« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

米軍のアジア1:250,000地形図

前回は旧米国陸軍地図局 U.S. Army Map Service(AMS)が作成した日本の1:250,000地形図を、ペリー・カスタネダ図書館地図コレクションのサイトで覗いた。

■参考サイト
Army Map Service Topographic Map Series
http://www.lib.utexas.edu/maps/ams/

もうご承知のように、このシリーズは世界各地に及んでいて、アジア地域で公開されているのは、東は千島(クリル)を含む日本列島から、南はニューギニア島、西はパキスタン、中央アジア諸国にまで延びる。とにかく膨大な数だ。

アジアの多くの国では地形図の入手が難しい。国内では一般に販売している韓国や台湾も、国外への持ち出しは許可が必要だ。現在、これらの地域を、アメリカ国家地球空間情報局 National Geospatial-Intelligence Agency(NGA)が発行する1:500,000航空図(Tactical Pilotage Charts の頭文字をとって TPC と呼ばれる)がカバーしていて、これが誰でも入手できる最大縮尺の地形図になっている。それをしのぐのは、ソ連が作成したキリル文字表記の地形図でなければ、AMSのシリーズしかない。

AMS地形図の全貌を見るのはとうてい不可能なので、ここでは著名な世界遺産の描かれている図葉を探してみた。ただし、1:250,000という縮尺と1950年代という制作時期からして、地形を概観する程度にしか役に立たないことを承知の上でご覧いただきたい。

万里の長城 山海関(中国) Great Wall of China, Shanhaiguan
NJ50-4 昌黎
http://www.lib.utexas.edu/maps/ams/china/txu-oclc-10552568-nj50-4.jpg
NK50-12 臨楡
http://www.lib.utexas.edu/maps/ams/manchuria/txu-oclc-6614368-nk50-12.jpg
長城が海と出会う場所、山海関 SHANHAIKWAN は、下図では臨楡 LIN-YÜ の地名に付記されている。現在、秦皇島市の市域となっている臨楡市街南東(右下)の海岸線から、"Great wall"の注記のある実線が始まり、尾根に沿って内陸に延びている。

Blog_amsmap_sample1

秦始皇帝陵(中国) Mausoleum of the First Qin Emperor, China
NI49-5 西安
http://www.lib.utexas.edu/maps/ams/china/txu-oclc-10552568-ni49-5.jpg
下図左下にある西安 HSI-AN の市街から東(右)に延びる鉄道記号(隴海鉄道 Lunghai Railway)をたどっていくと、線路の右手に"Pyramid"の注記がある(下図の円内)。1辺350mの大陵墓もさすがに1:250,000では1.4mm角にしかならず、見逃してしまいそうだ。

Blog_amsmap_sample2

ハロン湾(ベトナム) Halong Bay, Vietnam
NF48-16 Haiphong
http://www.lib.utexas.edu/maps/ams/indochina_and_thailand/txu-oclc-6535632-nf48-16.jpg
下図中央の湾に、"Baie d'Along(ハロン湾)"の注記がある。破片のような島々と"Karst"、"Limestone Ridges"の注記で、海の桂林といわれる石灰岩地形がわかる。地図が編集された1954年はベトナムがフランスから独立した年で、図上の地名はまだフランス語で記されている。図の上方にある地名 Va Chai、Bai Chay、Hon Gay 等が現在のハロン市の中心部。ÎLE CAC BA はカットバー島。

Blog_amsmap_sample3

アンコールワット(カンボジア)Angkor Vat, Cambodia
ND48-10 Siem Reap
http://www.lib.utexas.edu/maps/ams/indochina_and_thailand/txu-oclc-6535632-nd48-10-2nd-ed.jpg
下図の下部にある水面は、トンレサップ湖。その北(上)にシェムリアップ SIEM REAP の町。そのすぐ北に"Angkor Thom"(アンコールトム)と"Angkor Vat"(アンコールワット)の注記がある。いずれも環濠が明瞭に描かれて、規模の大きさが知られる。

