« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月26日 (木)

バルト三国の地図-リトアニアの地形図

リトアニアの測量機関である空中測地研究所 Lietuvos aerogeodezijos institutas / Lithuanian Institute of Aerial Geodesy は、百数十年に及ぶ現リトアニア領の地形図の歴史をたどるサイト「リトアニア領の地形図 Topografiniai žemėlapiai Lietuvos teritorijai / Topographic maps of Lithuanian territory」を開設している。見かけはそっけないが、内容はたいへん興味深いものだ。

■参考サイト
リトアニア領の地形図 http://www.agi.lt/topo/

各ページに、地図索引図 Žemėlapio lapų išsidėstymo schema、サンプル地形図 Topografinio žemėlapio pavyzdys のリンクが用意されている。説明は残念ながら全てリトアニア語表記なので、筆者には読み取れないが、収められた地図資料によって大要は把握できる。大見出しに沿って紹介すると、

1. Carinės Rusijos žemėlapiai
2. Vokietijos išleisti žemėlapiai
第一次大戦までリトアニアの国土の大部分はロシア領で、クライペダ Klaipeda(ドイツ名メーメル Memel)以南のバルト海沿岸がドイツ領東プロイセンだった。項番1は当時、ロシア帝国が作った地形図だ。1:21,000、1:42,000などという半端な縮尺になっているのは、ロシアの伝統的な度量衡に拠っているためで、地図に表示された距離の単位はサージェン сажень(約2.1m)、500サージェンが1ヴェルスタ верста(約1.1km)となる。1:21,000は、図上1デュイム дюйм(2.54cm)が実長250サージェンを表す。
項番2の標題はドイツ製地図という意味で、サンプル図は主として1910年代の日付が入っている。

3. Antrojo pasaulinio karo laikmečio vokiečių žemėlapiai
1940年代のドイツ軍用地図で、タイトル部分に公開不可 nicht für die Öffentlichkeit bestimmt、内部専用 Nur für den Dienstgebrauch などの注記がある。1:100,000には、バルト三国とベラルーシを含む地域の呼称だったオストラント(東部地方)Ostland の名が見られる。ソ連とドイツに交互に占領されて多数の犠牲者が出た受難の時期だ。

4. Lenkijos išleisti žemėlapiai
5. Lietuvos topografiniai žemėlapiai
6. Latvijos išleisti žemėlapiai
7. Sovietų Rusijos išleisti topografiniai žemėlapia
第一次大戦と第二次大戦にはさまれたいわゆる戦間期の地形図が集められている。項番4は首都ヴィリニュス Vilnius を含むリトアニア東部に関するポーランド製軍用地図だ。この地域は当時、ポーランドの占領下だったため、リトアニアの首都はカウナス Kaunas に置かれていた。
項番5はリトアニア自身が作成した地形図で、1:100,000の索引図を見ると、作成範囲はポーランド占領地を含んでいる。項番6は北隣のラトビアが作成した国境付近の地形図だ。
項番7はソ連製の地形図で、一部には項番1の時代からの改訂履歴が残る。縮尺はメートル法に変わっている。

8. Sovietų Sąjungos išleisti topografiniai žemėlapiai
9. JAV išleistas žemėlapis
項番8は第二次大戦後、ソ連時代の地形図で、1:5,000から1:1,000,000まで徹底的に整備されていたことがよくわかる。用意されたサンプル図は1980年代のものが多い。
一方、項番9は、アメリカ国防省地図作成局 Defence Mapping Agency が作成した1:50,000だ。最も有用な資料から1981年に編集したとあり、冷戦期の諜報活動を垣間見る思いがする。左下に「合衆国政府はリトアニアのソ連への編入は承認していない」という注記が見える。図名のカプスカス Kapsukas は南部の町だが、再独立後、旧名のマリヤーンポレ Marijampolė(聖母マリアの町)に戻された。

