« オランダの地形図 | トップページ | オランダの地形図地図帳 II »

2009年9月17日 (木)

オランダの地形図地図帳 I

Blog_netherlandsatlas1
地形図大地図帳
1:50,000
第1巻1987年刊

本来、大判用紙に刷られた1枚ものである地形図を多数集めて1冊の本に仕立てたのが、いわゆる地形図地図帳 Topographic atlas だ。オランダでは、この種の企画が盛んに行われている。その嚆矢となったのが、1987年に初版が刊行された「オランダ地形図大地図帳 Grote Topografische Atlas van Nederland」全4巻だ(右写真)。第1巻を西部、第2巻を北部、第3巻を東部、第4巻を南部編に振り分けて、当時110面あった1:50,000地形図をすべて収めている。

各巻は序論10ページ、地図102~126ページ、地名索引31~48ページから成る。序論は、地図測量の歴史、地形図の製作過程、縮尺・投影法・座標などの説明だ。記述がオランダ語だけなので、筆者には細かく読み取ることができないが、参考図版に、フェルメールゆかりのデルフト Delft の町を描く年代別の地図4点(1750年、1821年、1857年、1981年)が掲げられて、眺めるだけでも楽しい。

レポート(下記サイト)によると、地図帳の刊行計画はすでに1970年代から練られていたそうだ。このときはハンディなサイズを志向して地図を最大で50%まで縮小(1:100,000相当)する案もあったが、結局実現したのは、原寸のままの忠実なコピーだった。しかし、判型をA4サイズにし、分冊することで、扱いやすさには最大限の配慮がされている。出版元はフローニンゲン Groningen にあるヴォルテルス・ノールドホフ社 Wolters-Noordhoff になっているが、それは当時、測量局「地形測量サービス Topografische Dienst」が財政難で、出版のリスクを負う余裕が無かったからだという。

Blog_netherlandsatlas2
州別大地図帳
1:25,000
南ホラント州
1990年刊

幸いにも1:50,000地図帳の売れ行きは好調で、その後、内容を更新して重版(1989年~)するに至った。気をよくした測量局と出版社は、すぐに次のアイデアを実行に移した。それが、1:25,000地形図を用いた「州別大地図帳 Grote Provincie Atlas」だ。1:50,000に比べて図の面積は4倍になるので、州ごとに分冊している(右写真)。

新図式による地形図がまだ刊行途中で、州ごとにその完成を待つことにしたので、製作が1988年から始められていたにもかかわらず、完了は1991年までずれ込んだ。上記の1:50,000地図帳初版に収められた地形図は、編集年が1972年から1986年と場所によって14年もの開きがあり、その間に図式が変更されたために注記文字のフォントが明らかに違ったりするのだが、この地図帳にはそういう心配はない。オランダの州は12あるのに地図帳が11巻しかないのは、最も新しい干拓地で1986年に独立した州になったばかりのフレーフォラント Flevoland を、ユトレヒト州の巻に含めたからだ。

Blog_netherlandsatlas3
ANWBオランダ地形図地図帳
1:50,000
第2版2005年刊

21世紀に入って、地形図地図帳は第2世代に交代した。出版元も、ANWB(正式名称:王立オランダツーリスト連盟 ANWB、De Koninklijke Nederlandse Toeristenbond ANWB)に移った。同連盟は日本で言うとJAFのような役割を担う組織だそうだが、地図出版の分野でも大手の地位を築いている。その1:50,000の書名は「ANWBオランダ地形図地図帳 ANWB Topografische Atlas Nederland」。判型が25cm×35cmと一回り大きくなり、そのおかげで、オランダ全土を1冊に収めることが可能になった(右写真)。その分、中表紙を含めて336ページと分厚くなり、扱いやすさの点では少し後退している。

新しい地図帳の特徴は、地図のページに先立つ序論の部分だ。まず、地形図の製作過程などの解説が7ページあるが、これは第1世代と変わらない。真髄はその後で、地図記号の紹介が18ページも続いている。もちろん通り一遍の対照表ではなく、記号が使われている地図の断片とそれに対応する現地の写真を体裁よくレイアウトしたものだ。さらに次の16ページは、大河、砂丘、ポルダー(干拓地)、沼地、港、城郭などオランダの典型的景観を地図、空中写真、俯瞰写真の三者で比較する。見開きページ一面に展開するフルカラーの実景写真はたいへん美しく、説明のオランダ語が読めなくても理解できるだろう。

