« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月28日 (木)

Atlas of Korea (英語版コリア地図帳)

昨年(2007年)12月、韓国の国土地理情報院が英語版ナショナルアトラス(大韓民国国家地図集)を発表した。280ページ以上もある堂々たる官製地図集で、ウェブ上でも閲覧できるようになっている。それに比べればこちらは一般市民向けの普及書だが、出来栄えの見事さでは勝るとも劣らない。そのようなアトラスが一民間会社の手で刊行されている。「Atlas of Korea」、ソウルの成地文化社(韓国語読みではソンジムンファサ)が2000年に刊行した英語版総合地図帳だ(写真は2005年改訂版)。

Blog_korea_atlas2 A4判、地図128ページ、統計・索引32ページ、計160ページ(見返しを含まず)、現地価格30,000ウォン(3000円)で、内容は以下のとおり。なお、原著の"Korea"は韓国と北朝鮮を包括した概念で使われているため、ここではコリアと訳しておく。

・1:2,700,000(270万分の1)コリア全図
・コリアの地理的位置
・コリアの歴史地図、1920~40年代の人口と産業
・1:1,000,000(100万分の1)中央コリア、南部コリア
・主題図77図(地質・地形、気候、土壌・植生、産業構造の変化、農業、林業・漁業・鉱業、貿易、製造業、人口、運輸・通商、観光・地域開発・環境、都市、土地利用、医療・教育・文化・福祉)
・1:250,000一般図(索引図に続いて韓国の区分図、見開き21面)
・主要都市の市街図(25都市。縮尺は1:100,000ソウル広域図以外、1:25,000~1:65,000)
・仁川国際空港案内図
・行政区分図
・1:1,000,000一般図(索引図に続いて北朝鮮の区分図3面)、同地域の市街図(3都市)
・名山地図(白頭山、七寶山、金剛山、雪岳山)
・ソウル地下鉄路線図
・古地図15面(15~20世紀初頭)

Blog_korea_atlas2_sample
1:2,700,000コリア全図の一部
(c)2005 Sung Ji Mun Hwa Co., Ltd

あたかも社会科地図帳のようにぎっしりと並ぶ主題図は、事象をくまなく取り上げているだけでなく、一つ一つの図が丁寧に描かれている。1970~80年ごろと直近の2000年を比較した図もいくつかあって、この間に韓国が経験した産業構造の急激な変化と、それに伴う人口の都市集中や農山村部の高齢化が進む状況が読み取れる。

1:250,000一般図は、日本の1:200,000のような「地勢図」だが、よりカラフルでかつ上品な、鑑賞に耐える佳品だ。地勢表現は、100m間隔の等高線に段彩とぼかし(陰影)を重ねている。等高線に使われたミントグリーンと段彩の精妙なグラデーションとがうまく調和しているし、ぼかしはおそらく手描きだろうが、うるさくなくピンボケでもない適度な濃さと細かさを備える。その結果、特に山岳地帯は手に取るように立体的に見え、かつ美しい。道路の記号は、高速道路が青の二重線、国道と道道はオレンジの塗りに赤で縁取りしてある。どちらも落ち着いたトーンなので、背景とは争わず、しかし弁別性も失っていない。韓国の官製図にも同じ縮尺のシリーズがあるが、そちらは線のみで表された無骨な印象の地図なので、比較の対象にもならないくらいだ。

北部コリアすなわち北朝鮮区域は縮尺が1:1,000,000で、等高線は省略されているものの、地勢表現は上記1:250,000と同等だ。

一般図の地名や注記はすべて英字で書かれ、ハングルや漢字は一切添えられていない。その代わり、デザインのバリエーションが豊富な英字フォントの特色を生かして、大地名から小地名まで視覚的に判別できるようにしている。なお、現在適用されているローマ字表記法では、プサン(釜山)が Busan、テグ(大邱)が Daegu、クァンジュ(光州)が Gwangju となり、特定の字母に現れる無声音と有声音の違いを区別しない。日本語転写で清音と濁音を区別するのに慣れた私たちにとって、少し読みにくいのも確かだが、ハングルをたどたどしく追うよりは遥かに楽だろう。