Blog_lithuania_50ksatellite10. Lietuvos topografiniai žemėlapiai
11. Lietuvos topografiniai žemėlapiai (LKS-94 koordinačių sistemoje)
リストの最後が現代のリトアニア地形図で、項番10はソ連図をベースに改訂を加えた第1期、項番11は新たな座標系に準拠した第2期(現行図)を示す。

第1期のうち項番10.3は、他のバルト諸国の項でも紹介した衛星写真地図 Kosminio vaizdo žemėlapis で、今も入手できる(右写真は首都ヴィリニュス、1998年版)。サンプル図は国土の西端に近いシルーテ Šilutė で、右端に見える水面は、砂州(図郭外)によりバルト海と隔てられている内海、クルシュー海 Kuršių marios / Curonian Lagoon だ。

図の中央にあるシルーテの町は、オレンジ色の塗りの下からモノクロ写真が透けて見えるため、重くて暗い表情をしている。市街地には主要道路と鉄道、それに教会が1つ描かれているばかりで、情報量は乏しい。衛星写真の上に比較的低精度のデジタルマップを重ねたこの地図は、地形図整備が進んだ今となっては古めかしくなってしまった。しかし、旧体制の崩壊で基本図の維持体制が空洞化したあの時代には、国土開発のために必要なインフラだった。

Blog_lithuania_50k 過渡的な第1期に比べると、項番11の2種の現行地形図は、精度が高いだけでなく、見るからにスマートさが感じられる。市販用1:50,000は厚紙のカバーまでついている(右写真)。

1:50,000のサンプル図を見ると、森林に地籍図のような境界と地番らしき数値が付されているのに気づく。この表示は数値化を徹底的に行うソ連図にあったものだが、現在は他国の同縮尺図には見られず、ここだけに残っている。一方、配色は地味だ。市街地はグレー、道路は茶色で塗られ、せっかくの明るい黄色は、目立たない里道だけに使われている。

第1期からの大きな変更点は、測地基準が切り替えられたことだ(リトアニア測地系 LKS-94)。図郭も全く異なり、測地系に合わせて1:10,000は5km四方、1:50,000は25km四方のサイズとなった。図番体系は1:10,000の図郭が基準で、西から東へ、南から北へ番号を振る。サンプル図を例にすると、1:10,000の79/32は、西から79列め、南から32行めの交点で、ヴィリニュス市の東端に当たる。同様に1:50,000の50-54/30-34は、50~54列と30~34行の交点の図郭を表している。

リトアニアの地形図の作成元、空中測地研究所の前身はソ連時代に遡る。航空写真を使って農地改革に必要な地籍図を作成するために、1950年に設立された国営企業だ。ソ連から独立した1991年に、国立空中写真測地研究所 National Institute of Aerial Photo Geodesy となり、一貫して国の基本図作成業務を担ってきた。1996年には政府出資会社に再編されて、現在に至っている。

■参考サイト
リトアニア空中測地研究所 http://www.agi.lt/
「官製地図を求めて」 リトアニア
http://homepage3.nifty.com/homipage/map/map_lithuania.html

★本ブログ内の関連記事
 バルト三国の地図-序章
 バルト三国の地図-リトアニアの旅行地図

2008年6月19日 (木)

バルト三国の地図-ラトビアの地方図・市街図

ラトビアの首都リーガ Rīga は、ドイツ騎士団によって築かれた町だ。騎士団の保護のもとに宣教師や商人が集まり、ハンザ同盟にも加わって内陸部との交易の中心となった。

旧市街は、ベラルーシから流れてきたダウガヴァ川 Daugava に面し、反対側は川の水を引く堀(都市運河 Pilsētas kanāls)で守られた城塞だ。ドイツ・ゴシックの街並みで世界遺産に登録されている旧市街の一角に、古い煉瓦の城壁が保存されていて、アーチの入口をくぐると、中世の面影を残す石畳の小ぢんまりした広場がある。すぐそばの聖ヨハネ教会にちなみ、ヤーニャ・セータ Jāņa Sēta(聖ヨハネの中庭)と呼ばれる。

