« マン島の地形図 | トップページ | チャンネル諸島の鉄道 »

2007年4月19日 (木)

英仏海峡 チャンネル諸島の地形図

Blog_channelislands_map1
チャンネル諸島の位置
(1:25,000ジャージー公式地図(1988年版)裏表紙に加筆)

世界地図帳でフランスのページを開けると、ノルマンディーのコタンタン Cotentin 半島と、西岸の沖合に浮かぶチャンネル諸島(海峡諸島)Channel Islands との間に、国境線が引かれているのが目に入る。フランスの懐ろに飛び込んだイギリス領に見えるが、正確には、マン島 Isle of Man と同じくイギリス(連合王国 United Kingdom)には属していないイギリス王室の領地、王室属領 Crown dependency だ。

チャンネル諸島というのは地理的総称にすぎず、行政的には「ジャージー Bailiwick of Jersey」「ガーンジー Bailiwick of Guernsey」という2つのベイリウィック Bailiwick(執行官管轄区の意)に分かれている(下注)。「ジャージー」はほぼジャージー Jersey 一島で成り立つ(他は無人の小島)が、一方の「ガーンジー」はガーンジー島 Guernsey、オルダニー島 Alderney、サーク島 Sark などを含み、それぞれ独立した議会をもつ。

*注 Bailiwick of ~は王室属領としての正式名で、通常はStates of ~(States of Jerseyなど)と称している。

チャンネル諸島がイギリス王を戴くようになった経緯は、フランスのノルマンディー公国に併合された西暦933年に遡る。公国は1066年、いわゆるノルマン・コンクエストで対岸のイングランドに版図を拡大してノルマン朝を興し、海峡の両側を支配するようになった。その後、英仏百年戦争の末に大陸側の領土をすべて失ってしまうのだが、ジャージーに対しては自治権その他の特権を与えて、イギリス側に残るよう腐心した。ガーンジーの島々も15世紀には同様の形態となり、それが現在まで続いているのだそうだ。

ジャージーという地名は、たとえば乳牛のジャージー種、運動着のジャージの語源であり、アメリカのニュージャージー州の由来でもあって、実はわれわれも無意識に使っている。しかし正直なところ、筆者もどこにあるかよく知らず、漠然とアメリカ東海岸だろうと思っていたくらいだ。上述の事情により、諸島の地形図がイギリスの陸地測量部 Ordnance Survey (OS) の刊行範囲に含まれていないのも、認知度の低さに影響しているだろう。マン島の場合は1:50,000図がOSの正式図葉だが、それすらないのだ。

しかし、それはおそらく主権のありようから来る建前であって、実際には陰日向でイギリスの測量機関が関わっていることは、流通している諸島の地形図を概観すれば容易に推察できる。ここではチャンネル諸島の地形図を、入手可能なものを中心に紹介してみたい。

ジャージー

ジャージー島は、面積118平方km(周辺の無人島を含む)で諸島最大の島だ。地形的には全体が隆起海食台で、北部が最も高く、南へ行くほど低くなる。それで、北岸には高さ60~120mの断崖が連なり、南岸は広い砂浜と沖へ続く隠顕岩を波が洗っている。行政体としてのジャージーの首都は、南岸の港町セント・ヘリア St. Hellier(仏語読みはサンテリエ)。

1990年のOSの出版物価格表には「ジャージー公式余暇地図 Jersey Official Leisure Map」の名が見られる。これはOSがジャージー政府のために製作した1:25,000地形図で、今も同じ名称の刊行物がある。筆者の手元にある2003年改訂版は、OS図に似たハードカバーの表紙が付き、等高線間隔は20フィート(約6m)、地図記号その他の仕様もOSの1:25,000そのものだ。

Blog_channelislands_map2
1:25,000ジャージー公式余暇地図表紙 (左)1988年版 (右)2003年版
Blog_channelislands_map2_detail
1:25,000ジャージー公式余暇地図(2003年版)の一部
(c)Crown copyright 1988

その後、デジタル図化に切替えが行われて、地図データベースから出力、縮小したものを基図とするようになった。その上に、観光案内所、キャンプ場、駐車場などの旅行情報が青色で、ハイキングルートが灰緑でそれぞれ加刷されている。等高線間隔は5m。地図の裏面には、セント・ヘリア市街図が印刷され、有用性が向上した。

これとは別に、イギリス軍測量部 Directorate of Military Survey(図上の表示は D Survey, Ministry of Defence, United Kingdom)が刊行した地形図も存在する。筆者の手元にあるジャージー島図葉は1969年版で、縮尺1:25,000だ。コピーライト表示が Crown Copyright(国王の著作権)でなく States of Jersey(ジャージー政府)になっているとおり、独自の図式に拠っている。市街描写や道路表示などの精度はOS図よりやや粗いものの、25フィート(約7.5m)間隔の等高線に段彩を加えて美しく仕上げられているのが特徴だ。