Blog_amsmap_sample4

タージマハル(インド) Taj Mahal, India
NG44-1 Agra
http://www.lib.utexas.edu/maps/ams/india/txu-oclc-6614190-ng44-1.jpg
下図左にアーグラ AGRA の町。そのすぐ東(右)、大きく蛇行するヤムナー川 Yamuna (地図では Jumna と表記)に面して、矩形の敷地と"Taj Mahal"(タージマハル)の注記が見つかる。

Blog_amsmap_sample5

ダージリン・ヒマラヤ鉄道(インド) Darjeeling Himalayan Railway, India
NG45-3 Kanchenjunga
http://www.lib.utexas.edu/maps/ams/india/txu-oclc-6614190-ng45-3-cop.2.jpg
NG45-7 Kishanganj
http://www.lib.utexas.edu/maps/ams/india/txu-oclc-6614190-ng45-7-cop.2.jpg
下図上方にダージリン DARJEELING の町。狭軌鉄道は破線の記号のため判読しにくいが、南(下)へ延びている。「Kishanganj」図葉に入ると、明瞭な実線表示になる。尾根伝いに走った後、反転を繰り返しながら平地へ降りて、シリグリ SILIGURI へ。途中5箇所あるというループ線も、この縮尺での表示は無理だ。

Blog_amsmap_sample6

All map images courtesy of University of Texas Libraries.

なお、AMS地形図の中国L500シリーズをハーバード大学図書館も公開している。
Army Map Service Series L500 of China
http://hcl.harvard.edu/libraries/maps/collections/series_indices/China_Index.html
しかし、専用画面で部分的にブラウズしていく方式はいかにもまどろっこしい。別ウィンドウで全画面表示も可能だが、解像度が低く、地名を判読するのは困難だ。

★本ブログ内の関連記事
 ペリー・カスタネダ図書館地図コレクション
 米軍の日本1:250,000地形図
 米軍のベトナム1:50,000地形図
 オランダ時代のインドネシア地形図
 旧ソ連軍作成の地形図 III

2007年5月24日 (木)

米軍の日本1:250,000地形図

前回、ペリー・カスタネダ図書館地図コレクション Perry-Castañeda Library Map Collection のことを書いたが、その真髄というべきものにまだ触れていなかった。旧米国陸軍地図局 U.S. Army Map Service(AMS)が1940~60年代に作成した世界各地の1:250,000地形図が鮮明な画像で公開されているのだ。同じものが日本の国立国会図書館にも所蔵されている(NDL-OPAC請求記号 YG713* など)が、自宅で自由に閲覧できるという点でこの存在は貴重だ。次のURLに公開資料の一覧がある。

■参考サイト
Army Map Service Topographic Map Series
http://www.lib.utexas.edu/maps/ams/

地形図は地域ごとにシリーズ化されて、アルファベット+数字3桁のコードがついている(例:L500 China、M501 Western Europe)。一覧の13行目に"Series L506 Japan"が見つかるはずだ。

■参考サイト
Japan 1:250,000  http://www.lib.utexas.edu/maps/ams/japan/

Blog_amsmap_kyoto_index
京都周辺の索引図

開けてみると、1図葉ごとに図番+図名のリストがずらりと並ぶ。例えば、筆者の地元京都が載っているのは、"NI 53-3 KYOTO" だ。図番のNI 53というのは1:1,000,000(100万分の1)国際図のコードで、Nは北半球、Iは赤道から緯度4度ごとに区切ってA、B、Cと名づけた9番目の区画を、53は経度180度から東回りに6度ごとに区切って53番目となる区画を表している。AMSの1:250,000は、さらにこれを横4×縦4=16分割した範囲が1図葉となる。コード末尾の3は、NI53区画の左上隅(北西角、MATSUE 図葉に相当)を1として右へ3番目の図葉という意味だ。索引図 Index Map を見ると、その位置関係が理解できるだろう。

サイトのページに戻ると、画面上方にリンク"Japan clickable map"がある。この索引図から、それぞれご自分の身近な地域の地図を選ぶといい。ここでは京都の図で説明を続けよう。

Blog_amsmap_kyoto
上半分はNI53-3 KYOTO、下半分はNI53-7 OSAKAの一部
(いずれも1953年編集)