表紙を黄色と紺色に塗り分けた地図で知られる出版社の名は、これを戴いたものだ。ラトビアとリトアニアの詳しい旅行地図を求めようとすると、必ずこの名に行き当たるほど、出版社はこの地域を代表する存在に成長している。リーガ市内では同じ名称の地図店も有名で、バルト諸国の地図や旅行書を揃えるなら、見過ごすわけにはいかない。

Blog_latvia_rigasrajons ヤーニャ・セータ地図出版社 Karšu izdevniecība Jāņa Sēta が刊行する一般利用者向けの主力商品は、地方図 Reģionālās kartes だろう。縮尺1:200,000の6面でラトビア全土をカバーしているし、リトアニアも1:200,000~1:250,000で全土が揃う。さらに詳しい1:100,000は州別のシリーズ Rajona Karte / Map of Region で、ラトビア26州を網羅しているわけではないが、官製図に欠けている縮尺のバラエティを補う役割を果たしているのは事実だ。

その一つ、「リーガ州 Rīgas Rajons」を見よう。両面刷りのおもて面は、縮尺1:100,000の州全体図で、見栄えは調和感がある一方、メリハリもついていて悪くない。その理由は、画面全体を支配しているアップルグリーンの樹林域に対して、オレンジと黄の道路網が画面をうまく引き締めているからだ。蚕食が進んではいるが樹林はまだ比較的豊富で、この国の主要産業の一つが木材加工であることが思い起こされる。

国土がおおむね平坦という事情もあるのだろうが、同社のすべての地図を通して、等高線やぼかし(陰影)などの地勢表現は一切入っていない。しかし、土地は東に向かって緩やかに高まって、図の東端にある町シグルダ Sigulda ですでに標高100mほどある。すぐ西を流れるガウヤ川 Gauja が平原を侵食して、深さ70~80m、幅1kmほどの谷を造っている。地図の上でもここだけは崖の記号が連続して、変化の大きい地形であることを示している。ちなみに、町から川の対岸にあるクリムルダ Krimulda の城跡まで、谷の上を横断するロープウェイで空中散歩を楽しんだあと、古城と洞窟のある森の中を散策できる。

Blog_latvia_riga 州全体図の周囲と裏面には、主な町の拡大図が所狭しと並び、地名索引、観光地ガイド(ラトビア語のみ)と、1枚ものの地図としては情報が盛りだくさんだ。しかし、この地図には残念ながら首都の拡大図は載っていない。それは、リーガ市が政府直轄の独立した行政区域になっているからだ。

ヤーニャ・セータ社はラトビアとリトアニアの市街図も多数刊行していて、リーガ市に関するものが何種類もカタログに載っている。筆者の手元にあるのは、市域の大部分を1:20,000、中心部を1:7,000で描いた「リーガ市街図 Rīga pilsētas plāns」で、厚紙カバーと地名索引が付された片面刷りの折図だ。

この図は、先述の地域図に比較すると、薄めの色を多用している。主要街路は赤の縁取りに黄色の塗りがあるのでまだしも、路地は市街地のベタ塗りにほとんど埋没してしまっている。書き込みをするにはいいが、実際に移動しながらでは読み取りにくそうだ。バスやトロリーバス、路面電車の市内交通網も表現するために、塗りのインパクトを抑えようとしたのかもしれないが、全体としては眠たげな印象の地図になった。

Blog_latvia_riga_panorama 一方、リトアニアのブリェディス社 Briedis が作る旅行地図の一つに、「日帰りリーガ One day in Rīga」というのがある。旧市街 Vecrīga を俯瞰するイラストマップで、表紙にも中身の一部が抜粋されているから、これで全体を想像していただこう。

