« スウェーデンの地形図 | トップページ | スウェーデンの道路・旅行地図と地形図地図帳 »

2010年6月24日 (木)

スウェーデンの山岳地図

Blog_sweden_fjallkartan_index スカンジナビア半島の背骨をなす山岳地帯を、スウェーデンとノルウェーが東西に分け合う。同じ山の続きでも両者の風景はずいぶん違う。端的に表現するなら、西のノルウェー側は垂直方向へ展開するのに対して、東のスウェーデン側は水平方向に広がっている。それは川の表情でもわかる。東側の山地(特に上流域)では、川は広い谷間を悠然と流れ下っていく。途中、谷に沿う細長い湖や湿地が横たわり、水の流れはしばしば停滞する。氷河が置いていったモレーン(堆石)が川を堰き止めているのだが、それによって長さ50kmも続くような湖ができるのも、谷の勾配が緩やかな証拠だ。

スウェーデンの地形図は、この山岳地域だけ仕様が異なり、紫の表紙に「山岳地図 Fjällkartan」の名称で刊行されている。通常の地形図に山岳レジャーの必要情報を追加してあるので、内容としては他国の旅行地図(旅行情報を加えた地形図)と同様のものだ。ただ、ノルウェーやドイツなどの場合は同じエリアで通常の地形図と旅行地図の両方が手に入るが、この国では両者の刊行区域がはっきり分かれている。山地に入って地形図を使うのは、ほとんど山岳レジャーの愛好家だと割り切っているのだろう。

Blog_sweden_fjallkartan100k_old1 同国の山岳地図のルーツは1930年代に遡る。このころ旅行や野外生活への関心が高まり始めたことを受けて、16点が刊行されたのが最初だという。筆者が初めて目にしたのは、内外交易による教材用外国地形図セット(1978年)に含まれていた1:100,000山岳地図「ケブネカイセ Kebnekaise」だった。ケブネカイセは同国の最高峰の名で、標高は2106m(下注1)、代表的なトレッキングルート「王様の散歩道(クングスレーデン Kungsleden)」(下注2)で目指す目的地にもなっている。地図は、旧 陸地測量部 Rikets allmänna kartverk の製作で、丈夫なコート紙を使った立派なものだった。地勢を強調する手描きのぼかし(陰影)は絵画的な美しさを湛え、暗めの色使いと濃い山影が北極圏の厳しい気候も連想させた。

*注1 ケブネカイセ(南峰)は山頂が氷河で覆われているため、標高が常に変化する。文献によって数値が異なるのはそのためだ。官製山岳地図では、8月測定値の10年間平均で表示しているという。

*注2 王様の散歩道は、ラップランドの山岳地帯を縦走するトレッキングルートで、アビスコ Abisko ~クヴィックヨック Kvikkjokk 間425km。スウェーデン旅行協会 Svenska Turistföreningen (STF) が1899~1926年に整備して知られるようになった。日本語訳はいかにも詩的だが、散歩道どころか本格的な山岳路だ。

Blog_sweden_fjallkartan100k_old2 当時に比べて山岳地図1面の図郭はかなり拡大され、まとまりのある地域を収めるために、相互に重複を持たせている。図番も、県(レーンlän)のコードと数字連番を組合せたものになった(冒頭の索引図参照)。筆者の手元にある「アビスコ-ケブネカイセ-ナルヴィク Abisko-Kebnekaise-Narvik」図葉の1994年版(右写真はその表紙)を見ると、色調が思い切って明るくなり、スカンジナビアよりピレネーの山々に似合いそうだ。スイスの官製図と同様、ぼかしは光の当たる部分に1色、影になる部分にもう1色使っているので、その組合せ次第で地図の表情がこれほど違うものになるのだ。

*注 県のコードは県名の頭文字などではなく、ストックホルム県をA(現在はAB)としてアルファベットを機械的に付与している。なお、ヴェステルボッテン Västerbotten 県はAC、ノールボッテン Norrbotten 県はBD。

旧図ではトレッキングルートに黒色が当てられていたが、1980年代以降は紫を用いて目立たせている。トレッキングルートの記号は、整備されたものが通年用と冬用、夏用、それに標識はないが推奨するルートという4種に分類され、冬用の一部はスノーモービルの表示も添えられている。その他紫色を使っているのは、山小屋など宿泊施設の記号、スキートレール、橋、渡渉地点、駐車場、キャラバンサイト、緊急電話、また緑を使っているのは、密な植生 tät vegetation(迷い込まないようにするため)と国立公園の境界などだ。

さらに裏面全面が、山岳安全協議会 Fjällsäkerhetsrådet の提供による山岳情報のスペースに充てられている。余白に配された雄大な山のカラー写真も旅心を誘う。このように山に入るための情報が網羅されているのだが、記述のほとんどがスウェーデン語で、英語やドイツ語が併記されているのは、地図の凡例を除くと公共通行権に関する注意だけというのが惜しい。幸い、同協議会やスウェーデン旅行協会のウェブサイトでは、これら山岳地域についての詳細情報を英語でも提供しているので、実際に出かけるなら、そちらを参照されたい(下記参考サイト)。