北緯35度線が市街を横切っているせいで、"NI 53-3 KYOTO"図葉には京都市街の北半分しか表示されていない。経緯線で忠実に区切る区分図の宿命だ。四条通から南の市街は"NI53-7 OSAKA"図葉のほうに含まれるため、上の参考図では両図葉を貼り合わせておいた(下注)。

*注:筆者蔵の地図を使用しているので、OSAKA図は、ペリーコレクションと異なり、地勢のぼかしが入ったバージョンになっている。

地図記号はいまもアメリカの1:250,000地形図で用いられている様式とほぼ同じで、行軍や補給のために不可欠な交通、地勢、植生などの情報を中心としたシンプルなものだ。植生はその土地に典型的なものが追加される。この図では田圃 Rice Paddy がそれに当たる。

Blog_amsmap_kyoto_legend
凡例

市街は黄色に塗られてよく目立つ。主要道路も赤で図全体のアクセントとなっているが、まだほとんどがくくり(縁取り)のない線、すなわち未舗装道 Loose Surface だ。図郭左下の図歴には、「1924~44年陸軍陸地測量部および1945~48年国土地理院作成の1:50,000地形図、1945年米国水路部海図2733番を使用して1953年に編集」とある。戦後10年も経った1956年のワトキンス調査団のレポートにさえ「日本の道路は信じがたいほど悪い」と書かれたのだから、敗戦直後なら、さもありなんと思わせる。しかし、そのような道路にも堂々と NAKASENDŌ HWY などと注記が施されている。雨が降ればぬかるみとなる「街道」でも、アメリカ風にいえばハイウェイなのらしい。

鉄道は、日本の地形図で(JR以外の)民営鉄道を表す細い実線に短線を交差させた記号で、軌間(線路幅)別に3' 6"(3フィート6インチ=1067mm)と2' 6"(762mm)の2種類ある。それ以外の軌間や電化の有無は注記で補われる。軌間が違えば列車は直通できないから、これは軍事上重要な情報だ。鉄道ファンとしては、今はなき江若(こうじゃく)鉄道が琵琶湖西岸に延び、上図の範囲から外れるが、北陸本線旧線の難所だった敦賀をはさむ山間ルート、柳ケ瀬越えや山中越えも見えて、興味深い。

地名は当然ローマ字表記だが、手描きの漢字地名が赤で加刷されているのも大きな特徴だ。小さな集落まで几帳面にフォローされている一方で、大都市「京都」の文字は市街の右肩に遠慮がちに書かれている。自然地名は現地の読みを使っているので、欄外に日英の対照表が掲載されているのだが、これも相当に細かい。mountain に当たるのは -san、-zan、-yama、 -dake、-take、-mine、-ho、北海道の図葉には -fuji まであげられていた。なるほど地名は一筋縄ではいかないものだ。

等高線の間隔は国土地理院の1:200,000と同じ100mで、精度は遜色ない。それに、上図で示したOSAKA図葉のように、地形のぼかし(陰影)を加えたバージョンも多くて、軍用とはいえ、なかなか美しく丁寧に作られている。なお、地図リストの中で[verso]と注記されている項目は、地図の裏面に単色で印刷されている主要都市の市街略図だ。

このような地図が、ペリー・カスタネダ図書館のサイトでは全75面欠けることなく閲覧できるようになっている。L506シリーズは千島(クリル)列島の北東端から始まっていて、北から南へ緯度にして30度、東から西へ経度32度分の壮大な旅を居ながらにして楽しむことができる。

★本ブログ内の関連記事
 ペリー・カスタネダ図書館地図コレクション
 米軍のアジア1:250,000地形図

2007年5月17日 (木)

ペリー・カスタネダ図書館地図コレクション

アメリカ、テキサス大学オースティン校 University of Texas at Austin にあるペリー・カスタネダ図書館 Perry-Castañeda Library。大学に関わりの深かった2人の学者、アーヴィン・シュウェル・ペリー Ervin Sewell Perry(1935-1970)と、カルロス・エドゥアルド・カスタニェーダ Carlos Eduardo Castañeda(1896-1958)を顕彰して命名された図書館は、膨大な地図資料を所蔵している。その数は25万点を超え、世界全域をカバーする総合コレクションなのだが、とりわけオンラインでの提供数の豊富さで注目すべき存在だ。現在11,000点以上の地図が地域別に整理されて、ホームページで制限なく閲覧できるという。全所蔵数のわずか5%というなかれ。これでも、とても全てには目を通せないのではないかと思うほどのボリュームなのだ。