絵図の中央に他を圧する大きさで鎮座するのは聖ペテロ教会、その左下に隣接する茶色の屋根が、冒頭で触れた聖ヨハネ教会だ。タイトルでもわかるように、これは完全英語版(地名はラトビア語併記)なので、裏面に載っている観光案内も理解できるし、添えられた1:10,000市街図もヤーニャ・セータ版より色遣いが明快で、使いよい。リーガ観光にはこれが最適かもしれない。

これらの地図は、ヤーニャ・セータ地図店のオンラインショップで購入できる。

■参考サイト
ヤーニャ・セータ地図出版社 http://www.kartes.lv/
ヤーニャ・セータ地図店(英語版) http://www.karsuveikals.lv/en/
ヤーニャセータ社が提供するラトビア地図サイト uzkartes
http://www.uzkartes.lv/

★本ブログ内の関連記事
 バルト三国の地図-ラトビアの地形図
 バルト三国の地図-エストニアの旅行地図
 バルト三国の地図-リトアニアの旅行地図

2008年6月12日 (木)

バルト三国の地図-ラトビアの地形図

世界地図ではほんの小国に見えるラトビア Latvia だが、面積は64,589平方キロとオランダやスイスの1.5倍、身近な比較では北海道の8割近くの広さがある。筆者にとっては、別項で紹介するヤーニャ・セータ社の旅行地図が手元にあったことや、官製の地図成果がウェブで公開されていたことで、バルト三国の中でも近しい存在だった。

まず、そのウェブ版官製図を見ていただこう。

■参考サイト
ラトビア観光情報サイト viss.lv  http://viss.lv/latvija.php

最初に表示されるラトビア全図 Latvijas karte で任意の場所をクリックすると、詳細図が現れる。これは家の記号で示される宿泊施設をはじめ、さまざまな観光スポットの位置を確認するためのツールだが、ここで言及したいのは地図そのものだ。一見、概略的な印象があるが、よく見ると10m間隔の等高線が入り、交通網ばかりか地物や植生もきちんと描かれ、無料閲覧用としては立派なものであることがわかる。地図に、国の測量局である「国土サービス Valsts zemes dienests / State Land Service」のコピーライトが添えてあることで、ソースが官製であることがはっきりする。

Blog_latvia_50ksatellite 実は、このデジタルマップと衛星画像を重ね合わせた、前回のエストニアと同じような地図シリーズ(右写真)が市販されているのだ。ラトビアでも全土をカバーしている地形図(印刷図)の縮尺は1:50,000だが、やはり衛星地図 satelītkarte と地形図 topogrāfiskā karte の2種類が存在する。しかも本来応急版の位置づけだったはずの前者が、今も更新され続けているというのが興味深いところだ。

衛星地図の初版は1994年に刊行が開始され、1998年に全国131面が揃っている。その年に正式版地形図(民生用)が現れたので、これが全土を覆うころには衛星地図は廃刊かと思われたが、2002年に第2版として6面が改訂されたのを皮切りに、2007年現在で71面まで切り替わったという。第2版でも図式の変更はほとんどないが、主要データであるデジタルマップは全面的にベタ塗りされているので、衛星画像がほとんど裏に沈んでしまい、生で見えるのは産業地区だけだ。市街地にはコーラルレッドが配され、ウェブ版に比べても落ちついた色調に調整されている。

Blog_latvia_50k では、完成度を高めた衛星地図に対して、地形図はどのような特徴があるのだろうか。両者は図郭、図番体系とも同じなので並べてみると、地形図のほうが情報量の点で優れていることは明らかだ。前者で写真のままだった産業地区の建物が図化されているのは当然として、居住地や耕作地の描写も詳細になり、等高線は10m間隔で変わらないが補助曲線を多用して、微細な地形を表現している。

