« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月27日 (木)

旧ソ連軍作成の地形図 I

Blog_genshtab_map1

旧ソビエト連邦が、国内にとどまらず、世界中の地形図や都市図を軍用として極秘に作成していたことは今ではよく知られている。ソ連による地形図の一例を画像(上図、下注)で示した。縮尺1:500,000の1987年版だ。キリル文字表記だが、中央上の海峡や左端の都市に注目すれば、どこを描いた地図かはすぐにわかるだろう。交通路の情報は古いままなのに、飛行場や港、灯台(星印)、発電所(×に似た印)などは克明に描かれている。

*注 使用した地形図は、旧ソ連製1:500,000 I-52-4 1987年編集 の一部 (原画像を50%に縮小)

ソ連の測量機関は、測地地図総局 Главным управлением геодезии и картографии = ГУГК(英訳 Chief Administration of Geodesy and Cartography)という名称で、経済・民間分野の地図作成も一括して管理していた。

1958年のアメリカ軍総司令部の資料によれば、同時に、軍参謀本部 Генеральный штаб(General Staff)のもとにある軍事測量局 Военно-топографическое управление = ВТУ(Military Topographic Administration)もまたソビエトの地図作成に関わっていて、前者との間で緊密な協力体制をとりながら、有事の際は明らかに後者の権限が優先する、としている。これらの地図はタイトル部分に「軍参謀本部」の文字が添えられていることもあって、参謀本部地図 Генштабовские карте と通称される。

Blog_genshtab_map2
京都市南部一帯(1:100,000 I-53-044 の一部、×100%)
東海道新幹線は描かれているものの、京都駅以西は少なくとも鉄道記号ではない。

ソ連図の研究者ジョン・デイヴィス John Davis 氏によれば、イギリスに関するソ連図で最も先行する例は図番M30の1:1,000,000図で、1938年の日付があるという。計画が第二次大戦以前から実行されていたことを裏付けるものだ。そして、戦後40年以上も続いたいわゆる東西冷戦で必要性が高まって、作業のさらなる徹底が図られたようだ。最大の規模をもつモスクワの測量局では、おそらく3万5千~4万人もの技術者が測量と図化に携わっていたといわれる。

地形図の作成範囲は

・1:1,000,000:全世界(約1,100面)
・1:500,000:全世界(約3,100面)
・1:200,000:全世界(オーストラリア、赤道アフリカ、南アメリカを除く)
・1:100,000:アジア、ヨーロッパ、北・北東アフリカ、北アメリカの大部分
・1:50,000:旧ソ連とヨーロッパ、極東、近東の多くの地域
・1:25,000:旧ソ連と東欧
・1:10,000:ソ連の1/4程度

におよび、そのほかに市街図(等高線入り)が作成された都市は、旧ソ連を除いても2,000以上あるという。D・ワット氏の見積りでは、これらをすべて合計すると107万という途方もない面数になる。

公然と地形測量を実施できない他国(往々にして敵国)の地図を作成するための最も簡便な方法は、既存の地形図類をベースにすることだ。旧日本軍は、インドシナではフランス、インドネシアはオランダ、インドはイギリスといった宗主国作成の地形図を丹念に写し取ることで、短期間に多量の作戦用地形図(外邦図)を編集することができた。ソ連の場合もおおむね同様だ。イギリスの陸地測量部 Ordnance Survey (OS)  は1997年9月に出した声明で、「(ソ連図は)多少の追加材料を含んではいるが、ほとんどOSの著作物の改作といってよい」として、著作権の侵害を主張している。

しかし、上述のデイヴィス氏は、新たな開発地区がOS図の改訂より早くソ連図に掲載された例や、現実に存在せず当然OS図にもないが、空中写真では街路のように見える公園が、ソ連図で堂々と街路として描かれている例をあげて、1960年代から高高度を飛ぶ偵察機やスパイ衛星の画像が最大限利用されていることを指摘する。さらに、大使館に配属された外交官が持ち帰った案内書、年鑑その他、さまざまな公表済み資料が駆使された。