一方、地形図の本編は274ページあり、デジタル図化に対応した新図式で揃えてある。ちなみにこの図式では、市街地の表現が変わった。以前は、道路に囲まれた街区(総描家屋)には、左上からの光源を想定した立体的な影がつけられていたのだが、新図式では街路を黒で描き、家屋の部分は平面的な網掛けになった。道路を際立たせるためか、色もかなり薄めに設定されている。他にも、高速道路 autosnelweg がベルギー、フランスなどと同じ紫色になり、独立建物が柿色になり、砂丘のレリーフ表現が省かれるなど、各所に手が入れられている。

Blog_netherlandsatlas4
北ホラント州地形図地図帳
1:25,000、2004年刊

1:25,000州別地図帳も、同じようにANWBに引き継がれた。タイトルは「ANWB Topografische Atlas」の後ろに州名がつく(右写真は「北ホラント州地形図地図帳 ANWB Topografische Atlas Noord-Holland」 2004年刊)。第1世代と同じく、ユトレヒト州とフレーフォラント州は1巻にまとめられているので、全部で11巻になる。解説ページは1:25,000のために再編集されているが、先述した地図記号の紹介は、写真が1:50,000地図帳とほとんど同一で、地図の部分だけを1:25,000に置き換えている。その結果、1:50,000地図帳と並べて比較すると、両者の図式の違いが一目でわかっておもしろい。

それにしても、さほど安くもないこれらの地図帳をどんな層が購入しているのだろうか。レポートによると、最大のグループは、自分自身の身近な環境を認識し見極めようとしている人々、平たく言えば地元の(州の)地図帳なら買っておこうという一般市民らしい。第二のグループはリクリエーションや調査・研究など実用に供し、最小のグループが鑑賞用または職業上の理由で買っている。普及の余地があるのは学校教育用だそうだ。

第二世代の表紙を初めて見たとき、筆者はずいぶん地味な意匠だと感じた。実際、派手なカバーもつけずにこのまま店頭に置かれているのだが、それでも版を重ねる需要が存在するというのは驚きだ。わかりやすい地図表現や扱いやすい形式といったさまざまな工夫が人々の関心を掘り起こすということを、オランダの地形図地図帳は証明しているようだ。

Blog_netherlandsatlas5
12州出版社版 地形図地図帳
左:1:50,000全国版
右:1:25,000北ホラント州版

これらの地図帳はオランダ国内の書店で販売されているほか、Stanfords などの海外の地図商でも扱っている。
なお、2009年9月現在、ANWBの1:50,000地図帳は在庫切れで、その代わり、12州出版社 Uitgeverij 12 Provinciën が後継の地図帳刊行に名乗りを上げた。同社は、州別1:25,000地図帳の刊行も引き継ぐようだ(右写真は、12州出版社版「オランダ地形図地図帳 Topografische Atlas Nederland」、画像は同社サイトより)。

次回は19世紀の地形図を収録した地図帳を紹介しよう。

■参考サイト
オランダの地形図地図帳に関するレポート
http://liber-maps.kb.nl/articles/distr-60.htm
ANWB https://webwinkel.anwb.nl/
12州出版社の1:50,000地形図地図帳
https://www.kaartenenatlassen.nl/atlassen/topografische-atlas/topografische-atlas-van-nederland-2009-150000

★本ブログ内の関連記事
 オランダの地形図地図帳 II
 オランダの地形図地図帳 III
 オランダの地形図
 ベルギーの地形図地図帳
 デンマークの地形図地図帳

« オランダの地形図 | トップページ | オランダの地形図地図帳 II »

地形図」カテゴリの記事

西ヨーロッパの地図」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オランダの地形図 | トップページ | オランダの地形図地図帳 II »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

BLOG PARTS


無料ブログはココログ