« オーストリアの新しい1:250,000地形図 | トップページ | ドイツ 大砲鉄道 II-ルートを追って 前編 »

2011年11月 6日 (日)

ドイツ 大砲鉄道 I-幻の東西幹線

鉄道地図帳を眺めていると、時の経つのを忘れる。ページを繰りながらとりわけ注目するのは廃止線、休止線のたぐいだ。昔はこんなところに列車が走っていたのか、何のために敷かれたのだろう、と想像を巡らしてみる。資料に当たれば、鉄道が担った役割の向こうに、土地がもつさまざまな歴史事情が浮かび上がってくるのだ。

Blog_kanonenbahn_map1
中央部に
"Kanonenbahn"の注記

この鉄道を知ることになったきっかけも、そうだった。ドイツ中央部の鉄道地図(下注)を開いていた時に、カッセル Kassel の近くで「カノーネンバーン Kanonenbahn」と注記された廃止線が描かれているのに気付いた。北東から南西に向かうルートをたどっていくと、けっこう遠くまで伸び、しかも南北方向の2本の幹線と立体交差している。900~1500mといった長めのトンネルを連ねて幾山を越えているところも、ただのローカル線とは思えなかった。

*注 「ドイツ鉄道地図帳 Eisenbahnatlas Deutschland」。この地図帳については、本ブログ「ドイツの鉄道地図 III-シュヴェーアス・ウント・ヴァル社」で詳述。

いったいどんな素性を秘めているのだろうか。興味を掻き立てられて、てっとり早くウィキペディアで調べてみると、「カノーネンバーンは、ギュステン Güsten、ヴェッツラー Wetzlar、コブレンツ Koblenz およびトリーア Trier を経由してベルリン Berlin ~メス Metz 間を結んだ軍事戦略鉄道の俗称である。軍事戦略目的で建設された鉄道はほかにもあるが、なかでもこのベルリン~メス連絡線が最もよく知られている。」(ウィキペディア、ドイツ語版から翻訳引用)

図1 カノーネンバーン(大砲鉄道)路線図
Blog_kanonenbahn_map2

起点のベルリンはプロイセン王国以来、ドイツの首都に位置付けられている。終点のメス(ドイツ語読みはメッツ)は現在フランス、ロレーヌ地方の中心都市だが、1870~71年の戦いで敗れたフランスは、メスを含むアルザス=ロレーヌをプロイセンに割譲していた(下注)。つまり、あの廃止線は一介のローカル線どころか、首都と領土西端の主要都市を直結するために構想された全長805kmに及ぶ壮大な幹線鉄道プロジェクトの一部だったのだ(図1参照)。

*注 割譲されたロレーヌは、本来のロレーヌ地方の東半分に当る。この地域がフランスに復するのは第一次大戦後になる(1919年のヴェルサイユ条約で確定)が、その後第二次大戦でもドイツの占領下に置かれた。

この普仏戦争の後、プロイセンは周辺諸邦とともに連邦制のドイツ帝国 Deutsches Kaiserreich を築きあげるのだが、アルザス=ロレーヌ(ドイツ語でエルザス=ロートリンゲン Elsaß-Lothringen)は帝国直轄州(ライヒスラント Reichsland)とされ、実質的にプロイセンが支配した。なぜなら、この地は鉄鉱石や石炭を産する重要な鉱工業地域であり、また敵国フランスと接する西部国境の最前線だったからだ。鉄道が計画された理由もそこに見出すことができる。

ベルリンから西へ向かい、モーゼル川流域を到達点とする鉄道路線は、早くも1855年には提唱されていたというが、具体的な建設計画として議会に提案されたのは、普仏戦争終結後の1872年だ。フランスからの賠償金を建設資金の一部に充当することで、計画は一気に現実的なものとなった。鉄道は、新幹線のようにすべて新規に建設されたわけではなく、805kmのうち新線は511kmで、それ以外は既存線の活用あるいは改良で補った。

