« ヨーロッパの鉄道地図 I-M.G.Ball地図帳 | トップページ | フランスの鉄道地図 IV-ウェブ版 »

2009年1月 8日 (木)

フランスの鉄道地図 III-ウェブ版

ウェブサイトで公開されているフランスの鉄道地図は、なかなか充実したラインナップだ。テーマとしては、列車や路線のネットワークを表現したものと路線の設備を詳述するものの2種類に大別できるだろう。量が多いので、2回に分けて紹介したい。

前者の鉄道地図は以下の4つのサイトで見ることができる。
Blog_france_railmap_hp1 まず、フランス国鉄SNCFのサイトには、フランス全国版とイル=ド=フランスÎle-de-France(首都パリを中心とする地域、首都圏)の詳細版がある。全国版は路線網と主要駅を表示しているが、TGVやユーロスターが走る高速鉄道線以外は、すべて細線で区別なく表した単調な地図だ。イル=ド=フランス版はパリと郊外を結ぶRERとTransilienの路線を描いているが、3.5MBもあるPDFファイルにもかかわらず、解像度が低く、実用に耐えない。
■参考サイト
フランス国鉄SNCF http://www.sncf.com/
初期画面でしばらく待つと、詳しいメニューが表示される。
Vie pratique(実用)> Où aller en train?(列車でどこへ?) >
Carte ferroviaire nationale(全国鉄道地図)またはRéseau ferré d'Île-de-France(イル=ド=フランス鉄道網)を選択する。

フランス路線図への直接リンク(リンク切れご容赦)
http://medias.sncf.com/resources/fr_FR/medias/MD0006_20070801/file_pdf.pdf

Blog_france_railmap_hp2 次は、個人サイトの力作だ。フランスとカナダ(およびブラジル、リオデジャネイロ)の有用な鉄道地図が提供されている。列車が走るルートを列車種別や系統ごとに描き分け、同時に主な駅間の所要時間や運行頻度を表示したものだが、スマートな配色と明解なデザイン、それにデータ更新が頻繁に実施されていることにも感心する。

フランス編は全国を18面に分割する。地図はJPEG画像だが、小さい文字も問題なく読めるし、地図の縁にある矢印で隣接図にジャンプできるのも親切だ。地図表現はというと、列車種別や系統によって配色を変えて、同じ路線をTGV、幹線列車(コライユColaille)、ローカル列車(TER)が併走している様子を表現する。また、高速専用線(Ligne à grande vitesse = LGV)は鎖線で区別する。
所要時間は1h30のように表記し、運行頻度(ただし、地方線における平日の列車本数)は列車種別と同じ色の数字で示す。地勢表現はないものの、NASAが提供する衛星画像を下敷きにしているので、山地と平野が、そして拡大図では森林がうっすらと見えている。
主要都市については拡大図があって、地下鉄やLRTの路線と全駅が示され、さらに欄外に幹線時刻表や、各鉄道事業者サイトへのリンク集もある。フランス語版と英語版があるが、地図画像が別々に用意されるなど、たいへん充実した内容を備えている。
■参考サイト
Cartes ferroviaires (Railway Maps)  http://membres.lycos.fr/cartesferro/
フランス鉄道地図の英語版は以下のリンクから
http://membres.lycos.fr/cartesferro/france/france_en.html

Blog_france_railmap_hp3 3番目は「フランスの鉄道地図 II」で紹介したイティネレール・エ・テリトワール社Itinéraires & Territoiresが運営するサイトitransports.comにある、インタラクティブマップだ。メインページはフランス語だが、英語版も用意されているので、そちらで説明しよう。
初期画面では小さなフランス全国路線図が表示されているが、縮尺を上げていくと、道路や水部(川、池など)が描かれたベースマップ上に鉄道路線と駅が浮かぶようになる。駅をクリックすると駅名と停車する列車種別、市内路線では系統番号などが示される。スケールバーを最大にしてみたところ、パリ市内では駅舎の外観を立体的に描いた図が現れた。青い太線はSNCFなどの鉄道線、ピンクはメトロ(地下鉄)、ライトグリーンはバス路線を表している。

