« 日本鉄道旅行地図帳 歴史編成 | トップページ | デンマークの地形図地図帳 »

2009年12月 3日 (木)

デンマークの地形図

2008年度をもって日本では1:50,000などの地形図の更新が停止されてしまったが、電子化時代を象徴するこのような決断は、デンマーク Denmark のほうがかなり早かった。測量局による地形図の刊行廃止は2002年のことで、対象はフェロー諸島とグリーンランドを除く本土のすべての地形図に及んだ。ただし、これには注釈が要る。オフセット印刷による紙地図を作らなくなっただけで、デジタル地図の更新は依然継続されているからだ。1:500,000、1:200,000、1:100,000、1:50,000、1:25,000、1:10,000の6種の地形図データベースが維持され、これをもとに民間会社の手でさまざまな製品が産み出されている。

Blog_denmark_25k_index
1:25,000~1:100,000地形図索引図
1117など4桁の数字が1:100,000、I~IVが1:50,000、最小単位の矩形が1:25,000の図郭

デンマークの地図作成は、1989年から国土測量・地籍局 Kort- og Matrikelstyrelsen(下注)が担ってきた。紙地図廃止に伴い、同局から頒布されるのはデジタルデータだけになったが、代行する形で、ノーディスク・コートハネル(北欧地図販売)社 Nordisk Korthandel が紙地図を取扱っている。そのいくつかを紹介しよう。

*注:1989年に、それまでの測地学研究所 Geodætisk Instutut と水路局 Søkortarkivet、地籍局 Matrikeldirektoratet が統合されて国立測量・地籍局となった。原語の組織名は「地図及び地籍局」という意味だが、英語の公式名称 National Survey and Cadastre に基づいて上記の訳語を使用する。

Blog_denmark_200k
1:200,000
図番4 表紙

同社がオフセット印刷で最新版を用意しているのは、1:500,000と1:200,000だ。前者は全土1面、後者は全土を4面に分割した区分図と150×80cmの大判用紙を使って1面に表した版の2通りがある。

手元にある1:200,000(右写真「図番4 シェラン島及びボーンホルム島 Sjælland og Bornholm」)を見ると、2006年のコピーライトが表示され、上記のデータベースを使用してノーディスク社が作成したと注記されている。等高線などの地勢表現は一切なく、その点で「地形図」とは言えないが、そもそも最高地点の標高が170m程度しかない国土なので、あえて書き込む必要もないのだろう。陸地全体はクリームイエローに塗られ、森を表すミントグリーンやヒースを表すピンクがアクセントのように配される。案内所、キャンプサイト、旧跡、行楽地、ゴルフ場のようなリクリエーションに関する記号が充実し、景色のいい道路にミントグリーンの縁取りがしてあるなど、設計は明らかに旅行地図を志向している。ところが表紙はご覧の通りのそっけなさで、商売っ気がありそうには見えない。

Blog_denmark_200k_detail
1:200,000表紙の一部を拡大

これより大縮尺の地図は、基本的にオンデマンド印刷で提供される。イギリスやフランスでもオンデマンドのサービスがあるのだが、主流はまだ従来型の地形図だ。しかし、デンマークで最新の地形図を得るには、ウェブで閲覧するか、ディトコート DitKort(英語で Your Map)と呼ばれるこのプリントサービスを利用するしか方法がない。発注はウェブ上でできる。

縮尺は1:100,000と1:25,000から選べて、図郭も任意に決められるが、従来の地形図図郭または地域限定の広域図郭で指定する方式も併用されている。加えて、1842~99年のいわゆる旧式測図 Lave Målebordsblade、1920~30年の改良測図 Høje Målebordsblade、そして1953~75年、1980~2001年の4期の旧版地形図も選択できる。これを利用して自分の家や学校を中心にした地形図を作れば、150年間にわたって周辺地域の変遷を調べるというような作業も容易になるのだが、問題は価格で、現行図で1面139クローネ(1クローネ18円として2,502円)もする。受注生産なのでやむをえないとはいえ、むやみに購入するのはためらわれる。