一方、市街図は、地図ページの残り半分を占めるほどのボリュームがある。ソウル広域図を除いて地勢表現がないので、一般図から入ってくるとのっぺりした印象をもつが、こちらの特徴は、注記が非常に充実していることだ。主要街路名はもとより、各種施設の名称がおびただしく書き込まれている。地図の常套手段である記号化はほとんどされていない。現地名称を機械的にローマ字化するのではなく、一般名詞の部分(たとえば役所、学校、病院、公園、工場など)を英語に翻訳してあるので、記号がなくても何の施設かがすぐわかるからだ。巻末の索引では、都市ごとに施設の名称も調べられるので、目的の施設を地図から探し出すのは難しくない。

このように「Atlas of Korea」が到達したレベルはかなり高いが、それが自国語ではなく英語表記であるところにより大きな意義がある。どの国のナショナルアトラスでも、英語版は国勢を広く世界に紹介する公式資料と位置づけられているが、韓国の場合は、官庁が実行するより先に、民間大使がその使命を果たしてしまったように見える。

■参考サイト
成地文化社 Sung Ji Mun Hwa Co.,Ltd.  http://www.sjmap.co.kr/
 トップページにある一覧から個別地図のページに飛ぶと、地図のサンプル画像が提供されている。

英語版 韓国ナショナルアトラス http://atlas.ngii.go.kr/english/
 トップページの"e-book search"で内容を閲覧できる。

★本ブログ内の関連記事
 韓国の地形図地図帳

2008年8月21日 (木)

韓国の地形図地図帳

韓国は、無断で地形図を国外へ持出すことができない国の一つだ。地形図にもそのことが明記され、無断複製などと同列で、国土地理情報院長の事前承認を得ずに国外へ搬出することを禁止し、違反者に対する刑罰にまで言及している。測量法の定めとあらば仕方がないのだが、グーグルの衛星画像で世界中の地表のディテールが見られるような時代では、このような規制はあまり意味を成さない。防衛上の問題点があるのかというと、韓国で市販されている地形図には、軍事施設や空港などは初めから描かれていないのだ。

現実には(許可を得てのことだろうが)、韓国の地形図はかなり日本に持ち込まれており、誰でもアクセスできる。たとえば、国立国会図書館では「新版1:50,000基本圖地圖帖」全4巻が、開架図書として閲覧に供されている。大学図書館などでも備えているようだ。これは、地形図の元捌きの1社である中央地図文化社が数年に一度出していたもので、縦長の1:50,000地形図を2つ折りの上、裏面を貼り合わせて製本してある。4巻で韓国全土をカバーするが、北朝鮮との間に設けられたDMZ(非武装地帯)を含む図葉はカットされている。

Blog_korea_atlas1 それに対して、1:50,000の測量成果を編集してオリジナルの地図帳に仕立てたものも刊行されている。ランダムハウスコリア Random House Korea の「大韓民国5万地図」だ。横25cm×縦35cmの判形(ほぼB4判)で752ページあり、現地定価は59,000ウォン(5,900円)。

先の基本図地図帳は表装からして専門書的で、一辺50cm以上もあり、気軽に扱いにくい図書だった。こちらは重量と厚みはともかく、普通の机に広げられる大きさで、韓国内の書店に道路地図と並べて置いてあるような普及版だ。韓国の一般的な道路地図帳でも等高線のような地形図的要素が盛り込まれているが、まして官製地図と同じ精度で表示された全国地図帳が刊行されているというのは、かの国の地図文化の浸透度を示すものだと思う。

収載された地図(以下、RHK版)は、国土地理情報院の地形図(以下、官製版)といくつかの点で違いがある。官製版の本来の図郭は経度15分×緯度15分だが、RHK版は見開き15分×9分の横長サイズで、巻末に両者の図郭の照合図がある。

色の使い方では、官製版は等高線が赤茶で、他に赤、青、緑、黒の計5色刷りだが、RHK版では等高線を緑に変えて山林のハッチをなくしたほか、道路を藍、赤、緑、クリームイエローの4色で区別して、格段に読取りやすくしている。官製版(上記地図帳収載の図)と比較すると市街地の道路網も詳しくなり、道路番号もこまめに書き入れられているので、道路地図としての利用も想定しているのだろう。それから、集落の表示がかなり詳細で、より大縮尺の基本図からデータを借りているように見える。

