« ノルウェーの旅行地図 | トップページ | デンマークの鉄道地図 »

2010年4月29日 (木)

スヴァールバル諸島の地形図

Blog_svalbard スヴァールバル諸島 Svalbard は北極海に浮かぶ世界最北の陸地の一つで、北の端は北緯80度50分に達する。主な島は大きい順に、スピッツベルゲン島(ノルウェー語ではスピッツバルゲン Spitsbergen)、北東島(同 ノールアウストランネ Nordaustlandet)、エッジ島(同 エドゲオイヤ Edgeøya)などだ。高緯度にあるため、メルカトル図法で描いた世界地図では巨大な姿をしている。しかし、実際の総面積は、日本の四国地方と九州地方(沖縄を除く)を足したものに近い61,000平方kmだ。

諸島はすでに17世紀には捕鯨基地として使われていたが、長らくどの国にも属していなかった。ノルウェーの主権が確定したのは、1920年に調印されたスヴァールバル条約による。同時に条約では、締結国の国民もノルウェー国民と等しく経済活動に従事する権利を持つことや、軍事利用の禁止など、主権の行使に一定の制約が課せられた。おそらくそのことが影響しているのだろう。諸島の地形図、地質図の作成業務は、本土の官製地図の作成元であるノルウェー地図局 Statens Kartverk ではなく、トロムソ Tromsø に本拠を置くノルウェー極地研究所 Norsk Polarinstitutt が担っている。

研究所は、気候変動、環境汚染、生物調査など同国における極地研究の中心的機関だ。スピッツベルゲン島のニーオーレスン Ny-Ålesund にも調査基地を置くとはいえ、なぜ国の測量業務まで代行しているのだろうか。それは、研究所の起源に関わりがある。現在の名称となったのは、業務範囲に南極(同国が領有を主張していたドロニング・モード・ラン Dronning Maud Land)が加えられた1948年だが、それ以前は、ノルウェー スヴァールバル・北極海研究調査所 Norges Svalbard- og Ishavsundersøkelser, NSIU と称し、北極圏の地図・海図作成と地質調査を目的とする組織だったのだ。

ノルウェー極地研究所の公式サイトで、スヴァールバル諸島の地理的特徴を紹介している。それによると、諸島は地表の6割までが氷で覆われていて、植生のあるのは1割に満たない。永久凍土の深さは450mに達し、夏も表面から最大1mが融けるだけだ。しかしこれでも、気候は同緯度の他の地域より温和だという。それは、暖かい北大西洋海流が達しているからで、スピッツベルゲンの西側のフィヨルドは、冬でもかなりの期間結氷しない。それで、調査基地は別として、集落はこの地域にのみ立地している。

Blog_svalbard_1000kそうはいっても、1年のうち白夜4か月、極夜4か月という、住むには極めて厳しい条件の土地だ。総人口は2600人程度に過ぎない。しかし、地形図については、氷河や無人の小島も含めて全域で整備されていて、図化のクオリティも高い。諸島全域をカバーする最大縮尺は1:100,000だが、資源探査の目的でもないかぎり需要はないと思うので、本稿では旅行者向けに編集された2種類の地形図を紹介しよう。

1つは、諸島を1枚に収める1:1,000,000(100万分の1)だ。諸島と本土の中間にある離島ベアー島(ノルウェー語でビョルノイヤ Bjørnøya)は挿図になっている。地勢表現は地味ながら、細部まで美しい。200m間隔の等高線とぼかし(陰影)が併用され、緩傾斜地はベージュ、山地はコルク色、氷河は白で塗られている。海域には等深線も描かれており、自然地名を英訳した用語解が付されているのも親切だ。スピッツベルゲンという地名は尖った山々を意味するが、この地図からは、名付け親のオランダの探検家が目撃したような、氷河の上に黒々とそそりたつ岩峰の群れを容易に想像することができる。右上の写真は、筆者の手元にある、片面に地形図だけを印刷したものだが、旅行地図 Turistkart と題して、旅行情報を付加した特別版も刊行されている。

Blog_svalbard_200k_turkart 2つ目は、スピッツベルゲン島中央部、ノーレンスキエル・ラン Nordenskiöld Land と呼ばれる半島を描いた縮尺1:200,000の旅行地図だ(右写真)。先述のとおり、人口の大半はこの地域にある2つの町、行政の中心ロングイェールビーン Longyearbyen と、ロシア人の鉱山町バレンツブルグ Barentsburg に集中しているので、旅先での行動範囲をカバーする地図ということになる。縮尺の近い1:250,000も刊行されているが、それに比べて、施設の記号が多く、スノーモービルのルート、危険地域の表示が付加されるなど、旅行地図としての配慮が窺える。

地勢表現は、50m間隔の等高線とぼかしの併用で、地表面の塗分けは1:1,000,000の方法に準じている。この縮尺であれば、地勢を大づかみすることと、地形をある程度詳しく知ることの両方が叶う。たとえば、全体を眺めると、西から東に行くに従って氷河の面積が拡大しているので、両岸の気候の違いが推測できる。併せて、約10年の間に起きた氷河の先端位置の変化にも注目だ。細部を見れば、モレーンが堆積するさまや、歌舞伎で投げられる蜘蛛の糸のように扇状地を流れ下る無数の水流など、自然のさまざまな造形が読み取れる。もちろん、集落、道路、教会、鉱山、灯台など人工物も明瞭に描かれている。しかし、図全体からすれば実にささやかなものだ。

これらの地図は、ノルウェーの官製地図(民間に移管した旅行地図等を含む)の販売サイトであるカルトブティッケン kartbutikken.no、イギリスの地図商スタンフォーズ Stanfords などで扱っている。

■参考サイト
ノルウェー極地研究所 http://www.npolar.no/
 1:100 000地形図の索引図とリスト
  http://npweb.npolar.no/english/subjects/topo_svalbard100000

カルトブティッケン http://www.kartbutikken.no/
スヴァールバル観光協会 http://www.svalbard.net/

本稿で取り上げなかった地形図については、「官製地図を求めて-スヴァールバル諸島」参照。

★本ブログ内の関連記事
 ノルウェーの地形図
 ノルウェーの旅行地図
 グリーンランドの地形図

« ノルウェーの旅行地図 | トップページ | デンマークの鉄道地図 »

北ヨーロッパの地図」カテゴリの記事

地形図」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノルウェーの旅行地図 | トップページ | デンマークの鉄道地図 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BLOG PARTS


無料ブログはココログ