閲覧は、現物のスキャンニングから作成したJPEGファイル(一部はPDF)を単純にダウンロードする無骨な方式だ。ファイルサイズがかなり大きいため、高速回線は必須で、図上の地名検索や表示の拡大縮小といった気の効いたツールも用意されていない。しかし、レスポンスはかなり速いし、なにより小さなウィンドウでちまちまと見せられるインタラクティブ地図サイトと違って、ユーザ側のスキル次第で好みの表示・加工ができるのがありがたい。自前の画像の公開とともに、ウェブ上で公開されている地図サイトへのリンクも多数掲載されているので、全体として「ウェブ地図の総合図書館」と呼ぶに値する内容となっている。

では、どんな地図があるのか少し見てみよう。最も充実しているのはもちろん自国ものだ。「アメリカ合衆国 United States Maps」というページを見ると、全国地図、全国の歴史地図、都市の歴史地図、1970年の合衆国ナショナルアトラス、国立公園・記念物・史跡地図、州別地図コレクション、国境地図などと項目が並ぶ。全国地図としては、最小26KBから最大4.5MBまでさまざまなファイルサイズの地図が10種以上あがっている。利用目的に応じて適当な縮尺を選択できる。

州別地図のカテゴリーでテキサス州に飛ぶと、合衆国地質調査所(USGS、連邦政府の測量機関)の州別地勢図の画像にはじまって、地形図、道路地図、海図、地質図、オルソフォト地図、統計地図と、地図サイトの紹介が延々と続いている。地元オースティンの地図というページを開いてみたら、中にまた100以上のリンクが集めてあったのには仰天した。さすがに他州ではこれほどの充実度は期待できないが、USGSの州別地図と主要都市の地形図(部分)、それに公園地図、歴史地図などはどの州でも揃えてある。

こんな紹介記事が載っていた。「図書館文書課のスタッフは毎週20~30枚の地図をスキャンし、リンクの更新と追加を続けている。地図に興味のある人は誰しも、この一流のサイトをお気に入りに登録したいと思うだろう」("Perry-Castaneda Library Map Collection" Susan Clark, University of the Pacific, 1997)実り豊かなコレクションを維持し、充実するために、地道な努力が払われていることがしのばれる。かくして、オースティンまで気軽には行けない筆者もまたその恩恵にあずかれるのだ。

■参考サイト
ペリー・カスタネダ図書館地図コレクション Perry-Castañeda Library Map Collection
http://www.lib.utexas.edu/maps/

★本ブログ内の関連記事
 米軍の日本1:250,000地形図
 米軍のアジア1:250,000地形図

2007年5月10日 (木)

新線試乗記-大阪モノレール彩都線

たまにモノレールに乗るとワクワク感に囚われるのは、何も鉄道ファンに限ったことではないと思う。車窓は地上10数メートルの高い位置だし、遮蔽物が眼に入らないのであたかも空中を飛んでいるようだ。大阪北部を東西に走る大阪モノレール(会社名は大阪高速鉄道)には、大阪空港~門真市(かどまし)間21.2kmの本線と、万博記念公園から北へ分岐する彩都(さいと)線の2つの路線がある。2007年3月19日に後者が延伸されて、彩都西(さいとにし)駅まで6.8kmの路線となり、総距離でまたギネスブックを更新した。きょうは遅まきながらその初乗りをした。

阪急京都線と接続する南茨木で、大阪空港行きをつかまえる。2駅目の万博記念公園駅は2面3線。左右に本線、中央に彩都線の列車が入って、どの方向からも平面で乗り換えができるので便利だ。初乗りなので彩都線ではかぶりつきに立つつもりでいたが、それどころか、運転室後方左側にあるクロスシートの「特等展望席」がまだ空いていて、拍子抜けする。昼間は20分に1本と運転間隔が開くが、それでもこの乗車率なのだ。