図2 建設当時の状況
Blog_kanonenbahn_map3

その状況は図2のとおりだ。まず、新設線は次の4区間に分けられる。

1.通称ヴェッツラー鉄道 Wetzlarer Bahn(188km)
 ベルリン市内を出て直線コースでブランケンハイム Blankenheim まで
2.ジルバーハウゼン分岐駅 Silberhausen-Trennungsbahnhof ~トライザ Treysa 間(122km)
 最急20‰勾配の峠道が点在する山あいの区間
3.ロラー Lollar ~ヴェッツラー Wetzlar 間(18km)
 ギーセン Gießen の町をバイパスする
4.モーゼル線 Moselstrecke および上モーゼル線 Obermoselstrecke(188km)
 ライン右岸のホーエンライン Hohenrhein からコブレンツを経由し、モーゼル川に沿ってロレーヌ地方のディーデンホーフェン Diedenhofen(仏名ティオンヴィル Thionville)まで

その間は以下の既存線5区間でつないだ。

1.ブランケンハイム~ライネフェルデ Leinefelde間
 1860年代に完成していたハレ~カッセル線 Halle-Kasseler Eisenbahn (Hauptbahn Cassel–Halle) を利用
2.ライネフェルデ~ジルバーハウゼン分岐までの短区間
 ゴータ~ライネフェルデ線 Bahnstrecke Gotha-Leinefelde を利用
3.トライザ Treysa ~ロラー Lollar 間
 1850年から運行されているマイン・ヴェーザー鉄道 Main-Weser-Bahn を利用
4.ヴェッツラー Wetzlar ~ホーエンライン Hohenrhein 間
 1858~63年にかけて造られたラーンタール鉄道 Lahntalbahn を使い、複線に改良
5.終端となるディーデンホーフェン~メス間
 フランスの東部鉄道会社 Compagnie des Chemins de fer de l'Est が1854年に開通させていた路線に乗入れ

新規区間は1875年から順次完成し、1880年5月15日、ジルバーハウゼン分岐駅~エシュヴェーゲ Eschwege 間を最後に全線が開通した。ただし、この時点でベルリン市内のシャルロッテンブルク Charlottenburg ~グルーネヴァルト Grunewald 間3.1kmだけは未完成で、同区間が通じる1882年まで、列車はベルリンのポツダム駅 Potsdamer Bahnhof から出発したという。

カノーネンバーンのカノーネン Kanonen は、ドイツ語で大砲(複数形)を意味する。有事の際に兵器や兵士を戦地へ運ぶ目的で造られた路線だから、「大砲鉄道」と呼ばれてきたのだが、あだ名には別の隠喩が込められているようにも思う。つまり、大砲しか運ぶものがなかった鉄道という含意だ。

総じて戦略的鉄道は、長大な軍用貨物列車が頻繁に往来しても支障がないように、待避線は長く、勾配は緩く、可能な限り複線で建設される。それとともに、列車が輻輳する市街地を迂回するルートを採用することが多い。この鉄道も、地図でもわかるとおり、マクデブルク Magdeburg やカッセル Kassel といった主要都市を避けるようにして敷かれている。このことは路線の平時における利用価値を低下させ、せっかくの立派な施設をなかば遊休化させてしまう原因となった。

開通当時からベルリン~ブランケンハイム間では定期列車が設定されない区間があり、ライネフェルデ~トライザ間は軍用列車も避けて、カッセル回りのルートを選んだと言われる。勾配区間の多さとともにライネフェルデ駅での方向転換(すなわち機関車付け替えの手間)が嫌われたのだろう。また後には、列車頻度に応じて、片方の線路を撤去して単線に戻す区間も現れた。ジルバーハウゼン分岐駅~トライザ間やラーンタール鉄道の一部区間がそうだ。

図3 現在の状況
Blog_kanonenbahn_map4

2010年現在の状況(下注)を図3に示した。当時の新設線のうち今も活用されているのは、たまたま都市間連絡の機能を担うことができた区間に限られる(図の濃い赤線)。まずベルリン~ヴィーゼンブルク Wiesenburg 間、ここはデッサウ Dessau 方面への定期旅客列車のルートとして定着した。ギュステン Güsten ~ブランケンハイム間は、マクデブルク Magdeburg とエアフルト Erfurt を結ぶ列車の経路になっている。コブレンツ Koblenz ~トリーア Trier 間はルクセンブルク方面へのインターシティが走る幹線に成長し、トリーア~メス間にも国際列車の設定がある。しかし、それ以外の区間(図の淡い赤線)は実質的にローカル線の状況のまま、衰退の一途をたどった。