さらに大きな相違点は地名表記だ。韓国語は現在、ハングルのみで表記するが、大多数の地名は漢字音に由来している。官製版がこのような漢字語地名をもとの漢字で表記しているのに対して、RHK版はハングルに統一していて、かろうじて市郡名だけ漢字、英字を併記してある。目次、索引、凡例集に至るまでハングル以外の表記はない。識字がおぼつかない筆者は、手元に中央地図文化社の漢文・英文版「韓國道路地圖」を広げ、それを辞書代わりに地図探索をしているところだ。

読図のハードルは少々高くても、718ページもの膨大な地形図の集積はたいへん貴重だ。その気になれば、DMZが横断する北辺から南海(東シナ海)の済州島まで、韓国を自由に図上旅行することができる。新空港をはじめ大規模な干拓が進行する西海岸、高速鉄道や高規格道路が次々オープンする中央部、その一方で村里の古刹が昔と変わらぬ姿で残る山岳地帯...。時空を超えたダイナミックな風景をこの地図帳から想像してみたい。

なお、地図帳の購入に際して、筆者は現地のオンラインショッピングサイトを利用したが、日本国内の韓国書籍専門店(たとえば水道橋の高麗書林など)でも扱っている。

■参考サイト
ランダムハウスコリア  http://www.randomhousekorea.co.kr/

★本ブログ内の関連記事
 Atlas of Korea (英語版コリア地図帳)
 台湾の1:50,000地図帳

2008年8月14日 (木)

平凡社の中国地図帳

Blog_heibonsha_chinaatlas北京オリンピックで人々の関心が集まるのを見計らっての出版なのだろう。2008年7月に、平凡社から「ベーシックアトラス中国地図帳」が刊行された。A4判、地図59ページ、地名索引等35ページ、計94ページ(見返しを含まず)、価格も1400円(税別)と、お手ごろな冊子だ。中国大陸にテーマを絞った地図帳が日本の出版社から出されるのは、1980年代にあった帝国書院と中国地図出版社のタイアップ企画以来ではないか。

内容構成は以下のとおりだ。まず見返しに、中国の基礎データ、行政区分図、行政区の概要がある。中国の行政区は、23省(ただし台湾省は地図帳の範囲外)、5自治区、4直轄市(北京、上海、天津、重慶)、2特別行政区(香港、マカオ)に区分されている。省都、面積、人口、主要都市を列挙した表には、省を一字で表現するときの略称も載っているが、これは鉄道ファンにとっても有益だ。上海の略称が滬(こ)、内陸の甘寧省が隴(ろう)と知れば、北京~上海間の南北幹線を京滬線、蘭州~連雲港間の東西幹線を隴海線という訳もわかるからだ。

目次のあとは全体図になる。東は日本、韓国、北朝鮮、南は東南アジア諸国やインド、西は中央アジア諸国、北はモンゴル、ロシアと、中国をとりまく国々を一望する1:16,000,000(1600万分の1)の地勢図と行政区分図で、広大な国土の概略がつかめる。

次のページからは、地域別の区分図と、その中に含まれる主要都市の市街図が続く。まず、省レベルの区分図は1:3,000,000(300万分の1)~1:9,000,000(900万分の1)の小縮尺図だ。平凡社の地図といえば、世界大百科事典の地図帳を真っ先に思い浮かべるが、デザインはそれを踏襲している。地勢は低地の緑から高地の茶系へと移り変わる段彩で表現される。地名には日本の常用漢字の字体を採用するが、現地読みのルビがふられ、主要都市については簡体字が併記されている。また、世界遺産の位置がプロットされているのを見るのも楽しい。四川盆地では半径200kmの範囲に、九寨溝、黄龍、青城山と都江堰、ジャイアントパンダ保護区、峨眉山と楽山大仏、大足石刻といった重要な遺産が集中しているのに、筆者は今頃やっと気づいた。

主要都市の市街図は、縮尺が図示されているものの、分数表示はない。後述する特別扱いの都市を除くと、大きいものでカシュガルの1:30,000、小さいもので武漢の1:150,000になる。縮尺をどれぐらいにするのか、編集者は都市域の広がりと紙面のスペースの兼ね合いで、苦心したに違いない。残念だがユーザとしては、大多数の市街図が街路網と主要施設の概略位置を知るためのものと、覚悟しておく必要がある。街歩きにはもう少し大縮尺の地図が必要だ。