Blog_channelislands_map3_detail
上と同じ範囲の1:25,000イギリス軍測量部地形図「ジャージー島」

ガーンジー

ガーンジー島は63平方kmの平たい島で、ジャージー島とは逆に南側が高く、北に低い。2007年に入手した1:25,000公式地図「The Official State of Guernsey」(ガーンジー島地理情報局 Guernsey Geographical Information Service、2002年刊行)は、同島にあるディジマップ Digimap 社が頒布元だった。内容はデジタル図化による大縮尺基本図の単純縮小版で、そのため注記文字が小さくなり、旅行情報が加筆されているものの、あまり目立たない。

先述の通り、ガーンジーは複数の島から構成される。諸島で唯一鉄道が残るオルダニー島のようすも知りたいので、島の政府に問い合わせたら、無料の公式地図を送ってくれた。一見、観光用の簡易地図のようだが、意外にも中身はOSに製作を委託した地形図だ。縮尺は1:10,560(6インチ1マイル)、OSのロゴが入り、図式ももちろんOS仕様になっている。等高線は10フィート(3m)間隔。島全体が草原をイメージした緑に塗られ、古い要塞や第二次大戦中のドイツ軍陣地跡などの注記がある。

Blog_channelislands_map4
(左)1:25,000ガーンジー島公式地図(2002年版)表紙
(右)オルダニー島公式地図(2004年版)表紙

一方、イギリス軍測量部が作成した図葉は、ガーンジー島(1:25,000、1986年版)、オルダニー島(1:10,560=6インチ1マイル、1966年版)、サーク島(縮尺、製作年とも不明)、ハーム島及びジェソー島Herm and Jethou(1:10,000、1970年版)の4面があった。

このうち、ガーンジー島図葉はOS図を踏襲したものだが、トマトや花卉の栽培が盛んな地上風景を強調するために、温室に青のアミをかけて独自色も出している。日本人の感覚では溜池が集中しているかのように錯覚するが、そうではない。また、オルダニー島図葉は、先述の無料地図の原資料で、黒、茶、青の3色刷であることを除けば、地形図としての内容は同じものだ。

Blog_channelislands_map5_detail
1:25,000 イギリス軍測量部地形図「ガーンジー島」の一部
Blog_channelislands_map6
1:10,560 イギリス軍測量部地形図「オルダニー島」
Blog_channelislands_map7
1:10,000 イギリス軍測量部地形図「ハーム島及びジェソー島」

Blog_channelislands_map8
ガーンジー新公式地図(2014年版)の表紙

最近になってガーンジーでは、新しい公式地図「Bailiwick of Jersey, States of Guernsey Official Map」が刊行された。折寸といい、とびきり大判の地図用紙といい、OSの1:25,000の体裁によく似ている。画期的なのは、ガーンジーに属するガーンジー島、オルダニー島、サーク島の図が1枚の用紙(両面印刷)にまとめられていることだ。ガーンジー島のみ縮尺1:15,000、他は1:10,000で、2014年のコピーライト表示がある。また、ガーンジー島の首都セント・ピーター・ポート St. Peter Port については1:3,000の写真地図が付されている。

これは2002年の公式地図と同じディジマップ社の製作だが、ぎこちなかった等高線や植生の表現が改良され、縮尺が拡大されたこともあって、読取りやすいものに仕上がっている。等高線は5m間隔で、地図記号のデザインはOS図を参考にしているようだ。唯一、隠顕岩の表現だけがあまりに粗っぽいが、実用には影響ないだろう。

1:25,000ジャージー公式余暇地図とガーンジー新公式地図は、OSやスタンフォーズなどの地図商のショッピングサイトから入手できる。イギリス軍測量部製作の地形図はすでに絶版だが、一部の地図商の在庫リストにはまだ挙がっている。

(2015年8月13日改稿)

■参考サイト
ジャージー島公式観光サイト http://www.jersey.com/
ガーンジー島公式観光サイト http://www.visitguernsey.com/
オルダニー島公式観光サイト http://www.visitalderney.com/

★本ブログ内の関連記事
 イギリスの1:50,000地形図
 マン島の地形図
 チャンネル諸島の鉄道

« マン島の地形図 | トップページ | チャンネル諸島の鉄道 »

西ヨーロッパの地図」カテゴリの記事

地形図」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マン島の地形図 | トップページ | チャンネル諸島の鉄道 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BLOG PARTS


無料ブログはココログ