また、2003年2月には、スウェーデンの重要な海軍基地にある水路の機雷装置や水深といった機密データが、16年も前からソ連図に詳細に表示されていることが発覚し、同国に大きな衝撃を与えている。公表資料以外にも、KGBが絡んだ不法行為による情報取得が実行されていたことは想像に難くない。

当時、この地図類は機密書類としてソ連各地25の保管所に分散されて、政府や軍関係者がすばやく照会できるよう整備されていた。しかし、1992年の体制崩壊により、地図がもっていた本来の使命は潰える。

ロシア連邦、ベラルーシ、ウクライナにあった在庫はロシアの管轄下に残されたが、後に、ロシア領土に関するものを除いて、外貨獲得の一役を担うことになる。オムニ・リソース社 Omni Resources とイースト・ヴュー・カートグラフィック社 East View Cartographics を代表とするアメリカの地図業者の手を介して、図書館や収集家に渡るとともに、オリジナルペーパーからデジタル化されて、インターネットで広く公開されていった。

一方、ラトビアにあった地形図は別の運命をたどった。あるオリエンテーリング愛好家が、保管庫の6000トンのストックが溶解処分されることを知り、そのうち100トンを買い上げる交渉に成功した。しかし、自宅の庭で放火に遭い、結局救い出せたのはわずかに2~3トンだった。これが現在、彼が始めた地図店ヤーニャ・セータで販売されているソ連図のルーツだ。

ある地質学者のレポートによると、ヒマラヤ東部ではソ連製の地図が極めて役立つという。アメリカ製の地図もこの地域をカバーしているが、等高線がなく山や川の位置も不正確なのに対して、ソ連の1:200,000はGPSデータと一致し、等高線、崩壊地、氷河、集落等も正確に描かれているそうだ。一方、北朝鮮のエリアは、韓国の出版社がソ連の1:50,000図400面を2巻に集成して、『最近北韓五萬分之一地形図』と銘打ち、一般に販売している。

アジアやアフリカでは、地形図を公開しない、あるいは国外への持出しを禁じる国が未だ多数を占める。詳細な地理情報の乏しい地域に関する貴重な資料として、冷戦時代の負の遺産が活用されている。このような時代をあのとき誰が想像しただろうか。

次回は、これらの地図を閲覧できるサイトを紹介する。

■参考サイト
www.SovietMaps.com http://www.sovietmaps.com/
ジョン・デイヴィス氏の運営するサイト。ソ連製イギリス地形図についてのサンプル画像を含む詳細な情報がある。本稿はこのサイトを参考に記述した。

ソ連地形図の地図記号(1958年米軍総司令部資料)
http://www.lib.berkeley.edu/EART/pdf/soviet.pdf

★本ブログ内の関連記事
 旧ソ連軍作成の地形図 II
 旧ソ連軍作成の地形図 III
 ロシアの地形図地図帳

 旧 東ドイツの地形図 I-国家版

2008年3月20日 (木)

ウクライナとベラルーシの地形図閲覧

ウクライナ、その北に隣接するベラルーシ、それにウクライナとルーマニアに挟まれたモルドバ共和国の地図を見ることができるサイトを紹介する。

■参考サイト
ウクライナの地図 Карта Украины http://maps.vlasenko.net/

Blog_ukrainemap_hp 個人管理のサイトと思われるが、収載情報のボリュームは生半可なものではない。ウクライナとベラルーシの1:100,000~1:1,000,000(10万分の1~100万分の1)地形図および空中写真、モルドバ共和国の1:200,000~1:1,000,000地形図、さらにウクライナや首都キエフの古地図など、実に多種多量の地図が含まれている。キリル文字を使う国々にはつい縁遠さを感じてしまいがちだが、この充実ぶりを前にしては見過ごすわけにいかない。

表記はほとんどロシア語なので、トップページの英語訳を参考までに画像で示した(素人訳につき迷訳ご容赦)が、基本的な使い方は以下のとおりだ。

画面左上にあるウクライナ行政区分図で、見たい地点にカーソルを置いてクリックする(赤の照準が合う)。次に、図の下の перейти(change)ボタンをクリックする。これで右側に該当地点の1:100,000地形図が表示される。ディスプレーの解像度により実寸どおりとはならないが、2kmグリッド(方眼1つが2km×2km)により距離の見当はつく。表示範囲の移動は、地形図の上下左右にある矢印でもできる。