Blog_saitosen1
万博記念公園駅を出ると彩都線は左へ分岐する
正面はエキスポランド

列車は東方向に出発する。左から大阪万博のシンボルだった岡本太郎の太陽の塔が、右手からはエキスポランドの遊具たちが見送ってくれる。中国自動車道を斜めにまたぎ越すと、すぐ公園東口駅で、茨木市方面から公園へのアプローチだ。モノレールは広大な公園を反時計回りに回っていく。左側は日本庭園があるはずだが、大きく育った樹木が線路を囲んでいて、見通しはきかない。

半周したあと北にそれて、阪大病院前駅。ここで車内がすいた。左手が大阪大学の吹田(すいた)キャンパスで、付属病院のほか、医、歯、薬、工学部などがあり、本部もここに置かれている。モノレールにとっては大事なマーケットのはずだが、地下鉄御堂筋線が直通する千里中央駅からここまでバスが頻繁に出ていて、料金も安いので(モノレール280円、バス210円)、通勤通学はもっぱらそちらが利用されているのだとか。

次の豊川駅まではほぼ直線。千里丘陵北側の分水界を乗り越えて、かつて西国街道、今は国道171号線が通過する回廊のような浅い谷を横切る。西国街道というのは西国(現在の兵庫以西)と京の都を結ぶ最短経路だったが、近代に入って鉄道が南方の大阪を経由したため、往還としては廃れてしまった。長らく都市化から取り残されたことが幸いして、街道沿いには古い町並みが随所に残っているようだ。ところで、車内のアナウンスを聞いていると、「よかわ」と第1音にアクセントを置いている。これは関西風だ。続く英語の案内は「Toyokawa」で、スタンダード。

Blog_saitosen2
彩都西駅に到着するモノレール

豊川駅の先は、スマートな2条の高架路が田園地帯を貫いて、ゆるい右カーブを切りながら正面の山地へ消えていく。ちょっと近未来的な光景だ。行く手の斜面に建物がいくつか建っているが、鉄道の終点になるような規模には見えない。と思っているうちに彩都西駅に到着。万博記念公園から11分だった。駅前にはショッピングセンターが1棟あり、タクシーの乗り場があったが、バスの便はなさそうだ。同じ道を戻るのは芸がないと考える筆者だが、自分の足を頼る以外ここから脱出できそうにないので、帰りのモノレールを待つことにした。

彩都(国際文化公園都市)とは、「北大阪の丘陵地に建設される、アメニティ豊かな住環境とともに文化学術や研究開発、国際交流といった特色ある機能が組み込まれた、自然と調和する緑豊かな公園都市」で、最終的には開発面積742.6ha、5万人が住む町になるそうだ(彩都建設推進協議会HPによる)。プロジェクトの進行に合わせてモノレールにも延伸の計画がある。さて、近未来的光景が現実の姿になるのはいつのことだろうか。

■参考サイト
大阪モノレール(大阪高速鉄道) http://www.osaka-monorail.co.jp/
万博記念公園 http://www.expo70.or.jp/
彩都(国際文化公園都市)建設推進協議会 http://www.saito.tv/
彩都西駅付近の1:25,000地形図
http://maps.gsi.go.jp/#15/34.855400/135.522900

★本ブログ内の関連記事
 関西圏の新線
 新線試乗記-近鉄けいはんな線
 新線試乗記-大阪地下鉄今里筋線
 新線試乗記-JR西日本おおさか東線
 新線試乗記-京都地下鉄東西線+京阪京津線

 2007年開通の新線
 新線試乗記-仙台空港鉄道

2007年5月 3日 (木)

新線試乗記-大阪地下鉄今里筋線

Blog_imazatosuji1
今里筋線用の80系電車

市営団地の間を縫う道路際に、目を引く濃い黄色のゲートが建っている。大阪市営地下鉄今里筋(いまざとすじ)線、井高野(いたかの)駅の地上出口だ。濃い黄色はこの線のシンボルカラーだ。正確には黄とオレンジの中間、柑子(こうじ)色というらしいが、その色帯をまとった真新しい4両編成の小柄な電車に乗ってここまでやってきた。きょうは午後の空き時間を使って、大阪近郊に最近開通した2つの鉄道路線を乗りつぶそうとしている。