Blog_sweden_fjallkartan100k なお、最新の山岳地図は、表紙が他の地形図シリーズに合わせて新装されている(右写真はサーレク国立公園 Sareks nationalpark、2009年2月版)。表紙に刊行年月が入り、掲載された情報がどの時点のものかがすぐにわかるようになったのは、大きな進歩だ。地図から受ける印象も以前と違うように思うのは、ぼかしが影を表す1色だけになったからだろう。それ以外は情報内容に変化はない。この山岳地図シリーズは全部で25面を数えるが、まだ欠番が存在する。

Blog_sweden_fjallkartan50k ところで、スウェーデン中部のイェムトランド Jämtland、ダーラナ Dalarna 両県の山間部では、上記の1:100,000の図郭にだぶらせて、縮尺1:50,000の山岳地図も16面刊行中だ。もともとこの地域の1:50,000地形図は旅行情報が入った特別版だったので、その後継ということらしい。ただし、地形図に地勢を示すぼかしがなく(すなわち通常の地形図のまま)、裏面の文字情報も省かれているなど、1:100,000の山岳地図に比べると簡易仕様になっている。

これらの山岳地図は、地形図と同様、カートブティーケン Kartbutiken(地図販売所の意)のサイトから容易に入手できる。

Blog_sweden_fjallkartan_kpn なお、「王様の散歩道」の主要部については、KartPoolen i Norr(北部地域地図組合の意)が独自の1:50,000~1:75,000山岳地図を刊行している(右写真はその一つ。ケブネカイセ~アビスコ2枚組。左が別刷りカバー、右は索引図)。等高線間隔は20mで、トレッキングルートをはじめ、山小屋、キャンプ地などの旅行情報が記号化されている。官製山岳地図より大縮尺であるという意味で、利用価値がある。これもカートブティーケンで扱っている。

■参考サイト
国土測量庁 http://www.lantmateriet.se/
 英語版サイトもあるが、印刷地図に関する情報はスウェーデン語版のみ。
 トップページ > kartor > Kartor och geografisk information > Fjällkarta > Trykt Fjällkarta
 (Tryktは英語のprintedに当る)
カートブティーケン http://www.kartbutiken.se/ 英語版あり

スウェーデン旅行協会 Svenska Turistföreningen (STF)
http://www.svenskaturistforeningen.se/
 英語版、ドイツ語版あり。主要トレッキングルートの解説とルートマップ(概略)がある。
同協会による「王様の散歩道」ルート全体図
http://www.svenskaturistforeningen.se/sv/upptack/Omraden/Lappland/Kungsleden/Karta/
区間ごとのルートマップもある。下記はアビスコ~ニッカルオクタ Nikkaluokta 間の例
http://www.svenskaturistforeningen.se/sv/upptack/Omraden/Lappland/Kungsleden/Turforslag/Karta/
山岳安全協議会 Fjällsäkerhetsrådet  http://www.fjallsakerhetsradet.se/
 英語版でも、山に入る際の各種心得、気候、地図についての解説がある。

KartPoolen i Norr  http://www.kartpoolen.se/

★本ブログ内の関連記事
 スウェーデンの地形図
 スウェーデンの道路・旅行地図と地形図地図帳

 ノルウェーの旅行地図
 フィンランドの旅行地図

« スウェーデンの地形図 | トップページ | スウェーデンの道路・旅行地図と地形図地図帳 »

北ヨーロッパの地図」カテゴリの記事

旅行地図」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

スウェーデン北部のトレッキングを考えています。

山岳地図は、上記の"kartbutiken"のサイトから容易に入手できます、とありましたが、それは日本へも発送していただけるということでしょうか。

ご質問いただいた件ですが、Kartbutikenはもちろん日本へも発送してくれます。私がこのブログで扱ったスウェーデンの地形図はすべてここから買いました。
英語版ページが用意されているので、英米の通販と同じような手順で発注でき、国外へは非課税のため表示価格から15%引き、送料も比較的安く、良心的なサイトです。

ありがとうございます!!

"Help"欄が、スウェーデン語のページしかなく、「どうしたものか」と思っていたので良かったです。

ちなみに、
地図の種類で、"flat sheets"と"folded"とあるのは、
「折目のない地図」と「小さく折りたたんであるもの」という理解でよろしいでしょうか。

あと、注文から実際に着くまでには、
何ヶ月かかかるものでしょうか。

(質問ばかりで申し訳ありません)


ご推測の通り、flat sheetsは折っていない地図で、ポスターのように丸めて筒に入れた形で発送されます。foldedは折り畳んだ地図ですので、封筒に入ります。当然、送料は後者のほうが安くなります。
Kartbutikenの場合、発送は特に指示しない限りprioritaire(航空便)扱いです。私は何度か利用しましたが、いずれも注文から2週間前後で届きました。

ありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スウェーデンの地形図 | トップページ | スウェーデンの道路・旅行地図と地形図地図帳 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

BLOG PARTS


無料ブログはココログ