« スノードン登山鉄道 II-クログウィン乗車記 | トップページ | イギリスの運河地図 »

2007年9月20日 (木)

スランゴスレン鉄道乗車記

スランゴスレン Llangollen ~カロッグ Carrog 間 12.0km
軌間 4フィート8インチ半(1,435mm)
開業 1862年、休止 1964年、保存鉄道開業 1981~1996年

Blog_wales_llangollen1
スランゴスレン鉄道の蒸機列車。カロッグ駅にて

スランゴスレン Llangollen はウェールズ北東部、カンブリア山地の東側に位置する小さくも美しい町だ。幹線道路A5が町を貫いている。A5ロードの前身は、首都ロンドンとアイルランドのダブリン Dublin を結んでいた郵便馬車道で、1801年のアイルランド併合をきっかけに、有名な土木技師トーマス・テルフォード Thomas Telford の設計で整備された。1815年から始まった工事で、町は建設基地となり、完成後も重要な中継地点として栄えていた。

しかし、まもなく鉄道の時代が幕を開ける。A5のルートは確かに、ダブリンとの連絡港であるホーリーヘッドへ至る近道なのだが、地形が険しく、鉄道敷設には適さなかった。西海岸のリヴァプール Liverpool まで鉄道が完成すると、郵便運搬はリヴァプールから海路を採るルートに移される。さらに1850年には北部の海岸沿いにチェスター・アンド・ホリーヘッド鉄道 Chester and Holyhead Railway(現在のノース・ウェールズ・コースト線 North Wales Coast Line)が全通して、主要輸送路の地位は完全に奪われてしまった。

そのスランゴスレンに1861年、ようやく鉄道がやってくる。シュルーズベリー=チェスター線 Shrewsbury to Chester Line からルアボン Ruabon の南で分岐して、スランゴスレンまで8.4kmの路線で、ヴェイル・オブ・スランゴスレン鉄道(スランゴスレン溪谷鉄道)Vale of Llangollen Railway と呼ばれた。その年まず貨物営業が始まり、翌1862年に旅客も扱うようになった。続いて1865年に、関連会社によって西方のコルウェン Corwen まで延長され、1860年代のうちに、さらにウェールズ西海岸まで達した。路線は1896年に大手のグレート・ウェスタン鉄道 Great Western Railway (GWR) に引き継がれ、1948年の国有化を迎える。

しかし、残念ながら利用者は減少の一途をたどっていき、不幸にも不採算事業を整理するいわゆる「ビーチングの斧 Beeching Axe」の対象に挙げられる。1965年に旅客営業が休止、1968年には貨物も休止となり、その後まもなく設備の大部分が撤去された。

現在のスランゴスレン鉄道 Llangollen Railway は、この時廃止された路線のうち、スランゴスレンより西側の一部を復活させた保存鉄道だ。1975年から始まった再開のプロセスは、1985年にディー川 River Dee を渡って2.8km先のベルウィン Berwyn に届いた。その後、1990年にディーサイド・ホールト Deeside Halt、1993年にグリンダヴルドゥイ Glyndyfrdwy と1駅ずつ延長されて、1996年に現在の終点カロッグ Carrog に達している。

Blog_wales_llangollen_map1
スランゴスレン鉄道(赤で表示)と周辺の鉄道網

Blog_wales_llangollen_map2
スランゴスレン鉄道周辺の地形図
1マイル1インチ(1:63,360)地形図 108 Denbigh 1961年版 に加筆

今年(2007年)8月、この鉄道に乗る機会があった。拠点となるスランゴスレンは、毎夏の国際音楽祭や、世界遺産の運河と水路橋でも知られるとおり、観光地らしく華やかに飾り立てた町だ。中心部の北側を、ディー川がところどころに淵をつくりながら流れ下っている。16世紀に遡るという古い石橋の上に出ると、左前方に始発駅の全貌が見渡せた。相対式のプラットホームに腕木式信号機が建ち、大きな駅舎から屋根付き跨線橋が延びる。駅舎寄りのホームには、カロッグ行きの客車列車が停まっている。過去を知らない世代でもこれを前にすれば、何十年かタイムスリップした気分になるに違いない。

Blog_wales_llangollen2
スランゴスレン
(左)小旗はためくカッスル通り Castle Street (右)淵をつくって流れるディー川
Blog_wales_llangollen3
ディー川のほとりに設けられたスランゴスレン駅

スタンバイしている蒸機も客車も標準軌用なので、これまで狭軌の保存鉄道ばかりを見てきた目には、堂々とした姿に映る。この日の運行は、スランゴスレン発が11時、13時、15時の3本だ。土日は増便されるとはいえ、サマーシーズンでも意外に少ない。片道の所要時間は31~33分で、カロッグで20分ほど停車して折り返してくる。私たちも往復のファミリー切符を買って、ホームに出た。