地形図の下のキャプションを初期表示の状態で説明すると、лист(Sheet): m-36-050はもとの地形図の一連番号(図番)を示し、全体画像へリンクが張られている。続く косм. фото(aerial photo): m-36-050s は、同区画のモノクロ空中写真へのリンクだ。次の行は近隣の主要都市への距離を表示していて、当該都市の地形図に切り替わる。

このように、地点を指定した検索方式とは別に、インデクスマップから直接、全体画像を表示するページも用意されている。ファイルサイズは大きいが、ダウンロードの速度は悪くないので、筆者にはこちらが使いやすかった。画面左下に、Топографические ("генштабовские") карты Украины、すなわち「ソ連軍参謀本部ウクライナ地形図」とある。"генштабовские"は「参謀本部(Генеральный штаб = General staff)の」という意味で、日本の地形図も戦前そう呼ばれていたのを思い出させるが、その見出しの下にリンクが並んでいる。

1.Топографические карты Украины 1:100000
 ウクライナ1:100,000地形図
全539面。一覧図はクリッカブルマップになっている。注釈によると、データの多くはアメリカ、バークレイ大学のサイトに由来している。地形図の製作(改訂)時期は、旧ソビエト連邦を構成する共和国であった1980年代が中心で、軍用情報も入った正式版の官製地図だ。ファイルサイズは2MB前後だが、画像は鮮明だ。

2.Те же карты Украины в формате ozf для OziExplorer (для КПК)
 OziExplorer用ozf形式の同 ウクライナ地形図

3.Топографические карты Украины и Молдовы 1:200000
 ウクライナおよびモルドバ1:200,000地形図
北部と南部に一部欠図があり、提供されているのは134面。これも軍用情報が加刷された正式版だ。ファイルサイズは平均4MBあり、50%圧縮をかけても十分使用に耐える。

4.Топографические карты Украины 1:100000 2006 года
 ウクライナ1:100,000地形図 2006年
同国の西半分(キエフ~オデッサをつないだ線より西側)118面が提供されている。1の図郭を横に2枚つなげた横長サイズで、折り目も写っており、本ブログ「ウクライナの1:100,000地形図」で紹介した市販の印刷図をスキャニングしたものと思われる(許可を得ているかどうかは知らない)。図番も踏襲されている。

原図は両面刷りで、片面だけに凡例などが載っているが、この部分は画像化されていない。「2006年」と銘打つものの、筆者の手元にある印刷図には2003年のコピーライト表示があり、必ずしも地形図の製作時期を表してはいないことにも注意。同じ地域で1と比較したところ、地物の表示はほとんど変化がなく、どの程度更新されているのかは不明だ。なお、このページにはクリッカブルマップがないため、ブログに添付した一覧図を参考にして位置検索するといい。

5.Топографические карты Украины 1:200000 2006 года
 ウクライナ1:200,000地形図 2006年版
50面で全土をカバーしている。4と同じ出版社が刊行している州別地図シリーズ25面(両面刷り)のスキャニングと思われる。官製図に比べて、道路と行政区画が色刷りで強調されている。

6.Топографические карты Украины, Беларуси и Молдовы 1:500000
 ウクライナ、ベラルーシおよびモルドバ1:500,000地形図
33面で上記3国をカバーする。画像から図郭外の情報がほとんどカットされているが、編集年や国名表記からソ連時代の官製地図であることがわかる。中縮尺図と異なり、山岳地帯はぼかしが加えられており、地勢が把握しやすい。

7.Топографические карты Украины, Беларуси и Молдовы 1:1000000
 ウクライナ、ベラルーシおよびモルドバ1:1,000,000地形図
12面。これもソ連作成の官製地図だ。3国の領土に少しでもかかる図葉を揃えているので、東経18度~42度、北緯44度~60度まで広範囲にカバーし、リガ、タリン、ワルシャワ、ブダペストも範囲に入る。