*注 ドイツ鉄道公式サイトの路線図 Streckenkarte による。

中でも、ジルバーハウゼン分岐駅~エシュヴェーゲ間は悲運をかこった区間だ。直通列車をカッセル経由の幹線から奪えなかっただけでなく、第二次大戦とそれに続く東西冷戦の影響をまともに蒙ったからだ。戦争末期に沿線のフリーダ川 Frieda を渡る鉄橋が爆撃を受け、レールが分断されてしまう。さらに、東西ドイツの国境が鉄道を横切って設定されたため、鉄橋とその前後区間は二度と復旧されなかった。ローカル列車の運行は東西両側に分かれて細々と続けられたものの、いずれも1990年代になって廃止の最終宣告が下された。

Blog_kanonenbahn_map6 ところで、この鉄道はどれほどの規模で建設されたのだろうか。締めくくりにあたって、それを少しでも想像できる写真を紹介しておこう(下記参考サイト)。場所は、上で述べた分断地点の東側、山懐に抱かれたレンゲンフェルト・ウンテルム・シュタイン Lengenfeld unterm Stein の村だ。東の分水界から長い下り坂を降りてきた線路が、村を巻くように半回転している。その途中、家並みと小川をまたぎ越しているのが、6つの逆アーチ(魚腹トラス)を連ねた複線幅の堂々たる高架橋だ。長さ237m、高さ24m、集落からはまさに仰ぎ見る位置にある。

■参考サイト
ウィキペディア(ドイツ語版)レンゲンフェルト橋梁の写真
http://de.wikipedia.org/w/index.php?title=Datei:Viadukt_Lengenfeld.JPG
http://de.wikipedia.org/w/index.php?title=Datei:Lengenfeld_Frieda.jpg
レンゲンフェルト付近のGoogle地図
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&ie=UTF8&ll=51.2128,10.2221&z=16

このような立派な構造物を地表に遺したまま、歴史のかなたに消え去った大砲鉄道。次回はそのルートと現況を、地形図と照合しながら見ていきたい。

本稿は、参考サイトに挙げたウェブサイト、Wikipediaドイツ語版の記事(Kanonenbahn, Berlin-Blankenheimer Eisenbahn, Bahnstrecke_Leinefelde–Treysa, Bahnstrecke Lollar–Wetzlar, Lahntalbahn, Moselstrecke)およびドイツ語版に対応する英語版の記事を参照して記述した。
レンゲンフェルトの地形図は、ドイツ連邦官製1:200,000 CC4726 Goslar(1987年版)を用いた。(c) Bundesamt für Kartographie und Geodäsie.

★本ブログ内の関連記事
 ドイツ 大砲鉄道 II-ルートを追って 前編
 ドイツ 大砲鉄道 III-ルートを追って 後編
 ウィスキー・ウォッカ線-国境を動かした鉄道
 ロッセタール鉄道-6線軌条を行くトラム
 モーゼル渓谷を遡る鉄道 I
 モーゼル渓谷を遡る鉄道 II

 ドイツの鉄道地図 IV-ウェブ版

 軍事戦略鉄道の経歴を持つ路線として
 ベルギー フェン鉄道-飛び地を従えた鉄道の歴史 I
 ヴータッハタール鉄道 I -丘のアルブラ越え
 ヴータッハタール鉄道 II-ルートを追って

« オーストリアの新しい1:250,000地形図 | トップページ | ドイツ 大砲鉄道 II-ルートを追って 前編 »

廃線跡」カテゴリの記事

西ヨーロッパの鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オーストリアの新しい1:250,000地形図 | トップページ | ドイツ 大砲鉄道 II-ルートを追って 前編 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BLOG PARTS


無料ブログはココログ