その点、北京、上海、香港だけは別格で扱われていて、広域図から都市図、中心街の詳細図へと順にクローズアップしていく。北京を例に挙げると、1:450,000広域図では万里の長城が首都の北郊を護る様子がわかる程度だが、次の1:80,000都市図では、郊外の別荘である頤和園(いわえん)や鳥の巣のあるオリンピック公園が目に入ってくる。最後の1:25,000中心街図になると、故宮の伽藍配置や、王府井(ワンフーチン)の大通りに並ぶ主要施設まで読み取れる。

ちなみに、同社の市街図は、道路をくくり(縁取り)無しで白く抜いて、背景から浮かび上がらせるデザインが伝統だった。しかしこの地図帳では、くくりを用いたオーソドックスな表現に変えている。筆者としてはすっきりしたこれまでのやり方も好みだが、一般には違和感があるのかもしれない。

また、鑑賞する立場で少し難点を挙げるなら、それぞれの地図表現に精度の開きがあるのが気になる。例えば北京広域図は、精巧な陰影で描かれた地勢に対して、デフォルメ気味の交通網の表現が必ずしもマッチしていない。1:320,000上海市域図や1:800,000珠江デルタ図では、その地勢も省略されて、美しい省別図に比べるとかなり粗っぽい印象を受ける。細かいところでは、市街図の地下鉄記号が、同じ水色の実線を使う河川や縦横の方眼線と混在して、区別がつきにくくなっている。

しかし、「こんな地図がほしかった。日本で初めて本格的中国地図帳。旅行にも、ビジネスにも必携」とオビに記されたキャッチコピーは、的外れではないと思う。市街図には蘇州、景徳鎮、楽山、麗江のような小都市が仲間入りし、桂林近くの漓江下りや西域の敦煌周辺の図も入って、旅の予習には十分使える。日本語と中国語両方の読みで引けて、難読字の音読手引きまでついた索引は、ニュースの現場を手早く確認するのに役立つ。知っているようで知らない中国大陸。その上を思うままに飛び回れる切符が、わずか新書2冊分の値段で手に入ると考えれば、読者となるのをためらうことはないだろう。

■参考サイト
平凡社地図出版 http://hcpc.co.jp/ 
ブログ「今日の平凡社」にある本地図帳の記事
http://heibonshatoday.blogspot.com/2008/07/blog-post_16.html

★本ブログ内の関連記事
 香港の地形図
 香港の旅行地図
 台湾の1:50,000地図帳

2008年8月 7日 (木)

新線試乗記-横浜地下鉄グリーンライン

Blog_yokohamagreenline1
路線図

新横浜からJR横浜線に乗って、中山駅のホームに降りてみると、従来の橋上駅舎とは別に、東神奈川方に地下鉄への連絡口が出現していた。階段を下ってまだ真新しいJRの改札を抜け、もう1階分降りるとすぐに地下鉄の改札がある。そこからのエスカレータは案外長く、郊外の駅にしては深い位置にホームが作られている。

横浜市営地下鉄グリーンラインは、日暮里・舎人ライナーと同じ2008年3月30日に開業した日吉~中山間13.0kmの新線だ。正式には4号線なのだが、1号線(関内~湘南台)と3号線(関内~あざみ野)は一本の路線として運行しているので、見た目は2本目の地下鉄線ということになる。先輩の湘南台~あざみ野間は、今回ブルーラインと称して区別することになった。

Blog_yokohamagreenline2
10000形、停車中
(日吉駅にて撮影)

ホームには胸の高さのホームドアが設置されていて、すでに日吉行きが入線していた。編成の短さに気づいて数えると4両しかない。それに車両自体もコンパクトだ。資料によれば、10000形の車体長は15m(先頭車は15.6m)、幅2490mmで、JRの20m車はもとより、ブルーラインの18m(先頭車は18.5m)、幅2760mmと比べても、一回り小さい。需要が高まれば中間2両を増結するそうだが、東横線に連絡する地下鉄という漠然と抱いていた亜幹線のイメージとは、ちょっと違う。電車は、今や小断面地下鉄の定番となったリニア駆動で、集電方式も、ブルーラインの第3軌条に対して、こちらは天井にパンタグラフがある。なんでも、メーカーは神戸の川崎重工業で、神戸市営地下鉄海岸線を走る5000形と同じ規格なのだそうだ。東西の代表的な港町で、同系統の電車が走り出すというのはおもしろい。

