« ヨーロッパの鉄道地図 IV-キュマリー+フライ社 | トップページ | 朝鮮半島 金剛山電気鉄道を地図で追う »

2009年3月30日 (月)

ヨーロッパの鉄道地図 V-ウェブ版

ヨーロッパ全域を表した鉄道地図で、ウェブサイトで公開され、内容の充実度も高いものというと、これを措いて他に知らない。
■参考サイト
Railways through Europe - maps of railway-networks
http://www.bueker.net/trainspotting/maps.php

Blog_europeanrailmap_hp1 「国の鉄道網には非常に興味深いものがある。国の歴史が路線配置の背後に見えることがあり、人やモノが集まって多忙なのか、静かなところなのかもわかる。鉄道網を知れば、たくさんの発見がある。鉄道網を理解するには地図が必要だが、鉄道ファンにとっても複線、電化線を示した鉄道地図を探し出すのはなかなか難しい。これが、自分で何枚か地図を描こうと決めた理由だ。」

「以来少しずつ、何か国かは他の鉄道ファンの力も得ながら、ついにヨーロッパ全域をカバーするに至った。確かに毎年、休止や新設や電化の動きが何件もあることを考えると、これほど巨大なテーマを一個人が完全に掌握することなど不可能だ。幸い、私たちは孤立しておらず、多数の鉄道ファンが、地図を改訂するために私を直接間接に助けてくれる。彼らに深く感謝を捧げたい。Boris Chomenko」

巻頭言で表明されているボランティア精神を讃えないわけにはいかないだろう。そのおかげで、私たちは居ながらにしてヨーロッパの鉄道事情を概観することができる。いまや対象となるエリアは、東方のバルト三国、ベラルーシ、ウクライナ、トルコにまで広がっている。個々の地図は基本的に国ごとに作成されているが、主要都市とその周辺は別に拡大図があるし、各地図に、一部を除いて英語版と現地語版が用意されているのも驚きだ。

地図の内容はどうだろうか。記号体系は、電化(方式別)・非電化、旅客線・貨物線、そして軌間(線路幅)を線の色で、単線・複線の違いを線の太さで区別している。建設中の路線は鎖線、計画線は灰色の線で表される。観光鉄道(保存鉄道)はSLのマークを添えてあるので目立つし、探せばラック式鉄道や鋼索鉄道(ケーブルカー)も発見することができる。

各地図の表紙ページにある記録から、地図が頻繁に更新されていることがわかるが、このデータはまた、路線の休止や開通など、当該国の鉄道の最新動向を知る上でもたいへん役に立つ。ファイルサイズを軽くするためか、画像にアンチエイリアス処理を施しておらず、駅名や細線のルートが見やすいとは言えないが、資料としての価値を減じるほどではない。常に最新版に差し替えられるウェブの利点を生かした鉄道地図は、筆者のブラウザでお気に入りリストの上位をキープしている。

1972年、国際鉄道連合 Union internationale des chemins de fer (UIC) の創立50周年を記念して、若者に鉄道旅行を安く提供しようと、ヨーロッパ21か国(自国を除く)を2等車で1ヶ月間無制限に使える鉄道パスが作られた。「インターレイル InterRail」の始まりだ。当初、年齢の上限は21歳だったが、現在は価格差があるものの年齢制限は撤廃されている。おなじみのユーレイルパスがヨーロッパ以外の居住者向けであるのに対して、こちらはロシアを含むヨーロッパ圏に6ヶ月以上居住(滞在)している人が対象だ。通用する国の数もインターレイルパスのほうが多い。

Blog_europeanrailmap_hp2 公式販売サイトに、パスの有効な国と路線を描いたオリジナルのPDF版鉄道地図がある。ヨーロッパ全図が一面に配置され(北欧は挿図)、国別に色分けした上に、概略の鉄道ルートが描かれている。高速線は緑、幹線、中でも高速列車の経由線は紫、その他は赤と区別してある。上述の労作に比べて種別が単純なのは、一般旅行者の参照用としてデザインされているからだ。

裏面(本来は表紙)はスイスの拡大図と、主要都市の駅配置、それにパス所有者の座席予約料金の一覧表になっている。印刷すれば折図になる仕様だが、パス購入時に渡されるものなので、単独では頒布していないようだ。

ユーレイルパスの販売サイトにも類似の地図が掲載されているが、イギリスなどのようにパスが使えない国は灰色に変えてある。また、InterRail.net という販売サイトにも、明らかに出所が同じと思われる鉄道地図があるが、こちらは段彩で地勢を加えた別バージョンだ。ただし、開通した高速新線が反映されておらず、新たに参加した国が通用範囲外であるなど、データは古いままだ。これ以外にもインターレイルパスを販売するサイトは多数あって、それぞれに個性的なつくりの鉄道地図を発見できるが、内容はどれも公式サイトには及ばない。

■参考サイト
インターレイル鉄道地図
http://www.interrail.eu/plan-your-trip/railway-map
ユーレイル鉄道地図(日本語サイト)
http://jp.eurail.com/plan-your-trip/railway-map
レールヨーロッパのサイトにある鉄道地図
http://www.raileurope.com/europe-travel-guide/

★本ブログ内の関連記事
 ヨーロッパの鉄道地図 I-ボール鉄道地図帳
 ヨーロッパの鉄道地図 II-トーマス・クック社
 ヨーロッパの鉄道地図 III-折図いろいろ
 ヨーロッパの鉄道地図 IV-キュマリー・ウント・フライ社
 ヨーロッパの鉄道地図 VI-シュヴェーアス+ヴァル社

 各国の鉄道地図については、カテゴリー「鉄道地図」(本欄右下にリンクあり)にまとめた。

« ヨーロッパの鉄道地図 IV-キュマリー+フライ社 | トップページ | 朝鮮半島 金剛山電気鉄道を地図で追う »

鉄道地図」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヨーロッパの鉄道地図 IV-キュマリー+フライ社 | トップページ | 朝鮮半島 金剛山電気鉄道を地図で追う »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

BLOG PARTS


無料ブログはココログ