インタラクティブマップを使いこなすために、左の入力欄、あるいは上部のメニュータブをいくつか試してみた。
"Journey planner(旅程作成)"では、出発地と到着地、出発日を入力すると、列車時刻とともに地図上のルートを表示してくれる。駅を調べる場合はStationを選択してから、駅名か都市名を入力する。市内に複数の駅があるときは選択肢が表示される。フランスの場合、地方都市間の往来は、距離的に遠回りでもパリ市内を経由したほうが便利なこともしばしばなので、市内の拠点駅間を連絡するRERにも対応している。地図には列車の走るルートが紫で表示されており、道路地図に見られるルートプランナー機能を、鉄道旅行に応用したものと考えればよい。
"Cities"を入力すると、市内交通路線の案内や市内主要駅周辺の市街図などにアクセスでき、鉄道やバスの系統をクリックすると図上にルートが表示される。"Maps"では、地名や駅名を入力して目的地の拡大図を表示する。このように、紙の地図では不可能な個別問合せを実現してくれる、インターネットならではのサービスだ。
■参考サイト
itransports.com 英語版 http://itransports.fr/en

Blog_france_railmap_hp4 最後も個人サイトで、「公共交通アトラスAtlas des transports publics」と題し、鉄道線はもとよりバス路線を克明に描いた正縮尺地図をPDFで提供している。使用言語はフランス語のみ。
冒頭の説明文を引用すると、「このサイトの目的は、もっと網羅的かつ正確にフランスの公共交通を表示することのできる地図を提供することだ。(中略)この作業はインターネットで収集できた交通事業者や運行機関による旅行情報をベースにしている。参考にした資料は地域ごとのページに記してある。サイトには100面を越える地図があり、国土の1/2が表現されているが、個人による無報酬の企画だ。残念ながら情報の完璧さ、正確さは保証できないので、どうか事業者の公式サイトか素材情報を参照されたい。」

地図は大判のPDFファイルで、1:250,000と縮尺が明示されている。凡例Légende des cartesによれば、鉄道線は赤い梯子状の記号で表され、駅の位置には停車する列車の種別、系統番号が記されている。メトロ、トラム、ケーブルカーなどの都市交通はピンクやオレンジ色だ。バスの表示は細分化され、都市間バス路線は緑色で、かつ実線は毎日運行、破線は週・月1回、細かい破線は臨時を表す。近郊バスは黄色、トロリーバスなどはベージュ色だ。地図には運輸連合の範囲も表示している。
山間部のバス路線まで忠実にトレースした努力には脱帽するが、イル=ド=フランスはあまりに路線が多く複雑なためか、リストから欠けている。ぜひ完成を待ちたい。
■参考サイト
公共交通アトラス http://atlastransportpublic.free.fr/
地図はCartesのリンクまたは、Aller directement aux cartes(直接地図に行く)のプルダウンリストから。

次回は、鉄道インフラをテーマにした地図とイル=ド=フランスの鉄道地図を紹介する。

★本ブログ内の関連記事
 フランスの鉄道地図 I
 フランスの鉄道地図 II
 フランスの鉄道地図 IV-ウェブ版

 近隣諸国のウェブ版鉄道地図については、以下を参照。
 イギリスの鉄道地図 V-ウェブ版
 ベルギーの鉄道地図
 ドイツの鉄道地図 IV-ウェブ版
 スイスの鉄道地図 IV-ウェブ版
 ヨーロッパの鉄道地図 V-ウェブ版

|

« ヨーロッパの鉄道地図 I-M.G.Ball地図帳 | トップページ | フランスの鉄道地図 IV-ウェブ版 »

西ヨーロッパの鉄道」カテゴリの記事

鉄道地図」カテゴリの記事

コメント

わかりやすく、とても参考になりました。フランスでの鉄道旅行はどうして言葉の壁がありトーマスクックに頼りっぱなしだったのですが、ここ2〜3年フランス語を勉強して多少なりとも読めるようになてきたのでいろいろなHPを参考に計画をたててみます。

投稿: うっちゃり | 2009年7月27日 (月) 14時09分

コメントありがとうございました。
旅行計画のお役に立てれば光栄です。

投稿: homipage | 2009年7月29日 (水) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヨーロッパの鉄道地図 I-M.G.Ball地図帳 | トップページ | フランスの鉄道地図 IV-ウェブ版 »