« デンマークのサイクリング地図 | トップページ | グリーンランドのハイキング地図 »

2009年12月31日 (木)

グリーンランドの地形図

Blog_greenland_500k グリーンランドは南北約2800キロメートル、東西約1000キロメートルの広がりをもち、面積は日本全土の約6倍、いうまでもなく世界最大の島だ。その8割以上が雪と氷で覆われていて、中央部の標高は優に3000mを越えるものの、岩盤は堆積した氷の重みで海面下300mより低いところまで圧縮されているそうだ。人口は6万人足らずで、居住地のほとんどが島の南西部の、流氷が届かない沿岸に点在している。

行政的にはこの島全体がデンマークの自治領で、グリーンランド Greenland という名称もデンマーク語のグレンレン(グロンレン)Grønland を英語読みしたものだ。イヌイットの言葉であるグリーンランド語では、人々(=グリーンランド人)の土地を意味するカラーリット・ヌナート Kalaallit Nunaat と呼ぶ。それにしてもなぜホワイトランドとかではなく、グリーンランドなのだろうか。

西暦980年代、赤毛のエリク(エイリーク)という男がアイスランドで殺人を犯し、3年の追放刑に処せられた。海に出た彼はかねて噂のあった西方の土地を見つけることに成功し、いい名前にしたら人々が植民したくなるだろうと言って、グリーンランドと名づけた。というのがアイスランドのサーガ(古代・中世の物語)が伝える地名の由来だ。もっとも、彼の命名は誇張ではなく、実際に気候が温暖だったので植生が見られたのだという説もある。

いずれにしても、新しい住宅開発地を「緑ヶ丘」などと銘打つ現代人と動機は変わらないのだが、当時も、氷の島(アイスランド)より緑の島の名に惹かれた人は多かったらしく、25隻の船が西をめざした。しかし目的地に辿り着けたのは14隻だけだったという。

それはさておき、グリーンランドの地形図は、デンマークの測量機関である国土測量・地籍局 Kort- og Matrikelstyrelsen が作成している。2000年版のカタログによると、全島を1面でカバーするのは、1:5,000,000(500万分の1)と1:2,500,000(250万分の1)だ。前者は横57×縦69cmのサイズで、地勢を段彩(標高300m未満は緑、300~1500mは薄茶、1500m超は茶色)で表し、氷床は500m間隔の等高線を引いている。市街地や集落は人口別に正方形や円を使って示され、ほかに空港、測候所、水力発電所の記号が設けられている。後者はその拡大版で、72×120cmというかなり大判の用紙になる。

それに対して、基本図と言えるのが1:250,000だ。作成対象は西部と南東部の沿岸地域で、索引図によれば78面が予定されているが、71面が完成したところで中断したようだ。最も古いものはなんと1928年、最新でも1974年の編集で、更新作業は進んでいない。そもそもこの縮尺では、市街地が多少拡張した程度の変化は表せないし、集落間の交通手段は船か飛行機のため、道路は犬ぞり道 sledging route しか描かれていないという事情もあって、版を改める必要性が低いのだ。

地勢表現は、50m間隔(一部図葉は100m間隔+50mごとの補助曲線)の等高線と、200mまでは緑、それ以上はクリームイエローの段彩だ。氷床はもちろん白色で表され、等高線は末端部だけに施されている。どの図葉も、フィヨルドが複雑に入り組み、険しい山地が無数の湖を抱く荒涼とした光景を余すところなく表している。数少ない集落は大自然に埋もれてほとんど見分けがつかないのに、丸みを帯びた手描きの注記が人の温かみを感じさせるのがおもしろい。

しかし、残念ながらこれらの官製地図は、価格が高くて一般向きとは言えない。もし購入するなら、サーガマップスSagamapsの名で刊行されている普及版のほうをお薦めする。こちらはオリジナルの地形図を写真版で複製したもので、全島が1面で収まるシリーズは、1:11,800,000(1180万分の1)、1:10,000,000(1000万分の1)、1:7,100,000(710万分の1)、1:5,000,000(500万分の1)、1:2,500,000(250万分の1)の5種類がある。

また、区分図は1:500,000(ブルーシリーズ Blå Serie)と1:250,000(レッドシリーズ Rød Serie)の2種のシリーズがある。このうち1:500,000ブルーシリーズは12面あり、官製1:250 000を縮小して貼り合せたものだ。横70×縦59cmの用紙にマージンなしで印刷されている。冒頭の写真は、その索引図と首都ヌーク Nuuk 付近のサンプル図だ。

地図の表紙に「このシリーズは、ヴァイキングたちが西暦982年から500年間に足跡を印したエリアをカバーする」と書かれ、シリーズにつけたタイトルも「ヴァイキング極地航海シリーズ Viking Polar Cruise Series」と気宇壮大だ。サーガという名称といい、帆船のマークといい、間違いなく赤毛のエリクの物語がイメージされている。1/2に縮小した図面は広範囲を一望できるメリットがあるが、さすがに文字も等高線も細かすぎて見づらい。しかし、解像度は高いので、拡大鏡を用意すれば実用に支障ないだろう。

Blog_greenland_250k 一方、1:250,000レッドシリーズは官製地図を原寸で使用したもので、これも原図を集成して自由に図郭を設定して、全部で22面ある。島の西側は、南から北まで海岸線を完全にカバーするが、東側はごくわずかで、官製図が存在しても居住地のない地域は刊行対象とされていない。右写真はその索引図とサンプル図だ。

なお、この1:250,000を地域別に4面ずつセットにしたものや、全点セット、さらに冊子体に仕立てた「サーガ地形図地図帳 Saga Topografisk Atlas」もカタログに載っている。サーガマップスの地図は、先述のノーディスク社のみならず欧米の主要地図商でも扱っているので、比較的入手し易い。

次回は、グリーンランドのハイキング地図を紹介する。

■参考サイト
国土測量・地籍局(英語版) http://www.kms.dk/English/
サーガマップス http://www.greenland-guide.gl/sagamaps/
ノーディスク・コートハネル社 http://www.scanmaps.com/

「官製地図を求めて-グリーンランド」
http://map.on.coocan.jp/map/map_greenland.html

★本ブログ内の関連記事
 グリーンランドのハイキング地図
 デンマークの地形図
 スヴァールバル諸島の地形図

« デンマークのサイクリング地図 | トップページ | グリーンランドのハイキング地図 »

北ヨーロッパの地図」カテゴリの記事

地形図」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デンマークのサイクリング地図 | トップページ | グリーンランドのハイキング地図 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BLOG PARTS


無料ブログはココログ