次のКарта Беларуси (Map of Belarus) では、ベラルーシの地形図を見ることができる。クリックすると、次ページの上から、
Карты советского Генштаба
ソ連軍参謀本部地図
Топографические карты Беларуси 1:100000 208 листов
ベラルーシ1:100,000地形図208面
Топографические карты Беларуси 1:200000 61 лист
ベラルーシ1:200,000地形図61図

いずれもウクライナと同じ正式版の官製地図だ。続いて、同国の1:850 000道路地図、ブレスト、ゴメリ(ホメリ)、グロドノ(フロドナ)、ミンスク、モギリョフ(マヒリョフ)、ヴィテブスク(ヴィチェプスク)の市街図、1:1,000,000行政図、同 地勢図と並んでいる。

最後のリンクはユーラシア大陸、アフリカ大陸に及ぶ地形図集成なのだが、これはさらに紙幅を必要とするので、別の機会に記したい。

★本ブログ内の関連記事
 ウクライナの1:100,000地形図
 旧ソ連軍作成の地形図 II

2008年3月13日 (木)

ハンガリーの道路地図帳-国防省地図会社

ハンガリーの近代史を遡ると、4年以上に及んだ第1次世界大戦に敗れて、1920年に結ばれたトリアノン条約で領土の7割以上を失っている。それまでは、現在のオーストリアのブルゲンラント州、スロバキア、ルーマニア北西部(トランシルヴァニア)、ダルマチア地方を除くクロアチアその他を包含した中欧の大国だったのだ。当時、北と東の周縁部には、標高2500mを超えるようなカルパティア山脈が長々と横たわり、ダイナミックで変化に富んだ風景を有していた。

Blog_hungaryatlas3
国防省地図会社の道路地図帳
2004年版(左)表紙(右)裏表紙

今日では、ハンガリーといえば、プスタに代表される平原のイメージがある。ドラーヴァ Dráva、ドゥナ(ドナウ)Duna、ティサ Tisza の三大河川に囲まれたのびのびとした穏やかな地形が、そう思わせるのだろう。しかし、国土の北半は、東西にかけて低いなりに山地が連なっているし、スロバキアから続く石灰岩地帯もあって、地形的には決して単調ではない。

国防省地図会社 Ministry of Defense Mapping Company が刊行している道路地図帳を開くと、そのような国土の概観が見えてくる。筆者の手元にあるのは2004年版だが、次の改訂に際して、表紙のデザインが一新され、判型も変わってしまった。以下は、旧版をもとにした紹介だ。

メインの地図は縮尺1:200,000で、見開き32面、64ページに分割されている。道路がランク付けに応じて色分けされ、地点間距離が記入されているところは、道路地図の基本的条件を満たしている。しかし、前回見たような、旅行情報までふんだんに取り入れた様式を期待してはいけない。国立公園などの区域表示はあっても、城跡だの展望台だのキャンプ地だのといった個別記号はまったく用意されていないし、逆に、ドライブにはあまり関係のない送電線やテレビ塔の記号があったりするのだ。

Blog_hungaryatlas3_detail
地図サンプル
(左上)1:200,000道路地図
(中)ブダペスト市街図
(右下)ヨーロッパ全図
(地図帳裏表紙を拡大)

一方、地勢表現については申し分ない。等高線が標高200mまでは20m間隔、それを超えると40m間隔(一部20mの補助曲線も使用)で入り、ぼかし(陰影)も伴っていて、地形の特徴が手に取るように分かる。地勢表現だけ見ればわが国の1:200,000地勢図に似ていなくもないが、こちらは等高線間隔は100mだから、ハンガリーのほうが表現はより詳細だ。

小縮尺図では平坦そうに見えるドナウ以西の地域も、これで見ると細かい起伏があり、道路や鉄道はそれを縫いながら延びているのだと納得する。経緯度が明示され、UTMグリッド(10km)によるレファレンスも可能で、道路地図と名乗っているものの、地形図といったほうが実態に近い。

