トップページ | 2006年3月 »

2006年2月18日 (土)

ロシアの地形図地図帳

1枚もののロシア官製図はまだ購入したことがないが、官製の地形図を使用した地図帳はおびただしい数が出版されていて、入手も比較的容易だ。手元にある地図帳で紹介しよう。

Blog_russia_topoatlas1
レニングラード州
南西部地図帳 表紙

一つ目は「レニングラード州南西部地図帳 Юго-запад Лениградская область атлас / Southwestern Leningrad Oblast Atlas」で、縮尺は1:100,000、判型18×30cm、72ページの中綴じ冊子だ。出版元は、サンクトペテルブルクの444番軍事地図製作所 444 Военно-картграфическая фабрика とある。レニングラード州は、連邦直轄市であるサンクトペテルブルク Санкт-Петербург の周辺をエリアとしていて、この地図帳シリーズは3冊で州全域をカバーする。ちなみに、市の名前も旧ソ連時代はレニングラードだったが、体制崩壊後、旧称に戻された。

地図帳はいたってシンプルな作りで、表紙の裏側にカラーの索引図があるほかは、71ページに分割された区分図が淡々と続いている。奥付にあるコピーライトの表示に「ベースマップ 軍参謀本部軍事測量局 Географическая основа ВТУ ГШ」とあるとおり、地図は、いわゆる参謀本部地図から軍事に関する情報を除いたものをそっくり使用している。もとの地形図と比べてみると(下図参照)、等高線と標高以外のさまざまな数値情報のほか、滑走路、工場地帯の線路、海の等深線などがきれいに抹消されている。旧東ドイツの「国民経済版」のように、非軍事用途として作成されていたものかもしれない。

それに対して、出版社が独自に加工したのは、行政区の境界をハッチで強調したことと、サンクトペテルブルク郊外の環状道路の予定線を記入したことだけだ。色使いも原図とは異なり、茶、ピンク、アップルグリーン、ミントグリーン、青、黒の6色刷りとしている。ただ、等高線のみならず集落、道路、鉄道など地物の多くを茶色で表現しているため、色数の割には全体として眠たげな印象を与える。

Blog_russia_topoatlas1_sample
サンクトペテルブルク市街地周辺の地図表現
(左)レニングラード州南西部地図帳
(右)1:100,000地形図の同地域 Map images courtesy of maps.vlasenko.net

Blog_russia_topoatlas2
カリーニングラード州
地方別地図帳 表紙

二つ目は、バルト海に面したリトアニアとポーランドの間にある飛地、カリーニングラード州を対象とするもので、タイトルは、「カリーニングラード州地方別地図帳 Региональный атлас Калининградская область」、判型17×29cm、72ページの中綴じ冊子だ。体裁はよく似ているが、出版元は異なり、モスクワにある439番中央実験軍事地図製作所 439 Центральная экспериментальная военно-картографическая фабрика となっている。こちらは、1:100,000のメイン地図48ページの後に、1:20,000のカリーニングラード市街図と地名索引が付随して、地図帳らしい構成になっている。

ベースマップはもちろん参謀本部地図だが、配色は、地図に黒、山吹、アップルグリーン、肌色、水色、灰の6色を使い、索引にルビーレッドを用いる。地物は原図どおりの黒で引き締め、土地利用をアップルグリーンと肌色で明るく塗りわけ、道路を山吹のベタで塗ってアクセントとしている。なかなか美しい色合いだ。それに比べて、州都の市街図はオリジナルらしいが、拡大しすぎた略図のような稚拙な品質で、メイン地図との落差が激しい。

Blog_russia_topoatlas2_sample
同地図帳のカリーニングラード市街地周辺

裏表紙の広告を見ると、同 製作所から州別地図帳が45種も刊行されている。カリーニングラード州はたまたま1:100,000の縮尺だったが、他は1:200,000が多いようだ。地図帳の縮尺がこのような傾向を示すのは、1:100,000を超える大縮尺の地形図公開に制限がかけられていたからだが、前者の地図製作所のサイトによると、最近この禁制が解除されて、1:50,000の地図帳も刊行され始めたという。

秘密主義だった旧体制とは打って変わって、現在のロシアは、地形図が普通に公開される国の仲間入りをしている。広大な国土の紙地図を1枚ずつ売っていては在庫管理の手数ばかりになってしまうだろうから、関連会社で地図帳に仕立てて売るのは、ある意味で安直ながら、ユーザにとってもお徳で歓迎すべきことだ。

改めてバルト海沿岸の地域を描いた2冊の地図帳を眺めてみる。広々とした大地がページを繰れども繰れども現れ、そこでは等高線よりも水流が主役を演じている。小さな池から流れ出した無数の名もない川が、平野をくねくねと縫いながら次々と集まって、大きな流れに成長していく。1:100,000の縮尺なら見開き2ページで30km四方あるはずだが、これでもロシア全土から見れば2万分の1の面積だ。図上旅行が当分終わることはない。

(2008年5月1日改稿)

