがすべて英語に翻訳されている。価格が少々高く設定されているとはいえ(本日現在、日本のアマゾンでは前者が3286円、後者は5660円)、英語で読めるメリットは捨てがたい。

★本ブログ内の関連記事
 ヨーロッパの鉄道地図 I-ボール鉄道地図帳
 ヨーロッパの鉄道地図 II-トーマス・クック社
 ヨーロッパの鉄道地図 III-折図いろいろ
 ヨーロッパの鉄道地図 IV-キュマリー+フライ社
 ヨーロッパの鉄道地図 V-ウェブ版

 シュヴェーアス・ウント・ヴァル社の鉄道地図帳については、以下も参照。
 ドイツの鉄道地図 III-シュヴェーアス+ヴァル社
 スイスの鉄道地図 III-シュヴェーアス+ヴァル社
 オーストリアの鉄道地図 I
 イタリアの鉄道地図 II-シュヴェーアス+ヴァル社
 フランスの鉄道地図 VI-シュヴェーアス+ヴァル社

 イアン・アラン出版社の鉄道地図帳については、以下も参照。
 イギリスの鉄道地図 II-鉄道史を知る区分地図
 イギリスの鉄道地図 III-ボール鉄道地図帳

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

BLOG PARTS


無料ブログはココログ