それでもなお、写真地図の更新を維持しようとしているのは、デジタルマップとしての汎用性とともに、直感的な識別性で地形図を補う機能があると考えているのだろう。地形図を読み込むには少々慣れが要るが、衛星地図は一瞥で土地の概要がつかめるからだ。

地形図も第2版の刊行が進んでいて、2008年5月現在で北西部を中心に28面が切り替えられた。新版では市街地の配色が、グレーから写真地図と同じコーラルレッドに改められ、図全体の印象が明るくなった(右写真は第2版)。

Blog_latvia_10k さらに大きい縮尺の地形図として、2002年に1:25,000が6面試験刊行されたが、広域整備には至らなかった。それに代わるのが、2001年から順次拡大されてきた1:10,000地形図だ(右写真はリーガ旧市街)。最初は各地域の資料を使った簡易版を作ったようだが、現在では正式版が、ロシアやベラルーシとの国境地帯、首都周辺、地方都市などで完成している。地方都市の中心部は正規の図郭にこだわらず集成図とするなど、利用者本位の編集が図られている。

ラトビア共和国国土サービス Latvijas Republikas Valsts zemes dienests / State Land Service of the Republic of Latvia は、再独立後間もない1992年に設立され、その後再編を受けながら、同国の測地と地図作成を担ってきたが、2005年12月にラトビア地理空間情報局 Latvijas Ģeotelpiskās informācijas aģentūra / Latvian Geospatial Information Agency が新設されて、機能が移管された。地形図には国土のシルエットをデザインした新組織のシンボルマークがついている。

なお、ラトビアのリーガにあるヤーニャ・セータ社 Jāņa Sēta のオンラインショップで、これら民生用の官製地図を販売しており、国外からも購入できる。

■参考サイト
ラトビア地理空間情報局 http://www.lgia.gov.lv/
「官製地図を求めて」ラトビア
http://homepage3.nifty.com/homipage/map/map_latvia.html
 関連サイト等をまとめている。

★本ブログ内の関連記事
 バルト三国の地図-序章
 バルト三国の地図-ラトビアの地方図・市街図

2008年6月 5日 (木)

バルト三国の地図-エストニアの地形図

北欧の内海、バルト海 Baltic Sea を奥へたどると、ストックホルム沖で二手に分かれる。東側の湾入をフィンランド湾というが、その南岸はエストニア Estonia が占めている。フィンランドの首都ヘルシンキとエストニアの首都タリン Tallinn は海を隔てて80km強の距離しかなく、高速艇を使えば日帰り観光ができるほど近い。

Blog_estonia_20k エストニアの地形図のサンプルとして、そのタリンを含む数葉を購入した。普通に入手できる最大縮尺は、1:20,000基本図 Eesti põhikaart / Estonian Basic Map(写真右)だ。北方の海を想わせる涼しげな緑青の表紙には、国章である金の盾と3頭の青いライオンの傍らに、この国の測量機関であるエストニア国土局 Eesti Maa-amet / Estonian Land Board の名が記されている。地形図の紹介が国土局のホームページにあった(以下、英語版から引用)。

「エストニアの基本図は全土をシームレスにカバーするデジタル地形データベースで、道路、送電線などのユティリティ、居住地、水部、地形、地名および土地利用に関する情報を含んでいる。精度と内容は縮尺1:10,000の地図に相当するものだ。」

「印刷図は1:10,000デジタルデータから1:20,000に編集したもので、作成過程は1996年以降、完全にデジタル化されている。(略)1997年に、国土全域のオルソフォトとベクトルデータベースが完成したが、同時に資源の集中化を図るため、印刷図は最もニーズの高い地域のみ作成するという戦略的な意思決定がなされた。その要求に応えて、2002年に、新しい印刷図のレイアウトがエストニア国防軍と共同で設計された。国防軍はその後、多数の図葉を作成し、作業が完了したものから、デジタルデータを地図にプロットして頒布できるようになった。2007年の第3四半期までに、全部で339面の基本図が刊行されている。」