一方、オンデマンドに移行する以前の旧図も、在庫のある限り同社から販売されている。こちらは1:25,000と1:100,000が50クローネ(900円)、1:50,000が95クローネ(1,710円)で、日本に比べればすこぶる高いが、ヨーロッパではまだ許容範囲だ。

Blog_denmark_50k
1:50,000表紙

デンマークの地形図の呼び方は独特で、「10万分の1地図」ではなく、実長1kmが図上1cmで表されるという意味で「1センチ地図 1cm kort」と称している。同じように、1:50,000は2センチ地図、1:25,000は4センチ地図になる。イギリスのワンインチマップ 1 inch map(実長1マイルが図上1インチで表される)に倣ったのかもしれない。

その1センチ地図については次回、地図帳の項で紹介するとして、2センチ地図(1:50,000)は全土を109面でカバーする(右写真は1213 II Fredericia)。5色刷りだが、道路や中心市街の塗りに使われて本来なら目立つはずの赤が、ここではオールドローズ(灰色がかったバラ色)のため、全体が落ち着いた色調だ。等高線間隔は5m、等深線も2~10mまで記入されている。地図記号には、湿地・沼地が3種に分類されているのに森林は1種類しかないとか、灌漑用風車、発電用風車、風力タービンと風がらみの記号が多いなど、土地の特徴を探すことができる。

Blog_denmark_50k_detail
1:50,000見本図(ヘルシンオアHelsingør付近)
(C)Copyright Kort- og Matrikelstyrelsen 2009

Blog_denmark_25k
1:25,000表紙

4センチ地図(1:25,000)は405面あり(右写真は1513 IV SØ Roskilde)、市街地の色はオランダと同じでグレーに変わるが、森林が針葉樹と広葉樹で色分けされるため、図全体はかえって美しい。等高線は同じく5m間隔だが、急傾斜地以外は2.5mの補助曲線が入って、この縮尺としては精度が高い部類だ。

これらの地形図は1980~90年代に作成されたものだが、近年開通したエーアソン(エーレスンド)海峡 Øresund と大ベルト海峡 Storebælt の鉄道併用橋もすでに記載されているので、今使ったとしても大きな支障はないだろう。いずれもノーディスク社のサイトで発注できる。

本稿の冒頭に、地形図の索引図を載せておいた(2000年版カタログによる)。太枠は1:100,000の図郭で、中央にある4桁の数字(例:1318)が図番を表す。これを縦2×横2=4分割したものが1:50,000の図郭になり、図番は4桁の数字+ローマ数字(例:1318 II)で表す。これをさらに4分割したものが1:25,000の図郭で、図番は4桁の数字+ローマ数字+方位の略字(東=Ø、西=V、北=N、南=S)で表す。これにより例えば、ユラン半島北端の Frederikshavn 図葉は1318 II SØ となる。

ウェブによる地形図閲覧については、下記「官製地図を求めて-デンマーク」の「地図閲覧」の項を参照されたい。

■参考サイト
国土測量・地籍局(英語版) http://www.kms.dk/English/
 紙地図に関する情報は、メインメニューの Products for General & Professional Use > Professional Use > Paper Maps
ノーディスク・コートハネル社(英語版) http://www.scanmaps.com/

「官製地図を求めて-デンマーク」
http://map.on.coocan.jp/map/map_denmark.html

★本ブログ内の関連記事
 デンマークの地形図地図帳
 フェロー諸島の地形図
 グリーンランドの地形図

 スウェーデンの地形図
 ノルウェーの地形図
 ドイツの1:25,000地形図

« 日本鉄道旅行地図帳 歴史編成 | トップページ | デンマークの地形図地図帳 »

北ヨーロッパの地図」カテゴリの記事

地形図」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本鉄道旅行地図帳 歴史編成 | トップページ | デンマークの地形図地図帳 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

BLOG PARTS


無料ブログはココログ