« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月 5日 (金)

キャス観光鉄道

Blog_cass_map_1 シェイ型蒸気機関車がいまなお運転されているキャス観光鉄道 Cass Scenic Railroad は、アパラチアの深い森を上っていく保存鉄道だ。場所は首都ワシントンの西250km、ウェストヴァージニア州の山中にある。

歴史を紐解くと、始点のキャスは1901年に製紙会社が拓き、製材で栄えた町だった。この一帯はアパラチアの中でもアレゲーニー山脈 Allegheny Mountains と呼ばれ、木材の需要が高まった19世紀末から20世紀のはじめに、エゾマツやアメリカツガ(米栂)などの針葉樹を求めて開発が進められた場所だ。町の背後にそびえるチート山 Cheat Mountain で伐採する木材を運び出すには、鉄道の敷設が急務だった。開通したのは1901年12月で、坂道に強いシェイ型が導入された。1904年にはスプルース Spruce まで延長されて別の路線と接続し、輸送網が確立した。

その後20年ほどが町の最も賑わった時代で、1,700人が暮らし、山にも1,000人が野営しながら林業に従事していたという。しかし、30年代に入って地場林業の衰退が始まると、製材所はたびたび人員整理を行い、職を失った人々が町を離れていった。1960年、ついに操業が停止され、町そのものも放棄される事態になったことで、鉄道は廃止、機関車もスクラップ化の瀬戸際に立たされた。そのとき、鉄道愛好家が立ち上がってキャス鉄道の州立公園化を訴えた。1962年7月にウェストヴァージニア州が線路や機関車、貨車、機関庫を一括して買い取ることになり、翌年から、材木のかわりに旅客を乗せた観光列車の運行が始まった。現在では、復元した家屋を含めて、キャス観光鉄道州立公園 Cass Scenic Railroad State Park として保存されている。

Blog_cass 鉄道のホームページによれば、ツアーは3種類あって、1つ目が途中のホイッタカー駅 Whittaker までの4マイル(6.4km)を往復する2時間の旅、2つ目がその先の分岐で分かれて、かつてロッキー山脈の東で最も寒いといわれたスプルース廃村を往復する5時間の旅、最後が山上のボールド・ノブ Bald Knob を往復する5時間の旅だ。とれいん6月号増刊『Rails Americana 2』(2006年6月、プレス・アイゼンバーン発行)に、松本謙一氏が臨場感あふれる訪問記を書いておられる。豊富な写真が掲載されているので、USGSの地形図と見比べながら、ルートをたどってみた。

キャスを出るとすぐに、接続していたチェサピーク・オハイオ鉄道(C&O)の線路(廃線)から左に分かれて、谷の中を上り始める。機関庫の傍らを過ぎ、訪問記にある踏切(地形図のBM2534=2,534フィート水準点)を越えて、なおもしばらく穏やかな森の中を進んでいき、左カーブの途中で停車。ここが1段目のスイッチバックだ。逆方向に発車して右に180度向きを変えると、緩い傾斜の草原に出て、また停車。この2段目スイッチバックを出れば、右に大きく回りこんでまもなくホイッタカー駅に到着する。起点との標高差はすでに約250mあるが、この先、さらに50‰の勾配で山腹をひたすら上り詰める。

やがて、シェイヴァーズ支流 Shavers Fork の谷に乗り越す鞍部、すなわちかつてオールド・スプルース Old Spruce と呼ばれた地点に達する。現在の地形図では、ここから右手の斜面にとりつくボールド・ノブ線だけが描かれているが、初期のルートは支流に沿って北へ1.25マイル(2km)のスプルースに通じていた。2つ目のツアーの目的地だ。1922年の旧版地形図ではこちらだけが描かれている。

さて、ボールド・ノブ山頂へ向かう線は、スプルース線と分かれて三角線が残る尾根に達したあと、さらに森の中を上り続けて、展望台のある終点に着く。キャスからここまで11マイル(17.7km)、標高差は2,200フィート(670m)以上ある。木組みの展望台からは、林業の興隆を支えた山また山の風景が広がるはずだ。州で2番目に高いという4,842フィート(1,476 m)の山頂は南西方向に少し登ったところにある。

■参考サイト
キャス観光鉄道州立公園(公式サイト) http://www.cassrailroad.com/
キャス観光鉄道 http://gottrains.com/cassrailroad/
 歴史、蒸機の紹介、写真も多数
ウェストヴァージニア州観光情報(日本語版)にも「キャース州立公園保存鉄道」として紹介がある。http://www.westvirginia.or.jp/tourism/sig/

スイッチバックのあるホイッタカー付近の地形図(1:25,000、1987年版)
http://msrmaps.com/image.aspx?T=2&S=12&Z=17&X=740&Y=5314&W=1
旧版地形図(1:62,500 Cass、1922年版)
http://historical.maptech.com/getImage.cfm?fname=Cass22nw.jpg&state=WV
キャス付近のGoogle地図
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&ie=UTF8&ll=38.3965,-79.9144&z=16

★本ブログ内の関連記事
 ワシントン山コグ鉄道 I-ルート案内
 ロッキー山脈を越えた鉄道-序章

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BLOG PARTS


無料ブログはココログ