■参考サイト
「官製地図を求めて」ロシア
http://homepage3.nifty.com/homipage/map/map_russia.html
地図帳の入手先にも触れている

★本ブログ内の関連記事
 旧ソ連軍作成の地形図 I
 旧ソ連軍作成の地形図 II
 旧ソ連軍作成の地形図 III

2006年2月13日 (月)

ブダペストの登山鉄道と子供鉄道

Blog_budapest_map2

ハンガリーの首都ブダペスト Budapest(ハンガリー語ではブダペシュト)は、市街を南北に貫くドナウ川 Duna を境として、西側がブダ Buda、東がペシュト Pest と呼ばれる。平野に展開するペシュトに対して王宮のあるブダの町は起伏に富んでいて、背後を標高527mのヤーノシュ山 János-hegy をピークとする小高い山々が限っている。そこは緑深い市民の憩いのエリアで、登山電車と子供鉄道の存在が鉄道ファンの心をも躍らせる。旅の友には、カルトグラフィア社 Cartographia の旅行地図、6番「ブダ山地 Budai-Hegység」が適当だ。

*注 ハンガリー語の複合名詞は日本語表記にすると読みにくいので、適宜「中黒」を用いている。

Blog_budapest_map1
ブダペスト・ラック鉄道と子供鉄道の位置略図

山に上るラック式の登山電車、ブダペスト・ラック鉄道 Budapesti Fogaskerekű Vasút の乗り場へは、モスクワ広場 Moszkva Tér から1km足らず。歩いてもいいが、南駅方面から来る18番か56番のトラムに乗れば2つ目の電停だ。麓のヴァーロシュ・マヨル駅 Városmajor から山上まで、延長3.7km、標高差は325mある。勾配はおおむね110‰だという。ラック鉄道は、スイスのリギ山で実用化されたリッゲンバッハ方式によって1874年に開通した。ヨーロッパではリギ鉄道 Rigi Bahnen の2線(下注)、ウィーン北郊のカーレンベルク鉄道 Kahlenbergbahn(1922年廃止)についで3番目という古い歴史をもつ。

*注 リギ鉄道については、本ブログ「リギ山を巡る鉄道 II-フィッツナウ・リギ鉄道」「リギ山を巡る鉄道 III-アルト・リギ鉄道」参照。

当初はシュヴァーブ・へジュ Svábhegy(hegyは山の意)までの2.9kmだったが、沿線の宅地開発で需要が増え、1890年に現在の終点まで延長されている。1929年には電化が完成して、草創期以来の蒸気機関車が姿を消し、さらに1973年には設備がアプト式に改修された。現在走っているのは、そのとき導入された、丸みを帯びた天井をもつずんぐりしたオーストリア製の電車だ。日中、平日は20分、休日は15分ごとに出発しているが、多客時には12分毎まで詰めて混雑をさばく。地下鉄やトラムと同じブダペスト交通会社BKVが経営しているので、回数券や1日券が共通に使えて便利だ。沿線住民の足でもあることから、自転車や犬も持ち込みが許されている。

Blog_budapest_cograilway
ブダペスト・ラック鉄道 (左)終点にて (右)車内

発車すると、緩やかな斜面に広がる木の間の住宅地を縫いながら、こまめに停留所に停まっていく。いつしか右手は谷間の様相を示している。森の中を右に左にカーブを繰り返しながら上り詰めると、趣きのある駅舎が残る初期の終点、シュヴァーブ・へジュだ。ドイツ語ではシュヴァーベンベルク Schwabenberg といい、住民の出身地だった南ドイツの地方名を由来とする。周辺にはお屋敷が点在している。山麓の始点から2.9km、東に張り出したなだらかな尾根を横切る地点に当たり、電車もちょっと一息つく。ここを出れば、標高452mの終点セーチェニ・へジュ Széchenyi-hegy へは、胸突きの勾配をぐいと駆け上がるだけだ。全線の所要時間は14分。

*注 経由地の名を採って、ドイツ語ではこの鉄道を、シュヴァーベンベルク鉄道 Schwabenbergbahn と呼んでいる。

Blog_budapest_map3
セーチェニ・へジュ Széchenyi-hegy 付近の地形図
図の右上から延びるのがラック鉄道、左上から来るのが子供鉄道
ハンガリー官製1:25,000 L-34-14-D-b Budaörs 1987年版、L-34-14-B-d Budapest-Pesthidegkút 1987年版

■参考サイト
ブダペスト市営交通局BKV http://www.bkv.hu/

山の上とはいえ、この付近は平らな土地で、駅前は広い公園だ。200mほど歩くと、ハンガリー語でいうジェルメク・ヴァシウート Gyermekvasút、子供鉄道が待っている。といっても遊園地の遊具などではなく、軌間は760mmと狭軌ながら延長は11.2kmもあり、起終点駅のほか、交換駅 állomás が5、停留所 megállóhely が2の計9つの駅を持つ、国鉄管理のれっきとした鉄道だ。機関車の運転は大人が行うが、出札、車掌、信号操作、車両点検に携わっているのは10~14歳の少年少女で、この類の鉄道では規模が大きく、「世界一大きな子供のおもちゃ」と称される。