そこで、同国の官製1:200,000地形図と比較してみた。等高線の表現はほぼ同一だった。官製図の等高線間隔は一律40mだが、補助曲線が多用されているため、地図帳では低地を20m間隔で表現できるのだ。起伏を実感させるぼかしは、地図帳だけの特別仕様だ。道路も地形図を踏襲しているが、主要道については太めに強調されている。市街地の表現はラベンダー色をベタ塗りした、いわゆる総描表示に変更されていて、確かにこのほうが他の情報の読み取りを妨げない。

このように、地図帳は官製図の精度を保ちながら、識別性の点で著しい改良が加えられている。もはや同じ縮尺の官製図を1枚ずつ購入する必然性はないに等しい。

国防省地図会社のカタログには、4種類の地図帳があがっている。

・ヨーロッパ、ハンガリー、ブダペスト道路地図帳 価格15ユーロ
・ハンガリー及びブダペスト道路地図帳 13ユーロ
・ハンガリー道路地図帳 11ユーロ
・ブダペスト道路地図帳 7ユーロ

2ユーロの違いなので、筆者はオールインワンの最前者を選んだ。しかし、収載されているヨーロッパ全図は(カルトグラフィア社の提供と推測するが)、国別に着色して道路網と都市名だけを詰め込んだ、いささか味気ないものだった。一方、ブダペスト市街の区分図は全市域をカバーし、すべての通り名と系統番号つきのバス・トラムルートを記載するなど丁寧に作られているが、街歩きの目的だけなら、中心部の拡大図で間に合う。そのような理由で、筆者にもし今度改訂版を買う機会があれば、リスト3番目の「ハンガリー道路地図帳 Hungary Road Atlas, Magyarország autóatlasz」のほかには手を出さないつもりだ。

■参考サイト
国防省地図会社 http://www.topomap.hu/

「官製地図を求めて」ハンガリー
http://homepage3.nifty.com/homipage/map/map_hungary.html
 入手先、入手方法を記載している。

★本ブログ内の関連記事
 ハンガリーの道路地図帳-カルトグラフィア他1社
 ハンガリーの1:50,000地形図
 ハンガリーの旅行地図-カルトグラフィア社

2008年3月 6日 (木)

ハンガリーの道路地図帳-カルトグラフィア他1社

道路地図帳はクルマのドライバーのためだけにあるのではないと、筆者は思っている。鉄道やバスを利用する旅のプランニングにも、国や地域について調べ物をするときにも、一定程度大きい縮尺で、地名、道路網、地点間の距離、市街地の広がりなどがわかる道路地図帳は大変役に立つ。機能一辺倒でなく、旅心を誘うような工夫が施されていれば、なおさら歓迎だ。

Blog_hungaryatlas1
カルトグラフィア社
の道路地図帳表紙

カルトグラフィア社のハンガリー道路地図帳(右写真)は、この国のことをほとんど知らなかった頃に、地名を検索する目的で購入した。表紙の MAGYARORSZÁG(マジャル・オルサーグ)はマジャル人の国、すなわちハンガリーのことだ。

地図の上で赤枠で囲まれた地名に気づく。凡例を見ると、それは「見どころ」を表していて、さらに枠内を黄色に塗っているのは美観都市 Picturesque town の意味だとわかる。赤の点線を沿わせた道路は景色のいい道で、周辺に点在する記号は、展望台、古城、宮殿、修道院、博物館のような観光スポットを示すものだ。該当区域はたいてい国立公園か、景観保護地域のアミ(網点)が被されている...。

こうしてページを繰るうちに、皆目わからないハンガリー語の注記も、にわかに興味の対象へと浮上してくる。道路地図帳が未知の国への案内役に変身するときだ。

カルトグラフィア社のことは、別稿「ハンガリーの旅行地図-カルトグラフィア社」で紹介している。筆者の手元にある道路地図帳は、同社のシンボルカラーである黄色いカバーを付けた横14.5cm×縦24cm、144ページのコンパクトな冊子で、全国を見開き45面に分割した縮尺1:250,000の地図に、地名索引がつく。同社はA4変形サイズの中型地図帳も刊行しているが、旅行に持参するなら小型のほうが扱いやすいだろう。