機関車は、側面に英国国鉄初期の吠えるライオンのエンブレムをつけた80136号機だった。後ろに、GWR由来のクリーム色とチョコレート色に塗り分けられた国鉄標準型客車(BR Mark 1)が5両連結されている。車内は、中央通路の両側にテーブル付きボックス席が並び、標準軌らしいゆったりした乗り心地が楽しめる。

Blog_wales_llangollen4
(左)立派な駅名標の隣にかわいい腕木型信号機。背景は町と、駅のある対岸を結ぶスランゴスレン橋
(右)国鉄標準型客車が客を待つ

発車時刻になり、汽笛一声、列車はゆっくりと動き出した。駅を出ると、機関庫の大屋根と、車両を留置する側線が右手をかすめる。鉄道の作業基地は1km強進んだ先のペントレヴェリン Pentrefelin にもあり、ディー川を渡るために左にカーブしていくあたりで見えてくる。こちらは客車や貨車の整備場だ。列車の速度がいったん落ちるのは、ディー川の鉄橋が老朽化していて、10マイル(16km)の速度制限がかけられているからだ。渡り切ると、前を行く機関車のドラフト音が高まってくる。

旅の前半は、緑陰深い川べりを行くのだが、中でも最初の停車駅ベルウィンが、最も絵になる場所だろう。森に囲まれた渓谷の脇で、鉄道と道路の石造アーチ橋が直角に交差していて、やや下流には歩行者用の華奢な鎖橋も架かっている。古色を帯びた風景に、しゃれたハーフティンバーの駅舎が映える。地図によるとその先に、スランゴスレン運河の取水口になっている馬蹄形の堰 Horseshoe Falls があるはずだが、うっかり見過ごした。

Blog_wales_llangollen5
ベルウィン駅付近の「二重橋」

右手の木立が途切れると、トーマス・ゲインズバラ Thomas Gainsborough の絵さながらの洋館と美しい牧野が現れて、ひととき乗客の心を和ませる。と突然、暗闇が視界を遮った。ディー川の大きな蛇行を、長さ630mのベルウィントンネル Berwyn Tunnel で短絡しているのだ。

Blog_wales_llangollen6
ベルウィンを出ると、ディー川の向こうに美しい牧野が現れる
Blog_wales_llangollen7
ゲインズバラの絵さながらの風景(ベルウィン~ベルウィントンネル間)

トンネルを抜けると、車窓は一転して川の流れに沿った広くて明るい谷に変わる。ディーサイド・ホールト Deeside Halt は通過だった。次はグリンダヴルドゥイ Glyndyfrdwy、ここも乗降客はいそうになかったが、しっかり停車した。右手には、穏やかな表情のディー川が岸辺の木々の間から垣間見える。それをぼんやり眺めているうちに、列車は終点カロッグのホームに滑り込んだ。

周囲に畑と牧場しかないようなところだが、再興計画によって駅は立派に復元されている。ここでは折返しまでに20分ほど停車するので、乗客はみなホームに降りて、思い思いに過ごす時間がある。ホームは緩くカーブしていて、その先端に里道の陸橋が架かっている。ふと思い立ち、陸橋に上ってみると、駅と列車を入れたいい構図が得られた。機回し作業を終えた列車は、再び乗客を収容して、スランゴスレンに向け戻っていく。

Blog_wales_llangollen8
(左)カロッグ駅で折返しの発車を待つ人々
(右)「発車するよ!」 背景はコルウェン方の陸橋

(2017年1月9日改稿)

【追記 2017.1.9】
訪問当時、スランゴスレン鉄道はカロッグから、かつてデンビー Denbigh 方面の分岐駅でもあったコルウェン Corwen までの延長計画を準備していた。その後、2014年後半に町の手前までの第1期工事が完成し、暫定駅コルウェン・イースト Corwen East が設けられた(開通式は2015年3月1日)。現在、2期として、コルウェン中心部まで約270mの延長工事が進められている。

また、当時稼働していた80136号機は、ノースヨークシャー・ムーアズ鉄道 North Yorkshire Moors Railway に移籍している。

■参考サイト
スランゴスレン鉄道(公式サイト) http://www.llangollen-railway.co.uk/
Corwen Station - Promoting the town of Corwen
http://corwenstation-new.co.uk/

★本ブログ内の関連記事
 イギリスの運河地図
 スノードン登山鉄道 I-歴史
 スノードン登山鉄道 II-クログウィン乗車記

« スノードン登山鉄道 II-クログウィン乗車記 | トップページ | イギリスの運河地図 »

保存鉄道」カテゴリの記事

西ヨーロッパの鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スノードン登山鉄道 II-クログウィン乗車記 | トップページ | イギリスの運河地図 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BLOG PARTS


無料ブログはココログ