このような小鉄道は、旧ソ連でエリート教育組織ピオネール пионер(英語のpioneer)の訓練施設として各地に建設されたが、同じようなシステムが他の社会主義国にも広まった。ブダペストでは1947年に建設計画が動き出し、ドナウの中州であるマルギット島 Margitsziget なども候補にあがったが、最終的に現在の地に決定している。

1948年にセーチェニ山からヴィラーグ・ヴェルジュ Virágvölgy(花の谷の意)までの3.1kmが開通し、1950年に、山を北側に下りたヒューヴェシュ・ヴェルジュ Hűvösvölgy まで全通した。1990年の社会主義体制崩壊を契機に、それまでの「ピオネール鉄道 Úttörővasút」という呼称は子供鉄道に改まり、機関車の正面から赤い星がはずされたが、子供たちの組織と運行システムは引き継がれた。制服に身を包んだ子供たちの大人顔負けの仕事ぶりに、今でも乗客たちは賞賛のまなざしを向ける。

下記公式サイトの時刻表によれば、現在の列車ダイヤは、3~11月の週末を中心に日中19往復、それ以外の日は11往復の設定(蒸気機関車、保存ディーゼルカーの運行を含む)で、9月から4月の間は月曜が運休日だ。時速20kmでのんびり走るので、全線の所要時間は45~50分となっている。

Blog_budapest_childrensrailway
子供鉄道、セーチェニ・ヘジュにて

登山鉄道で訪れることのできる始発駅セーチェニ・ヘジュは、路線の最高地点で、標高は466mある。いささか殺風景なホームから、少年鉄道員の敬礼に見送られて列車は走り出す。しばらくはほぼ水平だが、青少年センター最寄りのチッレベールツ Csillebérc 駅を過ぎると、線路は山の西側に広がるブダケシの森 Budakeszi-erdő の中をゆっくり降りていく。ちなみに終点の標高は230mで、両端の高低差236mに対して、平均25~30‰、最急32‰の勾配が設定されている。

山襞を急カーブで曲がったあと、ヤーノシュ・ヘジュ János-hegy 駅に停まる。ブダペスト市街を遠く一望できる展望台 Erzsébet-kilátó のあるヤーノシュ山頂への下車駅だ。石造りの立派な展望台は、最後のオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフの后で、シシーの愛称をもつエリーザベト(ハンガリー語でエルジェーベト Erzsébet)の行幸を記念して建てられた。東の山麓から長いチェアリフト Libegő で上ってくるのが一般的だが、子供鉄道の駅からでも林間の山道を1kmほど登れば到達できる。

列車でさらに進むと、自動車道路をまたいだところでセープ・ユハースネー駅 Szépjuhászné に停車する。地名は美しき女羊飼いという意味で、旧約聖書創世記(29:9)に登場するラケルを意味しているが、誘われるのは食欲のほうかもしれない。簡単なビュフェが駅に併設されているそうだ。

Blog_budapest_map4
ヒューヴェシュ・ヴェルジュ Hűvösvölgy 付近の地形図
図の左下から子供鉄道が山を下りてくる。右下から来るのは市内トラム
ハンガリー官製1:25,000 L-34-14-B-d Budapest-Pesthidegkút 1987年版

線路は山の東側に移り、ハールシュ山 Hárs-hegy の東尾根をぐるりと回りこむと、小列車の旅も終盤だ。50mほどの標高差を半回転するループトンネル(延長198m)を含む長いスロープで降りきって、終点ヒューヴェシュ・ヴェルジュに到着する。冷たい谷という地名のとおり、ここは風が吹き抜ける谷間に位置している。駅舎にはこの鉄道のミュージアムがあり、ピオネール時代の資料や写真が展示されている。駅前の坂をとことこと下りれば、先ほど登山電車の乗り場で見送ったトラムの終点が間近い。モスクワ広場までは20分ほどで戻ることができる。

(2008年3月10日改稿、2013年12月17日写真追加)

掲載の写真は、2013年8月に現地を訪れた海外鉄道研究会の松本昌太郎氏から提供を受けたものだ。ご好意に心から感謝したい。

■参考サイト
子供鉄道 http://www.gyermekvasut.hu/
 公式サイト。ハンガリー語版には膨大な資料が掲載されている。英語版は簡単な紹介と時刻表。
子供鉄道に関する個人サイト http://www.cleeve.com/budapest/
 英語で書かれた小史と路線図の画像がある。
ハンガリーの鉄道 http://huntetsu.freeweb.hu/
 日本語で書かれたサイトとしては最も詳しい。ブダペスト以外の子供鉄道にも言及している。
旧ソ連圏の子供鉄道(ロシア語、一部英語) http://railways.id.ru/

★本ブログ内の関連記事
 ハンガリーの旅行地図-カルトグラフィア社
 ドナウの曲がり角

トップページ | 2006年3月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BLOG PARTS


無料ブログはココログ