きょうは金曜日、午後4時。帰宅時刻にはまだ間があるが、それでも座席が埋まり、立ち客もちらほらいる。利用実績は計画に満たないそうだが、京都の市内線を見慣れた目で見れば、結構乗っていると思う。ラッシュ時にはどれくらいになるのだろうか。

電車は中山駅を出ると、まもなく体感できるほどの急な上り勾配(58‰)にさしかかり、奈落からせり上がるように地上に出ていく。急勾配に強いというリニアの威力を見せつける場面だ。トラス橋で鶴見川を渡ると、川和町駅はもう高架上にある。このあたりはまだ、純農村だったときの風情をいくらか残しているが、ここからは造成されたニュータウンのエリアに入る。グリーンラインが貫通する港北ニュータウンは、横浜市北部の丘陵地帯に広がる大規模な都市開発地区だ。事業は1970年代に始まったが、当初から鉄道用地が確保されていたので、この区間の線路は何度か地上に顔を出す。川和町を出るとトンネルだが、次の都筑ふれあいの丘駅の間にも明かり区間がある。ただし、高い擁壁に側面をふさがれているので、見通しは全く利かない。

再びトンネルに潜っているうちに、東から来たブルーラインといつのまにか交差する。センター南駅に到着したときには、北に向かって左側にブルーライン、右側にグリーンラインという配置になっている。両線の間は橋上のコンコースを介して往来するのだが、赤坂見附やJR御茶ノ水のように同一ホームで乗換えできるように造れなかったのか、という疑問がふと湧いた。前後の線路構造だけ見れば可能のようだが、素人にはわからない技術面または費用面の制約があったのかもしれない。

Blog_yokohamagreenline3
センター南駅から北望

グリーンラインのホーム北端は、壁で遮られるブルーラインと違って、写真撮影の適地だ。両線がセンター北駅までの間、高架で仲良く並行しているし、背後で、モザイクモール港北の観覧車が格好のアクセントになってくれる。このアングルでは完全に都市化された風景だが、早渕川の谷に臨む斜面の随所に緑が残されているのが、車窓からも確かめられる。

Blog_yokohamagreenline4
地下鉄日吉駅東口

センター北で地上区間は終わり、ここからは最後まで地下を進む。地図で追うと、北山田からは県道荏田綱島線の下を東へ向かい、途中でそれて日吉の洪積台地へ上がっていく。終点(正しくは起点)の日吉駅は、中山での横浜線の関係と同じく、東急東横線と直交する形で駅が設けられている。地下鉄の改札と向かい合うように新設された東急の地下改札から、直接ホームの渋谷方に上がれる。東急の改札を横目に、東側にある出口を上がってみたところ、慶応義塾大学キャンパスのいちょう並木の脇に出た。夕暮れ近く、帰宅する学生たちの群れは圧倒的に、綱島街道を渡った東急駅舎に吸い込まれていき、新しい出入口には流れてこない。

筆者が訪れたのは2008年5月で、東急日吉駅の2面あるホームの内側にはホームドアが設置済みだった。6月からここに目黒線が延長される。混雑を極める田園都市線が都心への唯一の足だった港北ニュータウンだが、こうして日吉経由が便利になっていけば、2本目の地下鉄がフル回転する日も遠くないのだろう。

■参考サイト
横浜市地下鉄グリーンライン http://www.city.yokohama.jp/me/koutuu/greenline/
センター南付近の1:25,000地形図
http://maps.gsi.go.jp/#15/35.545600/139.574500
センター南付近のGoogleマップ
http://maps.google.com/maps?hl=ja&lr=&ie=UTF8&ll=35.5456,139.5745&z=17

★本ブログ内の関連記事
 首都圏の新線
 新線試乗記-ゆりかもめ豊洲延伸
 新線試乗記-成田スカイアクセス

 2008年開通の新線
 新線試乗記-京都地下鉄東西線+京阪京津線
 新線試乗記-JR西日本おおさか東線
 新線試乗記-日暮里・舎人ライナー
 新線試乗記-東京メトロ副都心線
 新線試乗記-京阪中之島線

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

BLOG PARTS


無料ブログはココログ