« デンマークの地形図地図帳 | トップページ | デンマークのサイクリング地図 »

2009年12月18日 (金)

フェロー諸島の地形図

Blog_faroeislands

まず、フェロー諸島がどのあたりにあるかを知るために、1:200,000地図の表紙にある地図を掲げておこう。国名が略号で記されているので、フルネーム(ただし通称)を赤字で添えておいた。中央の FÆRØERNE (Faroe Islands) がフェロー諸島だ。デンマーク Denmark の自治領になっているが、地図で見てもデンマーク本国からはかなり遠く、イギリスでもノルウェーでもないのが不思議なくらいだ。なぜここがデンマーク領なのかという話をするには、14世紀まで時間を戻さなければならない。

その頃、北大西洋に浮かぶ島々、東からシェトランド Shetland、オークニー Orkney、フェロー諸島、アイスランド Iceland、そしてグリーンランド Greenland はすべて海の王国ノルウェー Norway の支配下にあった。沖合いに飛び石のように点在するこれらの島々は、ヴァイキングとその末裔が活躍する舞台だったのだ。

しかし1380年、ノルウェー王の死去をきっかけに、デンマーク国王がノルウェー王を兼ねる同君連合が成立する(1397年からスウェーデンも加わってカルマル同盟に)。デンマークが三国の盟主となる一方でノルウェーは衰退し、1536年、ついにデンマークの属州とされるに至る。シェトランドはそれより早く、浪費家の国王によってオークニーとともにスコットランド王へ借金の形に差し出されてしまった(1468~69年)ため、現在までイギリス領だが、残る島々はデンマークに属することになった、というわけだ(アイスランドの独立は1944年)。

大小18の島々で構成されるフェロー諸島は、周囲の島から300~400kmも離れた洋上にある。アイスランドと同様、海底の火山活動で生じた陸地は起伏が大きく、氷河による侵食を強く受けている。フィヨルドが北北西から南南東方向に伸びて島々を寸断し、平地は水没を免れたU字谷の底にわずかに残るだけだ。西側斜面は外洋の風波に容赦なく削られて、高さ数百mもの断崖が連続する。

地形図を手に取ると、そのような荒々しい地形が余すところなく観察できるのだが、それとともに注目したいのは、地形上の障壁を果敢に克服する道路網だ。玄武岩の山脈にあまたのトンネルが貫かれ、狭いフィヨルドには橋がかけられ、幅2kmもあるような海峡には海底トンネルが通る。空港のあるヴォーアル島 Vágar や、中心都市トースハウン Tórshavn のあるストレイモイ島 Streymoy など、北部の主要6島間はすでにクルマで行き来できるようになっている。独立志向の強い諸島を繋ぎ止めるために、公共投資が注ぎ込まれていることを窺わせる。

そのフェロー諸島の地形図は、デンマークの測量機関である国土測量・地籍局 Kort- og Matrikelstyrelsen が作成している。地形図体系、図式とも本土と異なる点が多いので、縮尺別に紹介していこう。

Blog_faroeislands_200k

エリア全体を1枚で見渡せるのは、1:200,000だ。右写真では表紙の表裏を並べたが、左のタイトル Føroyar はフェロー語、右のFærøerneはデンマーク語で、どちらもフェロー(諸島)を意味する(英語ではFaroes / Faroe Islands。Faeroesの綴りもある)。地図は等高線を使わず、粗いぼかしで地勢を表現している。集落は黄色、主要道路は赤で塗り、区間距離が入っている。島同士を結ぶフェリーや旅行案内所、キャンプ場、ユースホステルの記号もあって、道路地図あるいは旅行地図といった趣きだ。余白には地名索引もある。地形図というには物足りないが、島の位置関係を把握するだけなら十分に用が果たせるので、前回紹介したデンマークの地図帳でもこの地図が採用されている。

Blog_faroeislands_100k

1:100,000には1枚もの(区分図)はなく、本土と同じように地形図地図帳 Topografiskt Atlas に編まれたものが唯一だ。とはいっても、表紙を含めて12ページ、中綴じしてから半分に折っただけの簡易な冊子に過ぎない。内容は、北大西洋全図、1:500,000諸島全図、1:20,000地形図の索引図、そして本編の1:100,000地形図が6ページ、最後に地名索引が付く。表記は表紙のタイトルでも察せられるようにフェロー語主体だが、デンマーク語、英語、独語を併記しているところが親切だ。

:100,000地形図は、20m間隔の等高線にぼかし(陰影)も付加されて、フィヨルド、U字谷、カール(圏谷)、氷河湖と特徴的な氷河地形が手に取るようにわかる。また、先述した西海岸の切り立った崖は、等高線があまりに混みすぎて茶色の色面と化している。地図記号は1:200,000の設定を引き継ぎながらも、集落を黒抹家屋に置き換え、耕作地、造林など土地利用の表現を加えて、地形図としての体裁をしっかり整えている。

Blog_faroeislands_20k

一般的な用途ならこれ以上を望む必要もないのだが、もっと微地形に迫ろうとする人には、37面で全域をカバーする1:20,000地形図がある。横12.5cm×縦30cmの細長い折り方は本土の地形図と同じだ。しかし、本土の1:25,000が、比較的平坦な国土を反映して等高線間隔は5mと小刻みで、ぼかし(陰影)もないのに対し、フェロー諸島はそれより縮尺は大きいのに等高線間隔10m(5mの補助曲線あり)で、控えめながらぼかしも付いて、山岳地図仕様だ。

凡例の表記がフェロー語とデンマーク語なので正確にはわからないが、山腹から頂にかけて、連なる崖、剥き出しの岩、風化した岩と岩場に関する記号で広く覆われていて、本土とはまったくの別世界を呈する。わずかな耕作地と造林地は緑系に塗られているので、それ以外は羊が放たれるような草原ということになるのだろう。デンマークのきめ細かな地図描写が応用されたことにより、フェロー諸島の地表の様子が生々しく映し出されて、興味が尽きない。

フェロー諸島の地形図は、トースハウンにあるソルバウ社 Solberg のサイトで全点を扱っている。ここはスーベニアショップだが、英語表記の画面が用意されているのと、国外への販売を非課税扱いにしてくれるので、利用価値が高い。また、地形図閲覧サイトは、国立測量・地籍局が提供しており、1:100,000地形図が閲覧できる。URLなどは下記「官製地図を求めて-フェロー諸島」の「地図閲覧」の項を参照されたい。

■参考サイト
フェロー諸島観光局 http://www.faroeislands.com/
 トップページ > Gelleryには、美しい写真集がある。
ソルバウ社 http://www.solberg.fo/ 
 トップページ > Webshop

「官製地図を求めて-フェロー諸島」
http://map.on.coocan.jp/map/map_faroeislands.html

★本ブログ内の関連記事
 デンマークの地形図
 グリーンランドの地形図
 アイスランドの地図-フェルザコルトの地形図

« デンマークの地形図地図帳 | トップページ | デンマークのサイクリング地図 »

北ヨーロッパの地図」カテゴリの記事

地形図」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デンマークの地形図地図帳 | トップページ | デンマークのサイクリング地図 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

BLOG PARTS


無料ブログはココログ