地形図は原データに50%縮小をかけただけあって、2.5m間隔の等高線や土地利用区分、工場建物の正確な形状など、かなり精密な描写が施されている。しかし、国土局の手になるのは、2006年現在で主に東南の内陸部や西の島嶼部(ヒーウマー島 Hiiumaa、サーレマー島 Saaremaa)などに限られており、残る地域は索引図に載っていない。別の資料ではバルト海沿岸部一帯が国防軍の担当区域になっているが、一般人に入手可能かどうか定かでない。それで、刊行図で全土を見ようとすると、もう一段縮尺を小さくして1:50,000に頼らなければならない。

Blog_estonia_50ksatellite 右の写真は国土局の1:50,000で、ベースマップ Baaskaart(上記の Basic Map と区別しにくいので英語名称のままにしておく)と称しているが、表紙に併記されているように内容は衛星写真図 Satelliit-fotokaart だ。1991年の主権回復後、短時間で地理情報基盤を整備するため、1:50,000相当のやや粗い精度でデジタルマップが作成された。これに、スウェーデンの技術協力によるSPOT衛星画像を重ね合わせたものだ。

森、湿地、耕地などを色面で区分しているので土地利用図のように見えるが、10m間隔の等高線が入り、地形図の性格も失ってはいない。とはいえ、黒ずんだ画像に主要街路のみを上書きした市街地の簡易な描写がどうしても目につき、急ごしらえの印象は否定できない。

実はエストニアの1:50,000にはもう一つのシリーズ(写真右下)が存在するが、不思議なことに国土局のホームページでは一切扱われていないのだ。ちなみに国土局の地図作成は1:20,000がEOマップ社、1:50,000ベースマップはエストニア地図センター Eesti Kaardikeskus / Estonian Map Centre に業務委託されている。この別の1:50,000シリーズの表紙にも同じセンターのロゴがあるが、その上に紫で書かれた Eesti Päevaleht は、エストニアの新聞社の名だ。同社のホームページで地形図の国内向け販売を行っているところから推測すると、地図センターが製作し、新聞社が発売元となっているようだ。

Blog_estonia_50k このように、官製図の範疇からは外れるのだが、内容は「エストニア軍用地図および国土局基本図資料を使用して編集」という注記の期待にたがわず、上記のベースマップとは比較にならない本格的なものだ。

1:20,000と照合すると、市街地の総描化は当然のこととして、その他の地物はおおよそ忠実に再現されていることがわかる。平坦な地形を反映して等高線間隔は5mで、微細な起伏も表現されている。ただ1つ決定的に違うのは図郭の切り方で、官製図が一貫して測地系の座標で区切っているのに対して、こちらは緯度20分、経度30分の経緯度で分割しており、そのため方位が微妙にずれてくる。折り方が横長34.5cmと極端に細長く、筆者としては収納に少々困るが、些細なことを傍らに置けば、高い精度で全土をカバーするという点から、エストニアの事実上の基本地図と言っても過言ではない。

Blog_estonia_maplegend ところで、官製1:20,000と民間の1:50,000、製作者も仕様も違う2種の地形図に、ある共通点を見出せる。それはコントラストを際立たせた色使いだ(写真は両者の凡例)。濃茶で塗りつぶされた道路や、鮮やかな紫の市街地など独特の外見は、湾を隔てて隣り合うフィンランドの地形図の派手な紙面を連想させる。これも地域色というべきだろうか。

■参考サイト
Eesti Maa-amet エストニア国土局 http://www.maaamet.ee/(英語版あり)
「官製地図を求めて-エストニア」
http://homepage3.nifty.com/homipage/map/map_estonia.html

★本ブログ内の関連記事
 バルト三国の地図-序章
 バルト三国の地図-エストニアの旅行地図

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

BLOG PARTS


無料ブログはココログ