一つ目がこの今里筋線で、2006年12月24日に開通した11.9kmの路線だ。電車は鉄輪を履いているが、長堀鶴見緑地線と同様、リニアモーターで動く。市営地下鉄では唯一JR大阪環状線の内側に入らないこともあり、今里駅の長い乗り換え通路を歩いて電車に乗り込んだときには、各車両のお客が10人にも足りなかった。しかし、ホームには可動式の柵が設けられ、各出口にエスカレータ、エレベータが完備されていて、現代の輸送機関は設備投資がたいへんだ。車内で中年女性どうしが話していた。「この電車すいてんのがええねェ、儲からんやろけど」。乗客が鉄道の経営状態にまで心を配るのが大阪のいいところ。

Blog_imazatosuji2
路線図

今里には東成区役所もあるし、路線の起点にふさわしいと思うのだが、実は終点だ(延伸計画があるので暫定的だが)。筆者は起点に向かって乗ったことになる。全線が地下なので、一応持ってきた地形図も、位置情報を得る以上には役に立たない。ルートは今里筋(大阪では南北の通りに「筋」をつけて呼ぶ)をまっすぐ北上して、東方から大阪市内に入ってくる地下鉄、JR、京阪などの鉄道と次々に交差している。交差地点には駅が設けられ、これまでバスしかなかった市内東部の縦目の連絡網を刷新した。

関目成育(せきめせいいく)駅を過ぎると谷町線との合流を避けるように突如右へ90度それて、ひと筋東へ移る。新森古市(しんもりふるいち)駅の先でまた北へ。大阪市交通局の地下鉄第8号線(今里筋線)の工事パンフレットを見ると、北上する本線と分岐して国道163号線の下を東へ進む支線が描かれている。車両基地への連絡線だ。そしてさらに鶴見緑地の真下を通って、長堀鶴見緑地線の検車場へ合流している。回送用の別線が地下に2kmも延びているとは驚きだ。

Blog_imazatosuji3
井高野駅地上出入口

地下鉄谷町線との乗換駅、太子橋今市(たいしばしいまいち)のホームにすべりこむと、にわかに車内がにぎわってきた。谷町線は大阪のキタの中心、梅田に直結している。地下鉄開通と同時に井高野車庫と大阪駅を結ぶ市営バスが削減されたそうだから、お客がこちらに流れてきているのだろう。この先、ルートは淀川の下を通って、地下鉄未踏の地であった東淀川区に分け入る。川向こうのだいどう豊里駅までは1.7kmと駅間距離が最も長い。

徐行が多くなってきたな、と思ううちにもう終点、いや起点の井高野だった。今里から20分強。ここは大阪市域の東北隅にあたり、高層の市営団地が広がって、ベッドタウン化している。地上にあがり、柑子色のゲートを見上げたところで、次の目的、大阪モノレール彩都線に心が動いた。モノレールの本線は意外に近くを通っていて、ここから最寄の摂津南駅まで直線で東へ2kmしかないのだが、地図によると、道中は工場や倉庫が立ち並ぶいささか殺風景なエリアらしい。一方、西1.3kmには阪急の相川駅がある。歩く距離も節約できるし、ここは阪急の普通電車に乗って、南茨木でモノレールに乗り継ぐことにしよう。

■参考サイト
大阪市交通局 http://www.kotsu.city.osaka.jp/
大阪市営地下鉄今里筋線(8号線)パンフレット
http://www.kotsu.city.osaka.jp/information/work/sinsen/ele/panfu/zp.pdf
井高野駅付近の1:25,000地形図
http://maps.gsi.go.jp/#15/34.760200/135.547300

★本ブログ内の関連記事
 関西圏の新線
 新線試乗記-大阪モノレール彩都線
 新線試乗記-JR西日本おおさか東線
 新線試乗記-京都地下鉄東西線+京阪京津線

 2006年開通の新線
 新線試乗記-ポートライナー神戸空港延伸
 新線試乗記-ゆりかもめ豊洲延伸
 新線試乗記-近鉄けいはんな線
 新線試乗記-富山ライトレール

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

BLOG PARTS


無料ブログはココログ