地図には地勢表現はなく、ベージュ色の市街地とアップルグリーンの森林がアクセントになっている。道路記号は自動車専用道(ドイツでいうアウトバーン)を、緑の間に黄を挟んだ太い線で強調する一方、一級道を緑、二級道を赤、地方道を橙、その他を黄と色分けする。注目すべきはサイクリングを推奨する道路の表示があることで、日本の地形図にある有料道路の記号に似て、道路の中央に黒点が並んでいるのがそれだ。選択基準は知らないが、平野、山間を問わず国内をくまなく巡っている。

鉄道はマゼンタの実線で、標準軌、狭軌、ラック式と区別され、駅舎が線路のどちら側にあるかもわかる。このような交通路の表示に加えて、先述の旅行情報がこまめに記載されているわけで、眺めていても、いっかな飽きることがない。

Blog_hungaryatlas2
サルヴァシュ・アンドラーシュ社の道路地図帳表紙

さて、道路地図で目的の町までたどり着いたら、次は市街図が必要になる。1:250,000の縮尺では町の中の様子までとうてい描けないからだ。同社の中型地図帳には市街図が付いているようだが、小型版にもあればと思っていたところ、サルヴァシュ・アンドラーシュ社 Szarvas András とディマップ社 Dimap の共同事業による道路地図帳(右写真)に出会った。サイズはカルトグラフィア社と変わらず、メインの地図の縮尺も同じ1:250,000だ。

道路地図は、全体的に見て旅行情報が控えめで、道路網の表示を主体にすっきりとデザインしている。例えば、カルトグラフィア社ならインターチェンジの誘導路や交差点のロータリーを描くなど、細部にもこだわりを見せるが、こちらのインターチェンジは円の中に番号を記入しただけの簡単なものだ。端的な言い方が許されるなら、徹底して読み深めたければカルトグラフィア、直感的な認識力を優先するならサルヴァシュというところか。

しかし、同社の地図帳の真髄は、むしろその先にある。道路地図と地名索引の後に、実に盛りだくさんの主題図が続くからだ。1:16,000市街図がなんと101個所、1:27,000旅行地図が13個所、1:64,000旅行地図が6個所、最後に1:15,000のブダペスト市街図が付いて、計80ページ。全208ページの4割を占めている。

Blog_hungaryatlas2_detail
地図サンプル
(左)1:250,000道路地図
(右)1:64,000旅行地図
バラトン湖北岸の一部
(地図帳裏表紙を拡大)

聞いたこともない地方都市まで丹念に揃えた市街図は、縮尺が統一されているので、町の規模を比較できるのがいい。内容を見ると、ほとんどの通りに名称が入れられ、主要施設が描かれ、教会や城跡など町のシンボルは赤で囲んで強調される。バスターミナルや駐車場ばかりか、病院や薬局の在りかまで読み取れるなど、実際の観光や所用に十分使えるものになっている。

続いては、人気の観光地やハイキング適地の拡大図だ。10m間隔の等高線が入った地形図で、1~2kmのグリッドにより距離が目測できるように配慮されている。伝統の小村ホッローケー Hollókő、ベネディクト派修道院のパンノンハルマ Pannonhalma、貴腐ワインのトカイ Tokaj、大鍾乳洞のアッグテレク Aggtelek、大平原のホルトバージ Hortobágyと、筆者は居ながらにして、ハンガリーの世界遺産を思う存分たどることができた。

カルトグラフィア社は、凡例がハンガリー語と英、独の3ヶ国語、サルヴァシュ社にいたっては、英独仏に中東欧の各国語で10ヶ国語もの表記があり、外国人が使うことを意識した編集がなされている。旅心をかきたてる逸品といえよう。

■参考サイト
カルトグラフィア社 http://www.cartographia.hu/ (英語版あり)
サルヴァシュ・アンドラーシュ社 http://www.map.hu/ (英語版あり)

いずれもショッピングサイトがある。両社の地図はヨーロッパの主な地図販売店でも扱っている。

★本ブログ内の関連記事
 ハンガリーの道路地図帳-国防省地図会社
 ハンガリーの1:50,000地形図
 ハンガリーの旅行地図-カルトグラフィア社

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BLOG PARTS


無料ブログはココログ